検索結果(全29件)

  • 車いすフェンシング、日本から世界へ!日本発メダリストを育成。

    健常者フェンシング同様、車いすフェンシングもヨーロッパ発祥。それだけに剣やマスク、ユニフォームだけでなく、車いすを固定する「ピスト」と呼ばれる大型装置も輸入品に頼ってきました。今後、車いすフェンシン...

    • 寄付総額
      92,950
  • 世界でたたかう日本の車いすテニスをもっと普及したい!

    次世代の選手発掘や車いすテニスを支える人材の育成パラリンピック2連覇中(北京・ロンドン)で世界ナンバーワンの国枝慎吾選手をはじめとし、少しずつ認知度が上がってきた車いすテニス。国枝選手に続く世界トッ...

    • 寄付総額
      279,522
  • サッカーをしたくてもできない子どもたちにグラウンドを。

    【2019年はアジアで子どもたちのサッカーグラウンドづくりを行います!】 「これからは車にひかれることを気にせずサッカーできるんだ。僕の夢がかなったんだ」 「今まで下水道を挟んでサッ...

    • 寄付総額
      307,522
  • パラスポーツの発展・普及に取り組む

    公益財団法人日本障がい者スポーツ協会は、わが国の障がい者スポーツの普及振興を図る統括組織として設立され、以来50年を迎えました。 近年、障がい者スポーツをめぐる環境は大きく変化し、これまでの歴史や...

    • 寄付総額
      741,491
  • 「自転車観光」で地方創生を後押ししたい!「ツール・ド・東北基金」

    東日本大震災の復興支援、および震災の記憶を未来に残していくことを目的に、2013年から「ツール・ド・東北」という自転車イベントを開催しています。 2011年3月11日、東日本大震災が発生したこ...

    • 寄付総額
      854,468
  • 日本のカーリングをもっと強くしたい!

    オリンピックで注目を集めたカーリングですが、まだまだ世界との実力の差は大きいものがあります。世界との差を縮めるためには、多くの試合経験をつむことです。とくに、海外で強いチームとの対戦は欠かせないもの...

    • 寄付総額
      1,660,925
  • ブラインドサッカー日本代表を応援! メダル獲得を目指して

    ブラインドサッカーは、2020年東京パラリンピックの正式種目です。リオ・パラリンピック出場権を懸け2015年9月に行われたアジア選手権(国立代々木競技場フットサルコート)ではイラン、中国、韓国に次ぐ...

    • 寄付総額
      252,900
  • スキーで可能性をひろげたい!

    日本障害者スキー連盟では、優秀な選手をピックアップして強化対象としてきました。たとえば冬期パラリンピック実施種目のひとつであるアルペンスキー。その成果は、着実に実を結びつつあります。トリノ・パラリン...

    • 寄付総額
      166,368
  • CPサッカー日本代表を応援しよう!

    CP(Cerebral Palsy:脳性麻痺)サッカー日本代表の夢はパラリンピック出場。パラリンピックへ出場するためには、予選大会となるワールドカップや世界選手権へ出場し、世界ランキングの上位に入ら...

    • 寄付総額
      88,910
  • パラリンピック目指すジュニア育成に!

    日本身体障害者陸上競技連盟は、2008年9月に開催された北京パラリンピック大会において、金2個、銀7個、銅3個の計12個のメダルを獲得することができました。これも皆さまの応援のおかげと感謝しています...

    • 寄付総額
      111,074

(29件中11〜20件)