IDでもっと便利に新規取得

ログイン

虐待で苦しみ、児童養護施設で暮らす子供たちに、心のケアと教育の支援を! みらいこども財団

寄付受付開始日:2017/10/11

  • 領収書あり
[虐待で苦しみ、児童養護施設で暮らす子供たちに、心のケアと教育の支援を! みらいこども財団]の画像
あなたの5%の時間やスキル、お金をシェアすることでたくさんの子どもたちを支援できます。

一般財団法人みらいこども財団

プロジェクト概要

更新日:2022/08/08

世界のどこにいても子どもたちの支援ができる!
みらいこども財団は、虐待で苦しみながら児童養護施設で暮らしている子どもたちを支援しています。

「プロジェクト概要」
◆みらいこども財団は2022年8月現在、全国600の児童養護施設を対象にさまざまな支援を行っています。

【目標】全国600の児童養護施設で暮らす子どもたち3万人の支援です。

◆現在は18歳から50歳代のボランティアクルー300名が全国の児童養護施設の子どもたちを対象に心のケアと子どもたちとの信頼関係をつくることで、子どもが施設を卒業してからも人生の伴奏者として寄り添い続けます。

【コロナに負けず、世界のどこにいても、全国の児童養護施設の子どもたちを支援する仕組みをつくりました】

◆オンライン里親制度
児童養護施設を卒業して進学する子どもたちを応援するプロジェクト。
3カ月に一度学生の成長をオンラインを通して見守ることができます。
2021年から約1年で17名の学生に対して100名以上のオンライン里親さんが支援しています。

MBSニュース「オンライン里親特集」

◆オンラインボランティア
大人とのかかわりを求めている子どもたちに対して、オンラインを通じて一緒に遊んだり、勉強したりするボランティア活動です。
東京、神奈川、京都、滋賀、大阪、愛媛、長崎、鹿児島など多くの地区の児童養護施設の子供の支援を行っています。

オンラインを通じて全国の子どもたちを支援しています。

「みらいこども財団の思い」
◆虐待を受けた子どもたち
貧困によって教育の機会を奪われ、虐待によって「こころ」が大きく傷ついた多くの子どもたちは人を信じたくても、信じることのできないまま児童養護施設を卒業した後、たった一人で社会にでて苦しむことになります。
私たちは、施設にいる間にもう一度子どもたちが心から人を信じることができるように何度もなんども会いに行きます。

◆自分の5%を社会にシェアする、優しい仲間を増やす
虐待や貧困を無くすためには、周りの私たち自身が変わらなければなりません。子どもたちの支援をすることで、子どもたちから勇気や元気をもらった私たちは優しく変わることができました。そのような仲間を一人でも多く増やすことも大事な目的です。

みらいこども財団の理念

「施設訪問ボランティア」
児童養護施設にボランティアが毎月訪問して、一緒に遊ぶなかで信頼関係を築き、子どもたちが施設を卒業してからも支援を続けるための私たちの活動のベースとなる支援。

「施設および施設を卒業したこどもへの物資提供」
全国の児童養護施設からのアンケートをもとに、さまざまな企業と連携を行い不足している食料や身の回りの品、洋服などをお贈りしています。

「学習支援」
社会にでるまでに、基礎的な学力をつけるためにマンツーマンで子どもたちの元へ毎週通い勉強を教えながら心のケアをする大切なプロジェクト。

「就業支援」
ボランティアクルーが自分の仕事のことを子どもたちにお話をさせていただき、子どもたちに夢や仕事について興味を持ってもらうためのプロジェクト。

「みらい基地」
私たちは、地域の優しい人が、地域の子どもたちを支えることができるように全国にみらいこども財団の活動拠点として「みらい基地」を作ります。
児童養護施設にいる時から支えている私たちだからこそできる、施設を卒業した後の支援です。
全国47に活動拠点を、そして「みらい基地」300カ所作ることを目指しています。

毎月の活動レポートはこちらからご覧ください。

熊本朝日放送「オンライン里親特集」

寄付金の使いみち

皆様からいただいたご寄付は、主に、勉強を教えるために必要な教材費や、児童養護施設までの交通費、子どもたちの居場所を作るための費用として活用させていただきます。
また、一部を運営経費として使用させていただきます。
一人でも多くのこどもたちをサポートするために必要な拠点を構え、維持する経費としても活用させていただきます。
(2020年4月 拠点の経費としての使途を追記)

活動情報

更新日:2022/08/08

2022年 活動報告(2022年8月8日更新)

「オンラインで子どもたちを支援するオンライン里親プロジェクト」
◆児童養護施設から進学を目指す子どもたちを支援する「オンライン里親プロジェクト」を開始しました。
現在17名の若者を対象に卒業までの学費の支援とオンラインによる心の支援を行っています。

◆全国600の児童養護施設を対象に企業と連携をして1億円以上の生活用品・洋服・家具などをお送りしました。

◆コロナ緊急支援金として1,000万円以上の現金を300名の児童養護施設及び施設を卒園子どもたちに支給しました。
「コロナ禍においても、子どもたちへの支援はあきらめません」

◆コロナの影響はみらいこども財団の活動においても大きな影響を与えています。
緊急事態宣言などで子どもたちへの直接的な支援が制限されており一方、施設のこどもたちはコロナの中で貧困格差が広がり、一層苦しんでいます。そんな子どもたちを支援するために、ボランティアが子どもたちに手紙を書いて送ったり、企業と協同をしてお買い物体験をしたり、そして生活苦による支援を求めている子どもたちには現金や物品の支援を同時並行に行っています。

◆子どもたちの成長はまってはくれません。
コロナという逆風の中でも、私たちができることを必死で探して地道に活動をつづけております。
支援者の皆様どうか引き続きご支援をよろしくお願いいたします。

◆「みらいこども財団の運営ポリシー」
皆様からのご寄付を効率的に運用するためにできるだけ人件費や経費を使わないことを原則としています。
よって通常の施設訪問の交通費や遊びにかかる費用などはボランティアクルーの個人負担を原則としています。

そのため、事務局の運営に関してもほとんど経費を使わずに、事務所に関しても間借りをすることでローコストの運営を行っております。
今後はさらに効率化を高めるために人材雇用を予定していますが、あくまでも皆様の資金を効率的に使わせていただくために、そして一刻も早く全国で苦しんでいる子どもたちを支えたい、その一心で活動を続けてまいります。

どうか引き続きご支援をよろしくお願いいたします。

活動報告
財務報告書一覧はこちら(過去の財務諸表が閲覧できます)
第8期第三四半期・決算報告
第7期決算報告・第8期活動計画書(最新版2021年10月発行)

コロナ禍において、より貧困の格差が拡大しています。(2021年12月1日更新)

全国の施設を対象に支援を開始しました
◆全国130の児童養護施設に一般の方から提供していただいた3万枚のマスクをお送りしました。
◆新たに児童養護施設を卒業した若者の中でコロナの影響により学校を中退しなければならない、もしくは会社をリストラされて生活が困難になった人に現金支給を行いました。
※2月末現在 114名を対象に 現金及び物資506万円を支給

◆ユニクロ様のエアリズムマスクを全国350の児童養護施設に約7万枚を贈るプロジェクトに協力しました。
◆エニタイムフィットネスジャパン様と協同でのボランティア活動をスタートしました。

キズナプロジェクト・毎回10名以上で訪問しています。
グリーンマインドプロジェクト・子供たちと楽しく遠足にも付き添います。
児童養護施設に手紙を送るプロジェクト
子供たちは私たちからの手紙を楽しみにしてくれています。
ボランティアが自分自身の仕事について子供たちにお話をするプロジェクトも始めています。

※当募金ページに記載の内容については、プロジェクトオーナーが責任を負っており、ヤフー株式会社が責任を負うものではありません。詳しくは免責事項をご覧ください。
※本ページの「プロジェクト概要」「活動情報」「寄付金の使いみち」に掲載のリンクは、外部サイトに移動します。

寄付総額
34,632,246
寄付人数
87,804
現在の継続寄付人数:237
毎月の継続的な応援が大きな支えになります。

※寄付をするには Yahoo! JAPAN IDの取得(無料)が必要です。

  • T-point
    Tポイントを使って1ポイントから寄付できます。
  • つながる募金
    携帯電話利用料金のお支払いと一緒に寄付できます。
Yahoo!ウォレット
クレジットカードで100円から寄付できます。

プロジェクトオーナー

一般財団法人みらいこども財団

一般財団法人みらいこども財団
代表理事 谷山昌栄

【支援状況】
ボランティアクルー 180名
オンライン里親 120名
・給付金対象児童養護施設 600施設
・物資提供先児童養護施設 350施設
・ボランティア児童養護施設 28施設
(東京・神奈川・大阪・京都・兵庫・滋賀・愛媛・長崎・鹿児島など)
毎月笑顔にしている子どもたち2,000名以上

【世界中どこにいても、誰でもが児童養護施設の子どもたちの支援ができるしくみをつくります】
日本では格差社会が広がり、7人に1人が貧困家庭に暮らしていると言われており、貧困からさまざまな要因で児童虐待につながり、虐待で死亡する子どもたちは年間80名以上います。
児童養護施設にはほとんどが虐待を受け、苦しんでいる子どもたちが暮らしていますが、現状は国からの支援など行き届いておらず、施設を卒業してからも苦しんでいる子どもたちが数多くいるのが現状です。
みらいこども財団は子どもたちの周りの私たち自身が、自分たちのできることを、一人の5%の時間を社会貢献に使うことで社会をより良くしたいと考え、子どもたちを支える活動を行っています。

この団体に関連するプロジェクトはこちら

領収書発行について

このプロジェクトでは1回3,000円以上の寄付から領収書の発行が可能です。
※クレジットカードでの寄付に限ります。詳しくはヘルプページをご参照ください。

団体のプライバシーポリシー

一般財団法人みらいこども財団のプライバシーポリシーは、
http://miraikyousou.com/privacyをご覧ください。

なお、Yahoo!ネット募金に関し、ヤフー株式会社より提供を受けた個人情報については、次の目的の範囲においてのみ利用します。
・寄付金に関する領収書の送付(当団体がYahoo!ネット募金での寄付者に対して領収書発行を行う場合)

以上

Facebookコメントで寄付先への応援をお願いします

記入された応援のコメントは、寄付先団体およびYahoo!ネット募金の広報・宣伝活動(記者会見やプレスリリースでのご紹介等を含む)に 使用させていただく場合がございます。
ご了承の上、コメントを記載いただきますようお願いいたします。(2020年9月23日追記)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

メルマガの配信登録/解除はこちら

注目のプロジェクト