【重要なお知らせ】

Yahoo!ネット募金やYahoo!基金 をかたるフィッシングサイト(偽サイト)、不正メールにご注意ください

パレスチナ緊急医療援助(国境なき医師団日本)

寄付受付開始日:2023/11/27

  • 領収書あり
[パレスチナ緊急医療援助(国境なき医師団日本)]の画像
パレスチナ・ガザ地区にて、国境なき医師団のスタッフから治療を受ける、空爆でやけどを負った少年。(2023年10月19日)(C) MSF

特定非営利活動法人国境なき医師団日本(認定NPO法人)

プロジェクト概要

更新日:2023/12/22

医療の必要性が高まる状況で、援助活動を継続するために

命の危機にさらされ続けている人々に、継続した医療援助を。
2023年10月7日以降、イスラエルとパレスチナでの衝突が激化。長年、ガザ地区および西岸地区で援助活動を続けている緊急医療援助団体である国境なき医師団は、ガザ地区の病院にて直ちに負傷者の受け入れ・外科治療を開始しました。患者が増え続ける中、国境なき医師団のパレスチナ人スタッフは避難ができない患者のために病院にとどまり、懸命に治療を続けています。また、外科などの医療活動を支援するため、新たに15人のスタッフがガザ地区へと入りました(2023年11月15日現在)。

パレスチナ・ガザ地区の人々は、長年の占領・封鎖下で心身の危機に直面し続けてきましたが、今回の衝突激化でさらに追いつめられています。現地では燃料も医薬品も不足しており、医療体制が崩壊しています。

「国境なき医師団」は「独立・中立・公平」の立場で活動することを信条とし、紛争当事者の一方の側に立つことはありません。それをかなえてくださるのが、皆さまのようなお一人お一人からのご寄付です。活動資金のほとんどを民間の皆さまからの寄付でまかなうことで、いかなる権力にも影響を受けない活動が可能になっています。

命の危機にさらされている人々を助けるため、国境なき医師団では「緊急チーム」募金へのご支援をお願いしています。どうか私たちに力を貸してください。

【主な支援内容】
パレスチナ:
・国境なき医師団は、1989年より活動。ガザ地区では外科治療や理学療法、健康教育などの包括的なケアを実施。ヨルダン川西岸地区では基礎医療や心のケアを行ってきました。

最新の情報は、国境なき医師団ウェブサイトからご確認ください。

■領収書の発行について
国境なき医師団日本は認定NPO法人であり、当団体へのご寄付は、税制優遇措置(寄付金控除)の対象です。

1回3,000円以上のクレジットカードによるご寄付で、領収書の発行を希望して寄付された方に、領収書を発行いたします。

※手続き完了後の領収書要/不要の変更や再発行はできません。
※領収書の日付は、お客様の寄付手続き日ではなく、当団体への入金が完了した日(原則として寄付手続き日の翌月末日頃)です。
例:2月15日にお客様が寄付手続きをされた場合、領収書の日付は3月末日頃になります。
※領収書のお届けは、当団体が入金を確認した後になるため、最短でも寄付の受付から2カ月程度かかります。
※Tポイントによるご寄付の場合は、領収書発行の対象外ですのでご留意ください。

詳しくはヘルプページをご参照ください。
領収書に関するお問い合わせは、下記までご連絡ください。

<お問い合わせ先>
特定非営利活動法人国境なき医師団日本
メールアドレス:corporate@tokyo.msf.org

寄付金の使いみち

皆さまからのご寄付は、「緊急チーム」募金として受けたまわり、パレスチナおよび、イスラエルとパレスチナにおける衝突の影響を受ける近隣諸国での緊急援助に大切に使わせていただきます。

なお、十分な資金が集まった場合など、そのほか世界各地の「緊急チーム」の活動のためにも役立てさせていただきます。

▶「緊急チーム」募金とは
自然災害、紛争の激化、感染症の大流行など、一度に多くの人々の命が危険にさらされる緊急事態に即座に対応するため、国境なき医師団には高度な専門性をもつ「緊急チーム」があり、チームの活動を支えるための「緊急チーム」募金へのご協力を通年でお願いしています。

【例えば、あなたのご寄付でできること】
・4,400円で:避難民51人に3カ月間の医療を提供できます。
・10,000円で:3家族に簡易シェルター用の資材を提供できます。
・30,000円で:包帯1セット50枚入りを提供できます。
※為替による変動があります。

どうか私たちとともに、命を救う力になってください。

【私たちの活動をもっと知りたい方は、以下もご参照ください】
国境なき医師団ウェブサイト
活動報告書
国境なき医師団は、活動と財務の透明性と説明責任を重視し、監査法人による厳正な監査を経た財務報告を含む『年次活動報告書』を、公式ウェブサイトにて公開しています。

活動情報

更新日:2023/12/22

活動状況(2023年12月22日更新)

2023年11月7日、日本人3人を含む国境なき医師団の外国人スタッフ22名がエジプトへ退避しました。

2023年11月14日には、外国人派遣スタッフと現地スタッフ計15人からなるチームが、ラファ検問所を通りエジプトからガザ地区へ入りました。外科などの医療活動を支援しました。

ガザ地区では、国境なき医師団の医療活動がいまも続けられています。
医療活動中の医療従事者やスタッフが攻撃されるなど、非人道的な行為が起こっています。
水や燃料の不足は2023年10月7日以降続いています。

国境なき医師団は、すべての紛争当事者に対し、即時かつ持続的な停戦を訴えています。

ガザ中部にある、国境なき医師団が支援するアル・アクサ病院の院内。押し寄せる患者の対応に病院はひっ迫している。(2023年11月29日) (C) Mohammed ABED

こうした活動は、国境なき医師団の活動に共感してくださる皆さまの寄付によって支えられています。ご支援、誠にありがとうございます。

最新の活動ニュースは公式ウェブサイトをご覧ください。

※当募金ページに記載の内容については、プロジェクトオーナーが責任を負っており、LINEヤフー株式会社が責任を負うものではありません。詳しくは免責事項をご覧ください。
※本ページの「プロジェクト概要」「活動情報」「寄付金の使いみち」に掲載のリンクは、外部サイトに移動します。

寄付総額
5,374,926
残り日数
あと91
2024/05/27 18:00 まで
寄付人数
3,976

※寄付をするには Yahoo! JAPAN IDの取得(無料)が必要です。

  • T-point
    Tポイントを使って1ポイントから寄付できます。
Yahoo!ウォレット
クレジットカードで100円から寄付できます。

プロジェクトオーナー

特定非営利活動法人国境なき医師団日本(認定NPO法人)

世界約70カ国で年間900万人以上に医療を提供する、民間の国際援助団体です。「中立・独立・公平」な立場から誰からも干渉や制限を受けることなく、最も医療の足りない場所で医療・人道援助活動を行います。

1971年に設立し、1992年には日本事務局が発足。1999年にはノーベル平和賞を受賞しました。

国境なき医師団の活動資金は、9割以上が民間からの寄付。皆さまの支援に支えられています。
一人でも多くの方が、私たちとともに行動してくださることを願っています。

この団体に関連するプロジェクトはこちら

領収書発行について

このプロジェクトでは1回3,000円以上の寄付から領収書の発行が可能です。
※クレジットカードでの寄付に限ります。詳しくはヘルプページをご参照ください。

団体のプライバシーポリシー

特定非営利活動法人国境なき医師団日本(認定NPO法人)のプライバシーポリシーは、https://www.msf.or.jp/policy/をご覧ください。

なお、Yahoo!ネット募金に関し、LINEヤフー株式会社より提供を受けた個人情報については、次の目的の範囲においてのみ利用します。

・寄付金に関する領収書の送付(当団体がYahoo!ネット募金での寄付者に対して領収書発行を行う場合)

以上

Facebookコメントで寄付先への応援をお願いします

記入された応援のコメントは、寄付先団体およびYahoo!ネット募金の広報・宣伝活動(記者会見やプレスリリースでのご紹介等を含む)に 使用させていただく場合がございます。
ご了承の上、コメントを記載いただきますようお願いいたします。(2020年9月23日追記)

※本コメント機能はMeta Platforms Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してLINEヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

メルマガの配信登録/解除はこちら

注目のプロジェクト