ひとり親世帯支援 | コロナで生活に苦しむひとり親世帯を支えよう - Yahoo!ネット募金

ひとり親世帯支援 | コロナで生活に苦しむひとり親世帯を支えよう

ひとり親世帯支援 | コロナで生活に苦しむひとり親世帯を支えよう 協力:ひとりじゃないよPJ

新型コロナウイルスの影響は、不安定な雇用で働く人々を直撃しています。
その中でも影響を受けているのは、経済的に弱い立場にある140万※1を超える「ひとり親世帯」です。
Yahoo!ネット募金では、そうしたひとり親の生活、
教育や安全面で支援を行っている団体への寄付を受け付けています。

ひとり親世帯への影響

シングルマザー世帯へのアンケート※2

  • 経済面の影響

    収入減などの影響があり、経済的に苦しい

    ほかには…
    • 玩具や学用品の購入が困難
    • 経済的に習い事をさせられない
    など※3
  • 生活面の影響

    食費を切り詰めた、もしくは切り詰めることになりそう

    ほかには…
    • 子供の体重が減った
    • 一人で留守番させる頻度が増えた
    など※3
  • 心理面の影響

    不安やストレスを抱えている(そのうち47.5%が相談先に課題感あり)

    ほかには…
    • 子供の感情の起伏が激しくなった
    • 子供の言動が凄い、常に不安定
    など※3
出典:
※1厚生労働省 平成28年度全国ひとり親世帯等調査結果報告(外部サイト)
※2ひとりじゃないよPJ(外部サイト)COVID-19(新型コロナウイルス)感染防止対策に伴うシングルマザー家庭への影響調査速報サマリー
※3しんぐるまざあず・ふぉーらむ(外部サイト)新型コロナウィルスの影響によるシングルマザーの就労・生活調査

ひとりじゃないよプロジェクト

コロナ危機で困っているシングルマザーと子どもに支援を!

ひとりじゃないよプロジェクト呼びかけ人 小島さんが思う今の課題とメッセージ

小島慶子さん

小島慶子

エッセイスト、タレント

今、コロナ禍で多くの子育て世帯が困窮しています。中でもひとり親、特に女性のひとり親家庭は、食べるものにも困るような非常に厳しい状況に置かれています。
シングルマザーはコロナ禍の前から、半数以上が相対的貧困の状態にありました。日本では女性は男性の庇護のもとで生きていく前提で社会の仕組みが出来上がっているため、女性が一人で子育てをして生きていくのはとても大変なのです。仕事と育児との両立がしづらい環境の中で、シングルマザーは孤立しがちです。加えてコロナ禍では、多くの非正規雇用の女性たちが仕事を失いました。そんな女性たちや子供の支援を行うNPOを、是非寄付で支えてください。食糧支援、居場所支援、学習支援などの支援を必要とする人が増え、NPOはますます重要な存在になっています。あなたの寄付がNPOの活動を支え、困っている人に必要な支援を届けます。
寄付はただのお金ではありません。今、同じ空の下で子供を抱えて途方に暮れているたくさんの人たちに、寄付を通じて「ひとりじゃないよ」と伝えることができるのです。

生活を始め、心や教育面の支援に取り組む団体をご紹介します。

クレジットカードは100円から、Tポイントは1ポイントから寄付できます。

※寄付をするには、Yahoo! JAPAN IDの取得(無料)が必要です。
※Tポイントで寄付をするには、ご利用可能な Tポイント残高のあるYahoo! JAPAN IDでのログインが必要です。
※「つながる募金(ソフトバンク)」で寄付をいただいた場合、原則として各団体の活動全般への寄付となります。詳細は各プロジェクトページの「寄付金の使いみち」をご確認ください。

SNSシェア 「知ってもらうこと」も支援になります

たくさんの方々に「知ってもらうこと」が、次につながります。
ぜひSNSでシェアをお願いいたします。

LINEでシェア

Twitterでシェア

Facebookでシェア