IDでもっと便利に新規取得

ログイン

赤い羽根コロナ緊急支援
子どもと家族を支えたい!

寄付受付開始日:2021/02/18

  • 領収書なし
[赤い羽根コロナ緊急支援 子どもと家族を支えたい!]の画像
子どもたちの笑顔を絶やさないために!

社会福祉法人 中央共同募金会

プロジェクト概要

更新日:2021/08/11

赤い羽根は、コロナの影響により困難を抱える子どもや若者、家族を支える活動を支援しています。

新型コロナによる危機的な状況が、1年以上続いています。その影響は、すべての人に及び、中でも子どもたちとその家族をめぐる生活課題は、長期化、深刻化しています。
特に、ひとり親家庭などの困窮、ステイホーム長期化による虐待やDVの増加、経済格差による教育格差の広がり、孤立化・孤独化による気持ちの落ち込みや自殺の増加…。以前からあったさまざまな問題が、コロナにより一気に噴出しています。

2020年3月からコロナ禍における支援をいち早く開始し、これからも継続して、子どもたちを支えていきます!

中央共同募金会では、2020年3月より、コロナ禍における支援として「臨時休校中の子どもと家族を支えよう緊急支援募金」を開始し、子どもや家族に対する配食や居場所の提供などの緊急支援活動を資金面で支えてきました。
臨時休校支援では、5万2千人(のべ20万2千人)以上の子どもと家族を支援しました。

支援団体の活動例「孤立しがちな子どもたちの居場所を提供し、学習支援を行っています」

また、2020年5月からは支援の規模を拡大し、都道府県の共同募金会と連携しながら、「赤い羽根 新型コロナ感染下の福祉活動応援全国キャンペーン」を実施しています。本キャンペーンでは、新たにフードバンク活動や、失業や休校などで居場所を失った人への緊急支援などの分野も加えて、支援を行っています。

支援団体の活動例「困っている家庭へ食材を配布しています」

お寄せいただいた募金は、コロナの影響により困難を抱える子どもや若者、家族を支える活動への助成資金として役立てさせていただきます。

募金受付期間延長のお知らせ
新型コロナ感染拡大が収まらず、コロナ禍における社会的課題や支援ニーズが増大しているため、継続して活動団体への支援を行います。引き続き皆様の応援をお願いします。(2021年8月11日更新)

寄付金の使いみち

皆さまからのご寄付は、コロナの影響により困難を抱える子どもや若者、家族のための活動に役立てさせていただきます。

<支援活動の例>
子ども食堂を支援
食事やお弁当の提供などで、子どもや家庭をサポートする活動を応援します。

フードバンク活動を支援
食材の配布などを行って、食生活をサポートする活動を応援します。

虐待やDV被害者のためのシェルターを支援
虐待などから逃れて、安全に過ごすためのシェルターを支援します。

子どもたちの学習を支援
ボランティアやNPOなどによる学習支援活動をサポートします。

居場所づくりを支援
安心して過ごせる居場所づくりを応援します。

その他、子どもや若者、家族などへの支援活動を応援します。

【赤い羽根のコロナ関連支援 報告サイト】※随時更新中


#新型コロナウイルス緊急支援
#新型コロナウイルス支援_子ども

活動情報

更新日:2021/08/11

赤い羽根は、2020年3月からコロナによって困難を抱えた子どもや家庭を支援する団体へ助成という形で、継続して支援を行っています。

2020年3月2日、新型コロナウイルス感染拡大により、全国各地の小・中・高校・特別支援学校で臨時休校の措置がとられました。
休校期間には、ひとり親家庭やその他の困りごとをかかえる家庭の子どもたちの孤立化が懸念され、各地で民間団体による配食や学習支援等の緊急支援活動が動き出しました。

支援した団体の活動例(子どもたちの居場所づくり)

中央共同募金会では、他の助成団体に先駆けて、同年3月4日より、赤い羽根「臨時休校中の子どもと家族を支えよう 緊急支援募金」による助成事業を実施し、これらの活動を資金面で支えました。
臨時休校の緊急支援では、第1回~第3回助成合わせて計555団体、総額約4,467万円の助成決定を行い、5万2千人(のべ20万2千人)以上の子どもと家族を支援しました。

また、2020年5月からは支援の規模を拡大して、都道府県の共同募金会と連携しながら、「赤い羽根 新型コロナ感染下の福祉活動応援全国キャンペーン」を実施しています。本キャンペーンでは、新たにフードバンク活動や、失業や休校等で居場所を失った人への緊急支援などの分野も加えて、支援を行っています。

こうした一連のコロナ関連支援により、さまざまな活動を支えた助成総額は、約9億円にのぼり、のべ3,500団体の活動を支えています。
こうした大規模な支援が行えるのも、多くの皆様があたたかいご寄付をお寄せくださったおかげです。

赤い羽根は、これからも、コロナ禍での支援を続けていきます。
一人でも多くの子どもや家族を支えるために、皆さまのあたたかいご支援をお願いします。

【赤い羽根のコロナ関連支援 報告サイト】※随時更新中

SNSでも活動情報をお伝えしています。
【赤い羽根Facebookページ】
【中央共同募金会Twitter】

支援した団体の活動例(フードバンク活動)

※当募金ページに記載の内容については、プロジェクトオーナーが責任を負っており、ヤフー株式会社が責任を負うものではありません。詳しくは免責事項をご覧ください。
※本ページの「プロジェクト概要」「活動情報」「寄付金の使いみち」に掲載のリンクは、外部サイトに移動します。

寄付総額
2,909,845
残り日数
あと115
2022/02/18 18:00 まで
寄付人数
5,056

※寄付をするには Yahoo! JAPAN IDの取得(無料)が必要です。

  • T-point
    Tポイントを使って1ポイントから寄付できます。
Yahoo!ウォレット
クレジットカードで100円から寄付できます。

プロジェクトオーナー

社会福祉法人 中央共同募金会

中央共同募金会は、1947年から続く日本最大の募金運動である「赤い羽根共同募金」を推進する組織です。
赤い羽根共同募金は、毎年全国で約5万件の助成を実施し、高齢者、子ども、障がい者、困難を抱える方たちの支援など地域の課題を解決する活動をサポートしています。
また、災害発生時には、全国的な組織力と、地域の団体や組織とのつながりを生かし、被災地での支援活動を応援する「支援金」として「災害ボランティア・NPO活動サポート募金(ボラサポ)」などを募り、被災者や被災地での活動を支えています。
コロナ感染下での支援についても、感染拡大当初から取り組んでいます。

この団体に関連するプロジェクトはこちら

領収書発行について

このプロジェクトでは領収書の発行をおこなっておりません。

Facebookコメントで寄付先への応援をお願いします

記入された応援のコメントは、寄付先団体およびYahoo!ネット募金の広報・宣伝活動(記者会見やプレスリリースでのご紹介等を含む)に 使用させていただく場合がございます。
ご了承の上、コメントを記載いただきますようお願いいたします。(2020年9月23日追記)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

メルマガの配信登録/解除はこちら

注目のプロジェクト