• こども食堂で。みんなで食べるご飯はとってもおいしいよ

全国のこども食堂を応援してください

「こども食堂」とは、子どもが一人でも行ける無料または低額の食堂です。
「地域食堂」「みんな食堂」という名称のところもあります。
民間発の自主的・自発的な取組みですが、2016年から2018年の2年間で7倍に増え、すべての都道府県に少なくとも2,286カ所あることがわかっています。

2018年3月「こども食堂安心・安全向上委員会」調べ

多世代交流などさまざまな形態のこども食堂があります

こども食堂の広がりとともに、各県単位でこども食堂を支援するネットワーク団体(中間支援団体)が立ち上がり、こども食堂の意義や役割について調査・研究を行う必要性も高まっています。
こうした現状に応え、すべての子どもが行きたいときにこども食堂に行ける状態を実現するため、また、人々がこぼれにくい地域づくりの実現のため、「NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえ」を設立しました。

「むすびえ」という名称には、子どもと、こども食堂と、こども食堂を応援しようとする人たちをつなげる役割を果たしたいという願いが込められています。
むすびえを通じて、全国の困難な状況にある子ども、 孤立している子どもや大人を支えていただけないでしょうか。

寄付金の使いみち

お寄せいただきましたご寄付は、多様なプログラムをこども食堂で実施するための事業費、こども食堂の現状を調査するための費用、むすびえの運営費用として活用します。