IDでもっと便利に新規取得

ログイン

困窮する10代を、LINE相談と現金給付で支える
(認定NPO法人D×P)

寄付受付開始日:2021/04/12

  • 領収書あり
[困窮する10代を、LINE相談と現金給付で支える (認定NPO法人D×P)]の画像
現金給付や食糧支援で安心できる環境をつくり、継続したLINE相談で生活の安定をサポートします。

認定NPO法人D×P(ディーピー)

プロジェクト概要

更新日:2021/09/27

「ユキサキチャット」は、全国の10代がLINEで進路相談ができるサービスです。孤立する10代とオンラインでつながり、リアルでの支援へとつなぎます。

「ずっと、部屋で天井を見上げていました」
これは、新型コロナによって仕事を失ったある若者の言葉です。
働けない状況や経済困窮は、何かをしようという気力をむしばんでしまいます。

わたしたちがサポートする15歳~24歳は、50.9%がアルバイト、契約社員など非正規雇用で働いています(令和元年労働力調査)。令和2年の労働力調査によると非正規雇用者は減少し続けています。保護者に頼れず生活する若者にとって、仕事がなくなることはもちろんのこと数時間のシフト削減であっても大きく生活がひっ迫します。

また、2020年の子どもの自殺は過去最多。家族、教育など「人とのつながり」が希薄な10代は、仕事を失うことでさらに孤立を深める危険性があります。自分で自分を追い込んでしまう前に、安心して生活できる環境を整えることが大切です。

保護者に頼れない10代を対象に
1.直近の生活を支える「現金給付」と「食糧支援」
2.働く方法を模索したり選択肢を広げたりするための「パソコン寄贈」
をスタートしました。

LINEを使った相談サービス「ユキサキチャット」で状況を聞き、必要に応じて現金や食糧、パソコンを届けます。

直近の生活を支える「現金給付」と「食糧支援」

ひとりにつき30食分をすぐに届けます。食べる気力がなくても手軽に口にできることと栄養面を考慮してひとりひとりに合わせた支援を行います。

現金給付と食糧支援を届けた若者の状況

働く方法を模索したり選択肢を広げたりするための「パソコン寄贈」

パソコンを希望する10代を募集すると、1回で60名から応募が届きました。約半数がひとり親家庭の10代でした。(2021年1月の募集 第6回)

パソコン寄贈を行った若者の状況

食糧やパソコンは支援を希望する10代を公募するため、困っている10代とつながるきっかけにもなっています。LINE相談×現金や物資の支援によって、継続的に関わることで孤立を防ぎます。

【現金給付・食糧支援を希望するひとり親家庭の若年層の割合】
2021年5月1日~2021年8月6日までにサポートを希望した15~25歳(122名)の回答。

【パソコン寄贈プロジェクトに応募した10代うちひとり親家庭の割合】
2021年8月(第7回)の募集に応募した10代(33名)の回答。

応募の理由を記入する自由記述には、きょうだいが多く世話をしているという声や、ひとりで働く親に対して申し訳なさを感じているという声、早く自立して支えたいとの声などが寄せられています。経済的な事情だけでなくさまざまな背景から、選択肢が得られない10代がいます。

自治体や社会福祉協議会・NPOなどの他団体とも連携し、D×Pにつながった相談者が、他にも頼れる先を増やしていきます。若者に安心できる環境を届けるために。ぜひ寄付でサポートしてください。

寄付金の使いみち

皆様からいただいたご寄付は、現金給付、食糧支援、パソコン寄贈、それにともなうLINEでの相談対応や、定時制高校における事業などD×P全体の非営利事業にあてられます。

2012年の創業時から2019年度までに、5,300名の10代と関わることができました。2017年よりLINE相談事業をスタートし、全国の10代へ支援を届けられるようになりました。時代のニーズに合わせて若者が必要とする支援を届けることができるのも、皆様のご支援があるからです。

定期的に活動状況を当団体のホームページなどで報告させていただきますので、ぜひご支援をお願いいたします。

#新型コロナウイルス緊急支援
#新型コロナウイルス支援_子ども

活動情報

更新日:2021/09/27

認定NPO法人D×Pの取り組み

D×Pは、オンライン(相談事業:ユキサキチャット)とオフライン(定時制高校)で10代に“つながり”をつくるNPOです。

10代はひとつの大きな選択をする時期です。進学する人、就職する人、子育てをする人、そして中途退学する人と、それぞれの道を歩みます。何か困ったことがあったとき、人とのつながりが得づらいと、社会にあるさまざまなセーフティネットや人の助けも得づらくなります。

10代の時期に人とのつながりを醸成しこれからを一緒に考えていくことができれば、その後の生活にも長く続く「社会関係資本(つながり)」を得られるようになると考えます。

わたしたちは、既存のセーフティネットでは拾い上げられなかった10代と出会い、社会につなげていく役割を果たします。生きづらさを抱えた10代が、この社会で生きて・活きることができる新しいセーフティネットをつくっていきたいと思っています。

※当募金ページに記載の内容については、プロジェクトオーナーが責任を負っており、ヤフー株式会社が責任を負うものではありません。詳しくは免責事項をご覧ください。
※本ページの「プロジェクト概要」「活動情報」「寄付金の使いみち」に掲載のリンクは、外部サイトに移動します。

寄付総額
1,601,316
寄付人数
2,910
現在の継続寄付人数:25
毎月の継続的な応援が大きな支えになります。

※寄付をするには Yahoo! JAPAN IDの取得(無料)が必要です。

  • T-point
    Tポイントを使って1ポイントから寄付できます。
Yahoo!ウォレット
クレジットカードで100円から寄付できます。

プロジェクトオーナー

認定NPO法人D×P(ディーピー)

わたしたちが取り組む社会課題は、10代の孤立です。学校(オフライン)とオンラインで10代と出会い、つながりをつくります。

コロナ以前からあった課題が、新型コロナによって浮き彫りになりました。経済的・社会的基盤がなかった10代がより孤立を深める状況になっています。この状況は長期化することが予測されます。

D×PはLINE相談で10代とつながり、食糧支援と現金給付でまずは安心できる環境をつくることを目指します。その後、就職やスキルアップ、福祉制度の利用など本人の希望や状況にあわせたサポートで生活の安定を目指します。ともに10代を支えましょう。よろしくお願いします。

認定NPO法人D×P 理事長:今井紀明

この団体に関連するプロジェクトはこちら

領収書発行について

このプロジェクトでは1回3,000円以上の寄付から領収書の発行が可能です。
※クレジットカードでの寄付に限ります。詳しくはヘルプページをご参照ください。

団体のプライバシーポリシー

認定NPO法人D×Pのプライバシーポリシーは、https://www.dreampossibility.com/privacy-policyをご覧ください。

なお、Yahoo!ネット募金に関し、ヤフー株式会社より提供を受けた個人情報については、次の目的の範囲においてのみ利用します。

寄付金に関する領収書の送付(当団体がYahoo!ネット募金での寄付者に対して領収書発行を行う場合)

以上

Facebookコメントで寄付先への応援をお願いします

記入された応援のコメントは、寄付先団体およびYahoo!ネット募金の広報・宣伝活動(記者会見やプレスリリースでのご紹介等を含む)に 使用させていただく場合がございます。
ご了承の上、コメントを記載いただきますようお願いいたします。(2020年9月23日追記)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

メルマガの配信登録/解除はこちら

注目のプロジェクト