IDでもっと便利に新規取得

ログイン

だまされて売られる子どもを守りたい

寄付受付開始日:2007/07/25

  • 領収書なし
[だまされて売られる子どもを守りたい]の画像
だまされて2万円で売春宿に売られてしまう少女をあなたの寄付で助けてください。 photo by Natsuki Yasuda / studio AFTERMODE

認定NPO法人かものはしプロジェクト

プロジェクト概要

更新日:2017/07/03

「みんなと同じように、私も学校に行って勉強をしてみたかった…」
ご支援があれば必ず、「子どもが売られない世界」はつくれる

かものはしプロジェクトは、2002年にカンボジアの「子どもが売られる問題」に取り組むため活動をスタートしました。

子どもが売られない世界はつくれる。photo by Natsuki Yasuda / studio AFTERMODE

現在、主に2つの活動をしています。

1つ目は、子どもを買わせないためにカンボジアの内務省および他の国際機関と提携した警察訓練の支援です。この結果として、性犯罪加害者の逮捕者数は2001年から2010年にかけて約9倍となりました。

2つ目は、子どもが売られることを未然に防止するために、最貧困層にあたる農村においてい草の雑貨工房の経営を行っています。貧しい家庭が安定した現金収入を得ることによって経済的に自立し、子どもが売られないような環境作りを行っています。

最貧困の村で女性を雇用しています
カンボジアの現地スタッフと共に
コミュニティファクトリーではお母さんが安心して働けるように託児所を設けています

また、インドでは2012年より活動をスタートし、現地NGOとパートナーシップを組み、売春宿にいる子どもたちの救出や被害者の心のリハビリテーションと社会復帰支援、刑事裁判強化のための調査活動を行っています。

経済的に自立できるような支援をしています

1日でも早く、子どもが売られる問題をなくすためにみなさまの温かいご支援をお願いします。

寄付金の使いみち

カンボジアとインドで子どもが売られる問題を解決するための資金として使わせていただきます。
月1,000円で4人の鉄道警察官が人身売買取り締まりの研修を受けることができます。
月3,000円で2人の女の子の裁判を支援できます。
月5,000円で、1人の少女が自立するための自分のビジネスを始めることができます。

活動情報

更新日:2017/07/03

【カンボジア】

警察訓練支援:内務省が国際機関と共同で進める警察支援プログラムに参画。これまでに各州の警察に人身取引対策部署を設置、人身取引事犯に対応した捜査トレーニングの実施、専用ホットライン、犯罪データベースの構築などの功績を挙げています。性犯罪加害者の逮捕数は2001年から2010年にかけて約9倍となりました。

カンボジア警察支援

コミュニティファクトリー事業:2008年創業時は16名だったワーカー者数は現在では70名にのぼります。昨年度の売上高は約2600万円。現在、直営店での販売強化や国内販売にも力を入れています。職業訓練だけではなく、字の読み書き等のライフスキルを身につけて女性たちの自立を支援しています。

カンボジアコミュニティファクトリーの様子

カンボジアの状況は活動をスタートした2002年に比べると大幅に改善され、現在の被害者数はほぼゼロになりました。また私たちが支援している最貧困の村では、就学率が100%になりました。

【インド】

現地NGOと連携し被害者の救出、裁判での証言率の向上、そして社会復帰支援を行っています。2012年からの累計実績は、現地NGOとパートナーシップを組み、心理回復と経済支援を71名に、裁判・捜査支援を229名の人身売買被害者に提供しました。

インドでの経済自立支援
インドでの心の回復支援

※本ページの「プロジェクト概要」「活動情報」「寄付金の使いみち」に掲載のリンクは、外部サイトに移動します。

寄付総額
3,378,325
寄付人数
8,535
現在の継続寄付人数:25
毎月の継続的な応援が大きな支えになります。

※寄付をするには Yahoo! JAPAN IDの取得(無料)が必要です。

  • T-point
    Tポイントを使って1ポイントから寄付できます。
Yahoo!ウォレット アクセプタンスマーク

プロジェクトオーナー

認定NPO法人かものはしプロジェクト
かものはしプロジェクトは、「子どもが売られない世界をつくる」をミッションとし活動しています。2002年に設立され、カンボジアで活動を始めました。2012年からはインドでの活動を開始しました。そして、2014年認定NPO法人取得しました。
この団体に関連するプロジェクトはこちら

領収書発行について

このプロジェクトでは領収書の発行をおこなっておりません。

Facebookコメントで寄付先への応援をお願いします

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

注目のプロジェクト