検索結果(全30件)

  • 車いすフェンシング、日本から世界へ!日本発メダリストを育成。

    健常者フェンシング同様、車いすフェンシングもヨーロッパ発祥。それだけに剣やマスク、ユニフォームだけでなく、車いすを固定する「ピスト」と呼ばれる大型装置も輸入品に頼ってきました。今後、車いすフェンシン...

    • 寄付総額
      90,810
  • 未来の芸術家を育てる音楽祭を支援 しよう

    「草津夏期国際音楽アカデミー&フェスティヴァル」は、世界一流の芸術家を招き、音楽家を目指す学生に指導をする講習会「アカデミー」と、その講師を中心として2週間毎日開く演奏会「フェスティヴァル」の二本立...

    • 寄付総額
      211,476
  • 文化財修復支援募金(一人一人の支援が文化財を守る大きな力になります)

    文化財は、定期的に保存修復を行うことによって永く後世に引き継いで行くことができます。日本国内にはたくさんの文化財があり、それぞれ地域の方々によって守り受け継がれています。当財団は、都道府県の各教育委...

    • 寄付総額
      375,813
  • スキーで可能性をひろげたい!

    日本障害者スキー連盟では、優秀な選手をピックアップして強化対象としてきました。たとえば冬期パラリンピック実施種目のひとつであるアルペンスキー。その成果は、着実に実を結びつつあります。トリノ・パラリン...

    • 寄付総額
      165,069
  • 39矢野基金 筋ジストロフィー患者・児童養護施設の子どもたちを支援

    2010年7月26日、元プロ野球選手矢野燿大(あきひろ)さんの寄付金を原資に、大阪府社会福祉協議会に「筋ジストロフィー患者・児童養護施設の子どもたちへの応援基金(39(サンキュー)矢野基金)」を設立...

    • 寄付総額
      2,203,168
  • CPサッカー日本代表を応援しよう!

    CP(Cerebral Palsy:脳性麻痺)サッカー日本代表の夢はパラリンピック出場。パラリンピックへ出場するためには、予選大会となるワールドカップや世界選手権へ出場し、世界ランキングの上位に入ら...

    • 寄付総額
      88,800
  • パラバドミントン 日本代表選手に支援をお願いします!

    2020年東京パラリンピックから正式種目となるパラバドミントン。大きな目標に向かって選手が日々努力をしています。車いす、立位(上肢障がい、下肢障がい、低身長)があり、障がいの程度によりクラスが分かれ...

    • 寄付総額
      300,494
  • パラリンピック目指すジュニア育成に!

    日本身体障害者陸上競技連盟は、2008年9月に開催された北京パラリンピック大会において、金2個、銀7個、銅3個の計12個のメダルを獲得することができました。これも皆さまの応援のおかげと感謝しています...

    • 寄付総額
      110,966
  • 東北の被災地沿岸部を花火で照らそう

    2011年3月11日、未曾有の大震災により、東北の沿岸各地は甚大な被害を受けました。先の見えない状況で皆が暗く落ち込んでいて、関東各地では花火大会が相次いで自粛・中止を発表していた中で、その使わなく...

    • 寄付総額
      882,995
  • 車いすカーリング日本代表チームを応援しよう!

    冬季パラリンピック初出場を果たした「車いすカーリング」。知名度も低く、目にすることが少ない競技です。障害の度合いによるクラス分けのないこの競技を通じて、障害者スポーツ団体の新しい役割を担うべく活動を...

    • 寄付総額
      132,765

(30件中11〜20件)