• 多くの亡骸が発見されたホテル(C)Lewis Inman/Arete Stories/DEC

甚大な被害が出たインドネシア スラウェシ島地震・津波の被災地に、日本のNGOによる支援を届けます

2018年9月28日午後6時3分頃(日本時間午後7時3分頃)、インドネシア スラウェシ島中部(中スラウェシ州パルの北78km)を震源として、マグニチュード7.5、震源深さ10kmの地震、津波が発生しました。

被害による死者は1,234人、重傷者は632人以上、行方不明者は99人。65,733棟もの建物が崩壊し、61,867人以上がシェルターもなくテントなどに避難を余儀なくされています。人道支援を必要としている人々は191,000人に及びます。(10月2日現在、AHA Centre Situation Update No. 4より)
現地では救助活動が行われているものの、通信も途絶え、道路や橋が壊れておりアクセスすらできていない場所もあり、支援ニーズ全体を把握できておらず、被害規模は拡大する可能性があります。

現地からは空輸での支援、テント支援、浄水機や発電機の提供、医療支援(マラリア対策含)といった要請が出されています。JPFでは、現地における調査と状況を鑑み出動を決定。
各加盟NGOが、至急求められている、安全な水や医療へのアクセス、食料や生活用品の提供、避難所やシェルター支援などニーズに沿った緊急支援内容を迅速に実施していきます。

地震後の土砂災害で被害を受けた車や家(C)Lewis Inman/Arete Stories/DEC
地震で崩壊した学校(C)Lewis Inman/Arete Stories/DEC

寄付金の使いみち

被災規模や現在の状況から、さまざまな支援ニーズが予想される中、JPFに加盟するさまざまな専門性を持った支援のプロであるNGOが、被災地のニーズを具体的に見極め、適切な支援活動を実施します。
皆さまからお寄せいただいた寄付で、食料、物資、給水・衛生、シェルター、保健・医療など特に緊急性の高い支援を実施していきます。

現在寄付受付中のプログラムの情報の詳細などについては下記をご覧ください。
現在活動中の支援プログラム