• 7日に上空のヘリから撮影した被災地朝倉地区(C)PWJCFA-PAD JAPAN

福岡・大分での豪雨被害の支援を開始。
避難所運営サポート等の緊急支援ニーズに対応します。

福岡および大分を中心とした九州北部では、2017年7月5日より記録的な大雨が降り続きました。気象庁は5日17時51分に福岡県に、同日19時55分には大分県に大雨特別警報を発表。50年に1度の、降水量が一定範囲以上で予想される場合の警戒とされる「大雨特別警報」を発表し、「これまでに経験したことのない大雨」、「重大な危険が差し迫った異常事態」としました。

6日6時時点で、福岡県では169,459世帯399,870名に、大分県では6日6時半時点で16,828世帯49,220名に、避難指示(緊急)が発令。その後も断続的に激しい雨が降る見込みと発表されました。6日のうちに福岡県は朝倉市と東峰村に、大分県も日田市と中津市に災害救助法の適用を決めました。

こうした中、JPF事務局は6日8時10分、被害状況と支援の必要性を見極めるため、緊急初動調査を開始することを決定し、JPF事務局スタッフ2名が現地入りしました。また加盟NGOのPWJが同日に、HuMAが7日に相次いで現地入りし、被災調査を進めてきました。

そして13日、福岡と大分において支援を開始することを決定しました。一方で、刻々と変化する支援ニーズを把握するため調査も継続します。

朝倉地区7月6日撮影(C)JPF
福岡県朝倉で聞き取り調査をするJPF加盟NGO(C)PWJCFA-PAD JAPAN

寄付金の使いみち

避難所で避難者が安心かつ安全に過ごせるよう、充分なスタッフを配置したり、届いた物資を必要なところに必要な分だけ配給したりといった、細やかな支援を行います。
熊本地震等での支援経験をもとに、災害時に弱い立場となる方へ配慮をしながら支援を続けるJPFの強みを活かしていきます。

最新情報はウェブサイトをご覧ください。
九州北部豪雨被災者支援2017