2024年台湾花蓮地震 緊急支援(空飛ぶ捜索医療団“ARROWS”)

寄付受付開始日:2024/04/03

  • 領収書あり
[2024年台湾花蓮地震 緊急支援(空飛ぶ捜索医療団“ARROWS”)]の画像
台湾花蓮県花蓮市の様子(2024年4月3日)

認定特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン

プロジェクト概要

更新日:2024/04/10

台湾でM7.2の地震
花蓮県花蓮市で建物が倒壊するなど大きな被害

2024年4月3日午前8時58分ごろ(現地時間)、台湾で地震が発生しました。
震源地は台湾東部の花蓮県沖およそ25キロの海域で、地震の規模を示すマグニチュードは7.2と推定されています(参照:台湾の中央気象署)。花蓮県花蓮市では建物が倒壊するなど大きな被害が出ています。

これを受け、ピースウィンズが運営する空飛ぶ捜索医療団は地震発生直後から情報収集を開始。提携団体である台湾災害医療チーム発展協会が現地へ向かい、救助活動を開始しました。

皆さまからのご寄付は現地のニーズを調査の上、被災地域での食料、水、医薬品、衛生用品、避難所などの緊急支援に活用します。
また緊急支援後は、地域主導の長期的な復旧・復興支援を支援します。

被災地に、皆さまのあたたかいご支援をお願いいたします。

■領収書の発行について
ピースウィンズ・ジャパンは広島県の認定を受けた「認定NPO法人」です。そのため、当団体へのご寄付は税制上の優遇措置(寄付控除)の対象です。

1回3,000円以上のクレジットカードによるご寄付で、領収書の発行を希望して寄付された方に、領収書を発行いたします。

※お手続きの際に「領収書を希望する」のチェックボックスにチェックを入れてください。お手続きが完了した後での発行希望(再発行含む)への対応はできませんのでご注意ください。
※当団体からの領収書発行時期:寄付手続き日から約2カ月~3カ月程で発行いたします。
※領収書の日付は、お客様の寄付手続き日ではなく、当団体への入金が完了した日(原則として寄付手続き日の翌月末日頃)です。

詳しくはヘルプページをご参照ください。

領収書に関するお問い合わせは、下記までご連絡ください。

<お問い合わせ先>
認定特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン
メールアドレス:support@peace-winds.org

寄付金の使いみち

皆様からいただいたご寄付は、台湾地震被害の被災地・被災者支援活動に大切に活用させていただきます。

・人や動物に対する食料および救急医療用品等の物資支援
・避難所への緊急物資支援
・被災地の復旧・復興支援
・その他被災地のニーズに応じた支援
・支援に伴う事務局運営費

※ピースウィンズ・ジャパン寄付金など取扱規程は下記をご参照ください。
特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン寄付金等取扱規程(PDF)

活動情報

更新日:2024/04/10

物資支援、現地からのレポート(2024年4月10日更新)

倒壊などの危険がある建物には、赤色や黄色に色分けされた張り紙が貼られています。特に赤色の貼り紙の建物は、新たな犠牲者を防ぐために住民は強制退去となるため、多くの方が親戚・友人知人宅、ホテルなどへ避難しています。しかし、一部の避難先がすぐに見つからない方々は、お寺が用意した一次避難所などへ退避しています。

被害のあった建物周辺の調査(2024年4月 台湾花蓮県)

かき消されている「支援を必要とする声」を、足を運んで聞く

物資支援を行うスタッフ(2024年4月 台湾花蓮県)

被災された方々は友人や親戚宅に避難されていることが多く、一見、必要な物資も行き届いているようにも思います。
それでも実際に足を運んで情報収集に向かうと、避難スペースとして提供されているお寺のその周辺にある建物では、物資不足・水もないところがありました。そこに水やシャンプー、リンス、ボディソープ、ハミガキ、お菓子などの支援物資を届けました。

昨日2024年4月9日に支援物資を受け取った方より、「地震後初めてコンディショナー使いました、とてもありがたかった。謝謝」とメッセージが届きました。

●花蓮市役所を訪問
魏嘉彦(ぎかげん)花蓮市長と面会、情報交換を行いました。

魏嘉彦(ぎかげん)花蓮市長と面会、情報交換(2024年4月 台湾花蓮県)

現在いたる所で市民の自主避難が行われており、中には市として指定していない避難所も開設されていることなど、市が把握しきれていない市民の状況や市内の被災状況など情報交換を実施しました。

また、市としての中長期的な支援は未定のため、今後も互いに情報交換などを含め支援活動に協力してくことで前向きな姿勢を示してくださいました。

●台湾地震 現地レポート
2024年4月7日から被災地で活動をしている空飛ぶ捜索医療団北川看護師に花蓮の状況について話しを聞きました。

台湾の人々のたすけあい

被災者の方々の前であいさつをするスタッフ(2024年4月 台湾花蓮県)

被災地に到着し、まずは支援を開始している団体や避難所などに行き情報収集と並行して事前に調達した物資を届けました。
現場に入り率直に感じたことは、支援が本当に早く被災者の方々に届いているな、ということです。行政からの支援はもちろん被災しなかった方や法人・団体などが、組織的にしかも即座に手を差しのべています。例えば、教会やお寺、会社の寮などを被災者の避難スペースとして提供しています。物資も行き届いているように見えます。

見えなくなっていることはないか

村の職員から情報収集(2024年4月 台湾花蓮県)

さまざまな支援の手が即座に入っている一方で、高齢者や子どもの立場など、困っていることが見えにくくなっていないかという心配もあります。

また、花蓮県にもかかる国立公園「太魯閣国家公園」は台湾の中でも有数の観光名所ですが、被害も深刻で経済的に困難になる方もたくさんいらっしゃるのではないかと思います。

引き続き、被災者の皆さまが1日でも早く元の生活に戻れるよう支援活動を続けます。

緊急支援チームが被災地に到着。緊急支援を開始。(2024年4月8日更新)

ピースウィンズの運営する空飛ぶ捜索医療団の看護師1名、事業調整員など3名が、2024年4月6日(土)から被害の大きい花蓮県花蓮市に入りました。
被害状況などを調査するために、活動中の現地NGOをはじめ関係機関や被災地をまわり、必要な支援についての調査と並行して、事前に調達した物資の配布を開始。看護師は心理的ケアを行っている団体と合流、被災者への医療領域での支援活動に同行を開始しています。

なお、現在も緊急支援チームは空飛ぶ捜索医療団プロジェクトリーダー稲葉基高医師や事業調整員らを含めたスタッフが順次被災地に向かっており、到着後もあらゆる支援を届ける予定です。

被害状況などの調査を行うスタッフ(2024年4月 台湾花蓮県)
被害状況などの調査を行うスタッフ(2024年4月 台湾花蓮県)

台湾花蓮地震 被災地の状況
被害の大きかった花蓮では現在、倒壊した建物のがれきなどを取り除くため重機による撤去や解体作業などが行われています。
発災直後に大きく傾いていた9階建てのビルもこれ以上被害が広がらないよう、2024年4月5日から解体作業が行われています。引き続き現地での調査を行いながら、活動を続けます。

倒壊寸前の9階建てのビル上部(2024年4月 台湾花蓮県)
倒壊寸前の9階建てのビル下部。重機による解体作業(2024年4月 台湾花蓮県)
倒壊した建物などのがれき撤去作業が行われている(2024年4月 台湾花蓮県)

今後も現地で支援ニーズを調査の上、被災地域での食料・水・医薬品・衛生用品・避難所などの、緊急支援にあたります。
なお、緊急支援後は、地域主導の長期的な復旧・復興を支援します。

※当募金ページに記載の内容については、プロジェクトオーナーが責任を負っており、LINEヤフー株式会社が責任を負うものではありません。詳しくは免責事項をご覧ください。
※本ページの「プロジェクト概要」「活動情報」「寄付金の使いみち」に掲載のリンクは、外部サイトに移動します。

寄付総額
96,751,776
残り日数
あと173
2024/10/03 18:00 まで
寄付人数
42,659

※寄付をするには Yahoo! JAPAN IDの取得(無料)が必要です。

  • T-point
    Tポイントを使って1ポイントから寄付できます。
Yahoo!ウォレット
クレジットカードで100円から寄付できます。

プロジェクトオーナー

認定特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン

認定NPO法人ピースウィンズ ・ジャパンは、日本に本部を置き、国内外で自然災害、あるいは紛争や貧困など人為的な要因による人道危機や生活の危機にさらされた人びとを支援する国際協力NGOです。これまでに世界37の国と地域で活動してきました。日本国内での社会問題の解決を目的とした活動にも力を入れており、地域活性化や犬や猫の殺処分ゼロを目指した動物の保護・譲渡活動などに取り組んでいます。
医療を軸とした災害緊急支援プロジェクト「空飛ぶ捜索医療団"ARROWS"」を運営し、国内外の災害被災地で支援活動を行っています。

この団体に関連するプロジェクトはこちら

領収書発行について

このプロジェクトでは1回3,000円以上の寄付から領収書の発行が可能です。
※クレジットカードでの寄付に限ります。詳しくはヘルプページをご参照ください。

団体のプライバシーポリシー

特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパンのプライバシーポリシーは、https://peace-winds.org/privacyをご覧ください。

なお、Yahoo!ネット募金に関し、LINEヤフー株式会社より提供を受けた個人情報については、次の目的の範囲においてのみ利用します。
・寄付金に関する領収書の送付(当団体がYahoo!ネット募金での寄付者に対して領収書発行を行う場合)

Facebookコメントで寄付先への応援をお願いします

記入された応援のコメントは、寄付先団体およびYahoo!ネット募金の広報・宣伝活動(記者会見やプレスリリースでのご紹介等を含む)に 使用させていただく場合がございます。
ご了承の上、コメントを記載いただきますようお願いいたします。(2020年9月23日追記)

※本コメント機能はMeta Platforms Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してLINEヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

メルマガの配信登録/解除はこちら

注目のプロジェクト