IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【フィリピン台風被害】インフラの寸断された被災地に緊急支援を
(ピースウィンズ・ジャパン)

寄付受付開始日:2021/12/23

  • 領収書あり
[【フィリピン台風被害】インフラの寸断された被災地に緊急支援を (ピースウィンズ・ジャパン)]の画像
東ビサヤ地方南レイテ州 2021年12月25日撮影

認定特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン

プロジェクト概要

更新日:2022/01/17

緊急支援チームが現地に出発
現地での緊急支援に力を貸してください!

猛烈な台風22号が直撃したフィリピンで被害が広がっています。
少なくとも375人が亡くなったほか、56人が行方不明となっており、避難者は66万人、260万人もの生活に影響が出ています(2021年12月22日現在)。
交通や通信のインフラが寸断され、被災地では水や食料の確保が困難になっています。

これを受け、ピースウィンズ・ジャパンが運営する空飛ぶ捜索医療団"ARROWS"は、現地提携団体や医療機関などからの情報収集を開始しました。
ピースウィンズ・ジャパンでは、2018年にも台風被害を受けたフィリピン・ルソン島にレスキューチームを派遣しています。

現地では、提携するアジアパシフィックアライアンス(A-PAD)フィリピンのスタッフが12月22日朝にマニラをたち、レイテ島に到着しました。

マニラ 2021年12月22日撮影

レイテ島内に支援物資の受入れなどの拠点となる災害管理運営デスクを設置し、併せて、初回支援物資として持参した飲料水フィルター、ソーラーパネル20個の緊急配布を行う予定です。

レイテ島タクロバン 2021年12月22日撮影

皆様からのご寄付は提携団体を通じて、被災地域での食料、水、医薬品、衛生用品、避難所などの緊急支援に活用します。

緊急支援後は、地域主導の長期的な復旧・復興支援を支援します。

家屋の被害が多く、避難生活の長期化が懸念されています。
年越しを間近にひかえた被災地に、皆様のあたたかいご支援をお願いいたします。

寄付金の使いみち

皆様からいただいたご寄付は、フィリピン台風被害の被災地・被災者支援活動に使用します。

・避難所への緊急物資支援
・人や動物に対する食料および救急医療用品などの物資支援
・被災地の復旧・復興支援
・その他被災地のニーズに応じた支援
・支援に伴う事務局運営費

※ピースウィンズ・ジャパン寄付金など取扱規程は下記をご参照ください。
特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン寄付金等取扱規程(PDF)

活動情報

更新日:2022/01/17

台風発生から1カ月、救援パックなどを継続配布中(2022年1月17日更新)

2021年12月16日から18日にかけてフィリピン中部地域を襲った台風22号(ライ/フィリピン名:オデット)からもうすぐ1カ月がたちます。フィリピン国家災害リスク削減管理委員会(NDRRMC)によれば、1月14日までに406人が亡くなり、少なくとも65人の行方がわかっていません。1,000人以上が負傷し、避難者は770万人以上に及びます。未だ孤立状態で外からの支援が入れない地域もあり、被害を示す数字は今後、交通網や通信網の回復とともに増える見込みです。

オルモック市 東ビサヤ州立大学内 2021年12月22日撮影
シャルガオ島 2021年12月25日

ピースウィンズ・ジャパンが運営する空飛ぶ捜索医療団"ARROWS"が提携するアジアパシフィックアライアンス(A-PAD)フィリピンは、これまで各地で構築してきた災害時の連携プラットフォームを生かし、発災直後からダバオ市、セブ市、オルモック市、ビコール地域のパートナー団体と連携して緊急支援活動を開始。
ダバオ商工会議所、セブ商工会議所、オルモック商工会議所、メトロナガ商工会議所は、A-PADフィリピンと共同で支援活動を展開していくことをSNSなどで発信するとともに、緊急支援物資を被災地へ届ける活動を続けています。

被災した地域では、断水や停電の影響で安全な水や衛生設備へのアクセスが難しくなっており、特にコロナウイルスをはじめとする伝染病発生のリスクも高まっています。
シアルガオ島とディナガット諸島ではすでに台風による水源の汚染が原因と思われる下痢の症例が増えており、フィリピン政府によれば、400件以上の下痢と胃腸炎が発生、シアルガオ島では下痢性疾患により8人の子どもが死亡したと報告しました。そこで、A-PADフィリピンは専門団体と連携して、食料などが入った救援パックや浄水器、水などを届けています。くわしくは以下の通りです。

<2021年12月25日>
・南レイテのリロアンにある4つの沿岸コミュニティーで、救済パック500家族分、給水407人分、水ろ過装置17機、ソーラーランタンデバイス9つを配布
・国際NGO「Waves for Water(W4W)」とともに、シアルガオ、サザンレイテ、シパライ、ボホールの避難所などに45の浄水器を設置。同地域では、衛生キットやペット向けの餌なども配布

<2022年1月2日>
・ 南レイテのサンリカルドのコミュニティーの子どもたちに、1,398世帯分の救援パックと993のバッグを提供

引き続きニーズに応じた物資を届けていく予定です。

スリガオ市、スリガオ市商工会議所への物資提供の際 2021年12月25日撮影

今回の台風による農業やインフラの被害は甚大で、特に農業や漁業を営んでいた人々は、生計手段を失ってしまいました。A-PADフィリピンは今後、物資の支援だけでなく、長引く避難生活を多方面からサポートするとともに、中長期的な視点で復興支援活動を続けていく計画です。

皆様のあたたかいご支援をお願いいたします。

※当募金ページに記載の内容については、プロジェクトオーナーが責任を負っており、ヤフー株式会社が責任を負うものではありません。詳しくは免責事項をご覧ください。
※本ページの「プロジェクト概要」「活動情報」「寄付金の使いみち」に掲載のリンクは、外部サイトに移動します。

寄付総額
978,513
残り日数
あと26
2022/06/23 18:00 まで
寄付人数
1,865

※寄付をするには Yahoo! JAPAN IDの取得(無料)が必要です。

  • T-point
    Tポイントを使って1ポイントから寄付できます。
Yahoo!ウォレット
クレジットカードで100円から寄付できます。

プロジェクトオーナー

認定特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン

認定NPO法人ピースウィンズ ・ジャパンは、日本に本部を置き、国内外で自然災害、あるいは紛争や貧困など人為的な要因による人道危機や生活の危機にさらされた人々を支援する国際協力NGOです。これまでに世界34の国と地域で活動してきました。

日本国内での社会問題の解決を目的とした活動にも力を入れており、地域活性化や犬や猫の殺処分ゼロを目指した動物の保護・譲渡活動などに取り組んでいます。

医療を軸とした災害緊急支援プロジェクト「空飛ぶ捜索医療団"ARROWS"」を運営し、国内外の災害被災地で支援活動を行っています。

この団体に関連するプロジェクトはこちら

領収書発行について

このプロジェクトでは1回3,000円以上の寄付から領収書の発行が可能です。
※クレジットカードでの寄付に限ります。詳しくはヘルプページをご参照ください。

団体のプライバシーポリシー

特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパンのプライバシーポリシーは、https://peace-winds.org/privacyをご覧ください。

なお、Yahoo!ネット募金に関し、ヤフー株式会社より提供を受けた個人情報については、次の目的の範囲においてのみ利用します。
・寄付金に関する領収書の送付(当団体がYahoo!ネット募金での寄付者に対して領収書発行を行う場合)

Facebookコメントで寄付先への応援をお願いします

記入された応援のコメントは、寄付先団体およびYahoo!ネット募金の広報・宣伝活動(記者会見やプレスリリースでのご紹介等を含む)に 使用させていただく場合がございます。
ご了承の上、コメントを記載いただきますようお願いいたします。(2020年9月23日追記)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

メルマガの配信登録/解除はこちら

注目のプロジェクト