【アフガニスタン】紛争、干ばつ、洪水、コロナの多重災害の被災地を支援する
(ピースウィンズ・ジャパン)

寄付受付開始日:2019/07/19

  • 領収書なし
[【アフガニスタン】紛争、干ばつ、洪水、コロナの多重災害の被災地を支援する (ピースウィンズ・ジャパン)]の画像
紛争や災害、貧困などの脅威と隣り合わせで生きる現地の人々

認定特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン

プロジェクト概要

更新日:2023/01/23

ピースウィンズは、アフガニスタン国内で紛争、災害、不安定な情勢などにより厳しい生活を強いられている人々の命と尊厳を守るため、支援を続けています。

アフガニスタンでは長年にわたって紛争・テロにより、多くの民間人が犠牲になり、また避難を余儀なくされてきました。加えて頻発する干ばつや洪水など大規模な自然災害、さらに新型コロナウイルス感染拡大にも相次いで見舞われ、社会も人々も疲弊しきっていました。

このアフガニスタンに2021年8月、衝撃が走りました。武力によって国内各地で攻勢を強めていたタリバンによる首都カブールの制圧、政権の掌握です。タリバンは1996年から2001年の間、急進的な思想に基づきアフガニスタンを統治していた勢力です。当時タリバン政権によって行われた苛烈な人権侵害の再来をおそれ、1万を越える人々が国外脱出を求めて空港や滑走路にまで詰めかける様子が国際的にも報道されました。

しかしその後、ほとんどの人々は脱出もかなわず、アフガニスタンに残って生活を続けざるを得ませんでした。これまで紛争や自然災害などで既に疲弊しきった社会でなんとか命をつないでいた人々ですが、突如タリバンによる統治下におかれ、国際社会による経済制裁の影響で民間人は銀行からお金を引き出すことが困難な状態となり、アフガニスタンに住む多くの一般の人々は、圧政の下、その日の食事を手に入れるのもやっとの状態で毎日を生き延びています。

ピースウィンズは、このようなアフガニスタンの人々の命と尊厳を守るため、支援を続けています。

調査によると2022年アフガニスタン人口の41%にあたる1,700万人が食糧危機に瀕しているとされており、2023年の第1四半期にはその数は2,000万以上にものぼると推定されています。また、タリバンの政権奪取に対する国際社会からの経済制裁は、アフガニスタンの一般の人々を直撃しています。

ピースウィンズは2001年の9.11直後の緊急支援をきっかけに、これまで学校建設や道路の修復、井戸の掘削、女性の収入向上や水資源調査などさまざまな分野でアフガニスタンでの支援に携わってきました。

井戸の支援

2019年からは、南部のカンダハール県で、紛争・干ばつ・洪水によって生み出された避難民や、難民として逃れていた隣国からの帰還者が滞在するコミュニティーにて、質・量ともに十分な水を入手できるよう井戸を建設し、またコミュニティーの衛生状況の向上を図るため、衛生普及講習を開催するとともに衛生用品セットを配布しました。

地域の衛生向上を目指して

2020年以降、新型コロナウイルスの影響は医療面にとどまらず、経済活動の大幅な縮小などにより、人々の生活をさらに圧迫しています。職を失った労働者が最低限の食糧ですら確保できない事態まで起きていることを受け、私たちは9月、東部ナンガルハール県で上記のように複合的な災害、紛争、経済的打撃影響を受けている農村部を対象に、新たに緊急支援を開始しました。

この地域は近年まで武装勢力の支配下にあり、国内でも非常に危険な地域として知られ、国際支援や政府の公共サービスが最も届きにくい地域でした。地域ボランティアの協力を得ながら現地携団体とともに食糧支援を行っています。

活動地の村で家庭訪問し、生活状況を把握

さらに、2022年6月アフガニスタン南東部で発生したM5.9の地震では5,000人以上の死傷者が出ました。また、多くの家屋が全壊あるいは半壊したことで被災者は最低限の生活を確保することすらままならなくなりました。それを受け、ピースウィンズは震源地に近いパクティカ県にて食糧と生活物資の配布を実施しています。

地震被災418世帯に食糧と生活物資の配布

長期的に続く紛争やテロやさまざまな災害により、アフガニスタンの多くの人々が疲弊しています。彼らを支えるため、皆さまのご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。

寄付金の使いみち

国内紛争に加え、干ばつや洪水、地震などの自然災害、コロナウイルスの影響に苦しむ被災者に対する支援のために使用させていただきます。

なお、本事業に対するさまざまなサポートをするためにご寄付のうち最大15%は運営費(事務所の管理運営費、調査・提言活動のための費用など)として活用させていただきます。

#新型コロナウイルス緊急支援

活動情報

更新日:2023/01/23

【アフガニスタン】食糧支援:プロジェクト実施の中で、一番つらいこと

子どもから聞き取り調査を行う提携団体現地スタッフ

ピースウィンズは現在、現地NGOのYour Voice Organization (YVO) と提携し、食糧支援を続けています。
20年もつづく紛争や人道アクセスの制限、頻発する自然災害、コロナ禍などにより、アフガニスタンの人々は家族や友人、尊厳ある暮らしなど大切なものを失ってきました。そんな中で活動を続け、誰よりも現場のリアルな状況や人々の声に触れてきた現地スタッフはこう語ります。

「話を聞く人ごとに、つらいストーリーがあります。この中から、基準に照らして、支援する人の優先順位を決めなければならないのが、一番つらく、大変なことなのです。」

少しでも現金を得るため自分の娘を望まない結婚に出させる親、紛争によりPTSD(心的外傷後ストレス)を発症した子ども、死去した父親、精神病を患う母親の元で常に食糧不足の子どもたち……

活動で出会う人みんながさまざまな苦しい状況にいることを知りながらも、限られた資金の中で支援対象者、つまり「最も脆弱(ぜいじゃく)な世帯」を選ばなければならないのです。

現場からのこういったリアルな声を聴けば聴くほど、行政がしっかりと機能していない場所で私たちNGOが担っている活動の重要性をひしひしと感じます。私たちピースウィンズは、これからもより多くの人々に支援を届けられるよう、活動を引き続き行ってまいります。

詳しい活動報告はこちら

※当募金ページに記載の内容については、プロジェクトオーナーが責任を負っており、LINEヤフー株式会社が責任を負うものではありません。詳しくは免責事項をご覧ください。
※本ページの「プロジェクト概要」「活動情報」「寄付金の使いみち」に掲載のリンクは、外部サイトに移動します。

寄付総額
337,413
寄付人数
1,068
毎月の継続的な応援が大きな支えになります。

※寄付をするには Yahoo! JAPAN IDの取得(無料)が必要です。

  • Vポイント
    Vポイントを使って1ポイントから寄付できます。
Yahoo!ウォレット
クレジットカードで100円から寄付できます。

プロジェクトオーナー

[認定特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン]の画像
認定特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン

認定NPO法人ピースウィンズ・ジャパンは、紛争や災害、貧困などの脅威にさらされている人々に対して支援活動を行うNGO (Non-Governmental Organization = 非政府組織)です。
日本に本部を置き、これまで世界36の国と地域で活動してきました。

日本国内での社会問題の解決を目的とした活動にも力を入れており、地域活性化や犬や猫の殺処分ゼロを目指した動物の保護・譲渡活動などに取り組んでいます。

医療を軸とした災害緊急支援プロジェクト「空飛ぶ捜索医療団"ARROWS"」を運営し、国内外の災害被災地で支援活動を行っています。

この団体に関連するプロジェクトはこちら

領収書発行について

このプロジェクトでは領収書の発行をおこなっておりません。

Facebookコメントで寄付先への応援をお願いします

記入された応援のコメントは、寄付先団体およびYahoo!ネット募金の広報・宣伝活動(記者会見やプレスリリースでのご紹介等を含む)に 使用させていただく場合がございます。
ご了承の上、コメントを記載いただきますようお願いいたします。(2020年9月23日追記)

※本コメント機能はMeta Platforms Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してLINEヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  • Facebookでシェアする
  • X(旧Twitter)でシェアする

注目のプロジェクト