サイクロンによって甚大な被害を受けたモザンビークへのご支援をお願いします

アフリカ南部のモザンビークでは、2019年3月14日にサイクロン「アイダイ」による甚大な被害を受けました。現在ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)では現地提携団体と協力し、被害調査を行っています。

この大規模かつ脅威的なサイクロンにより、モザンビークでは死者602人、1,600人が負傷。また、被災地では洪水により水源が汚染されることで衛生環境が劣悪に3,577人がコレラやマラリアに感染したと伝えられています。(国連人道問題調整事務所 (OCHA))

PWJでは今後、現地提携団体と協力し、サイクロンにより被災した人々を対象に支援物資の配布を行う予定です。皆様のご支援・ご協力を宜しくお願い致します。

寄付金の使いみち

PWJでは今後、現地提携団体と協力し、サイクロンにより被災した人々を対象に支援物資の配布を行う予定です。
また、さまざまなサポートをするためにご寄付のうち最大15%は運営費(事務所の管理運営費、調査・提言活動のための費用など)として活用させていただきます。また、今回の支援が終了した場合、今後のレスキューおよび被災者緊急支援の準備に活用させていただきます。

#アフリカ南東部サイクロン緊急災害支援募金