• フィリピンに向けて出発するレスキューチームと救助犬

【2018年10月1日追記】
村上財団からの同額寄付の取り組みは、2018年9月30日に終了いたしました。引き続き、皆様からのご寄付は受け付けております。
※村上財団よりマッチング寄付分の558,196円をピースウィンズ・ジャパンに振込予定です。本ページ上の寄付総額にはマッチング寄付分は含まれておりません。

レスキューチーム・救助犬の活動にご協力をお願いします

このたび、ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)[本部=広島県神石高原町、代表理事=大西健丞]は、台風22号による大規模な被害が発生する可能性があるとし、パートナー団体であるアジアパシフィック アライアンス(A-PAD)および公益社団法人Civic Forceと緊急合同チームを結成。
9月14日にはレスキューチーム・救助犬および医療スタッフをフィリピンに派遣しました。
合同チームは、現地機関と協力し情報収集および救助活動、医療支援をおこなう予定です。

皆様のご支援・ご協力をよろしくお願いいたします。

今回出動する救助犬の1頭
羽田空港でチェックインをおこなう様子

■パートナー企業 一般財団法人 村上財団より

この度の台風22号により犠牲になられた方々に深い哀悼の意をささげますとともに、被災された方々、避難生活を余儀なくされている方々に心よりお見舞い申し上げます。またこれ以上の被害が出ない事を心より願っております。
ピースウィンズ・ジャパンをはじめとする合同緊急支援チームは、国内外の災害対応に迅速にご対応された経験があり、今回もいち早くフィリピンにて、被災された皆さまを懸命に救助されてると聞き西日本豪雨に引き続き支援を決定させていただきました。
同じ気持ちでチームを応援されている皆様のご支援にプラスの寄付をさせていただくマッチング寄付をすることで皆さまの思いが少しでも多くの被災者の皆さまへの支援につながることを願っております。
代表理事 村上 絢

寄付金の使いみち

今回の台風による被災者支援および復旧支援のために使用させていただきます。また、調査や物資購入の際に発生した費用としてもご使用させていただく予定です。
なお、さまざまなサポートをするためにご寄付のうち最大15%は運営費として活用させていただきます。また、今回の支援が終了した場合、今後のレスキューおよび被災者緊急支援の準備に活用させていただきます。