• 捜索活動を行うレスキューチームと救助犬

北海道で発生した地震へのご支援をお願いします

このたび、ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)[本部=広島県神石高原町、代表理事=大西健丞]は9月6日(木)午前3時頃に北海道で発生しましたマグニチュード6強の地震が発生したことを受け、パートナー団体であるアジアパシフィック アライアンス(A-PAD)および公益社団法人Civic Forceと緊急合同チームを結成し、レスキューチーム・救助犬および医療スタッフを現地に派遣しました。

6日夜に現地に到着したチームは、到着後すぐに捜索活動を開始。また、7日からは自衛隊や警察とも協力し、捜索活動を本格化しました。救助犬3頭やドローンを使った活動なども実施しています。

医療スタッフも派遣した合同チームは日本赤十字とも協力し、医療面での支援も行っています。

皆さまのご支援・ご協力をよろしくお願いします。

レスキューチームと救助犬が捜索を行う様子
医療面での支援を実施している様子
捜索に使用しているドローンの映像

寄付金の使いみち

今回の地震による被災者支援および復旧支援のために使用させていただきます。また、調査や物資購入の際に発生した費用としてもご使用させていただく予定です。
なお、さまざまなサポートをするためにご寄付のうち最大15%は運営費として活用させていただきます。また、今回の支援が終了した場合、今後のレスキューおよび被災者緊急支援の準備に活用させていただきます。