• 地震により倒壊した建物(ロンボク島)

ピースウィンズ・ジャパンの支援活動へご協力をお願いします

このたび、ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は8月5日(日)午後7時46分(日本時間同8時46分)にインドネシア・ロンボク島で発生したマグニチュード7.0の地震を受け、パートナー団体であるアジアパシフィック アライアンス(A-PAD)および公益社団法人Civic Forceと緊急合同チームを結成し、レスキューチームおよび医療スタッフ、緊急支援スタッフを現地に派遣しました。

一部報道によると、この地震により少なくとも80名以上が死亡し、数百人が負傷、1,000以上の建物が損壊したとしたと伝えられています。

今回の地震では1,000以上の建物が倒壊

地震発生に伴い、現地パートナー団体であるACTは、5日夜より被災地であるロンボク島で医療、レスキュー、避難所、物資等の支援活動を開始しています。

また、PWJでは日本から日本人スタッフ2名を派遣する予定です。派遣される日本人スタッフは現地団体と協力し、調査および支援活動を行う予定です。

皆さまのご協力をよろしくお願いいたします。

被災した方の医療を行っている様子
支援活動を行う現地パートナー団体のスタッフ

寄付金の使いみち

今回の地震による被災者支援および復旧支援のために使用させていただきます。また、調査や物資購入の際に発生した費用としても使用させていただく予定です。

なお、さまざまなサポートをするためにご寄付のうち最大15%は運営費(事務所の管理運営費、調査・提言活動のための費用など)として活用させていただきます。
また、今回の支援が終了した場合、今後のレスキューおよび被災者緊急支援の準備に活用させていただきます。