• 益城町総合体育館芝生広場にPWJが設置した避難所(バルーンシェルター)

ペット同伴世帯用の避難所運営にご支援を 熊本地震緊急支援

熊本地震発生から1カ月がたちました。長期化する避難生活をサポートするため、ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)はパートナー団体(公益社団法人Civic Force、アジアパシフィックアライアンス)と緊急支援合同チームを組み、熊本県益城町を拠点に物資配布やペット同行避難者向けのテント村の運営を行っています。
チームは益城町の2カ所でテント村を運営しており、5月13日時点で計56世帯201人とペット88匹が入居中です。
活動の詳細はホームページをご覧ください。

入居手続きの様子

地震発生から1カ月がたちましたが、仮設住宅の建設は追いつかず、日常が戻るにはまだ時間がかかると思われます。そして、これから始まる梅雨と暑さへの対策も急がれています。
被災から立ち直ろうとしている人々にとって、必要なものは日々変わってきています。ピースウィンズ・ジャパンは、今後も必要とされている支援をスピーディーに提供できるよう活動を続けます。

ペット同伴避難者用に設置したテント

皆さまからの貴重なご寄付は、熊本地震で被災された方への支援活動のために使わせていただきます。
熊本の地震被災者のため、皆さまの温かいご支援・募金をよろしくお願いいたします。

5月上旬からペットの一時預かりも開始

「平成28年熊本地震 緊急募金」特集ページ

寄付金の使いみち

熊本県で14日午後9時半頃に発生した震度7の地震をご寄付は、熊本地震で被災された方への支援活動やレスキューチーム・災害救助犬の育成などに使わせていただきます。