IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【ウクライナ緊急支援】
影響を受けた人々へ食料・物流支援
(国連WFP協会)

寄付受付開始日:2022/03/08

  • 領収書なし
[【ウクライナ緊急支援】 影響を受けた人々へ食料・物流支援 (国連WFP協会)]の画像
女性や子どもを中心とした家族が、安全なポーランドにたどり着くために何時間も寒さの中で待ち続けています。(2022年3月4日)

国連WFP協会

プロジェクト概要

更新日:2022/06/06

ウクライナへの食料支援など緊急支援へのご協力をお願いいたします。

国連WFPはウクライナ政府からの要請を受け、ウクライナ国内、また近隣諸国へ紛争から避難している人々へ緊急の食料支援を実施しています。

現地における食料支援と物流の整備
ウクライナ国内および近隣諸国で拠点を設け、キーウ(キエフ)やハルキウ(ハリコフ)では栄養強化ビスケットやパンなどの食料を配布、リヴィウなどでは食料の引換券や現金を支給しています。

国連WFPは、金融システムが機能し、市場に十分な食料がある場所で、定期的に家族に現金支給を行っています。人々はそれを食料品やその他の必需品に使うことができます。

国連WFPは、どの家庭にも多くの出費があり、困難な時期には、他のニーズを満たすのに現金を使い、食料が犠牲になりがちであることを理解しています。例えば、医療費の支払いが必要な家庭は、お金をその支払いに回すために食費を減らすかもしれません。国連WFPからの資金があれば、そのようなことは起こりません。

2022年3月11日キーフの住民の多くは地下鉄の駅に避難しており、食料不足が課題です。国連WFPはこのような場所でもパンなどの食料を配布しています。(C)WFP

また、国連WFPは緊急の食料配給(缶詰肉、穀類、豆類などの食料セット)を、機関間人道支援輸送隊で届けています。そして、ウクライナ赤十字社などのパートナーが、必要な家庭に届くまで最終段階の支援を担っています。現金や食料引換券は、これまでに120万ドル以上を配布しており、世帯で一人あたり1カ月75ドル相当をウクライナ通貨のフリヴニャで支給しています。

2022年3月17日ウクライナとモルドバの国境のレセプションセンターであたたかい食事とスナックを受け取っています。(C) WFP/Giulio d'Adamo

紛争が始まって以来、国連WFPは270万人以上の国内避難民や紛争の影響を受けている人々に食料と現金を支援しました。(2022年5月1日時点)今後支援対象者は拡大する予定です。

ロシアとウクライナを合わせると、世界の小麦輸出の30%、トウモロコシ輸出の20%を占めています。国連WFPは、混乱がすでに高騰している価格を押し上げ、世界中の何百万もの家庭の食料安全保障を脅かすことを懸念しています。

この危機的状況に際し、国連WFPのウクライナ緊急支援活動に皆様のご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

ウクライナ戦争:国連WFPの緊急支援

寄付金の使いみち

皆様からのご寄付は、国連WFPのウクライナへの緊急支援に活用されます。
食料支援をはじめ、人道支援活動の基盤となる緊急通信と物流支援へ大切に使わせていただきます。

”#ウクライナ緊急支援”
"#世界難民の日"

※当募金ページに記載の内容については、プロジェクトオーナーが責任を負っており、ヤフー株式会社が責任を負うものではありません。詳しくは免責事項をご覧ください。
※本ページの「プロジェクト概要」「活動情報」「寄付金の使いみち」に掲載のリンクは、外部サイトに移動します。

寄付総額
8,277,690
目標金額
10,000,000
達成率82%
残り日数
あと31
2022/09/08 18:00 まで
寄付人数
13,480

※寄付をするには Yahoo! JAPAN IDの取得(無料)が必要です。

  • T-point
    Tポイントを使って1ポイントから寄付できます。
Yahoo!ウォレット
クレジットカードで100円から寄付できます。

プロジェクトオーナー

国連WFP協会

国連WFPは、飢餓をなくすことを使命に活動する国連唯一の食料支援機関です。

災害や紛争時の緊急食料支援、母子の栄養状態の改善、学校給食の提供などを活動の柱に、毎年約80カ国1億人に食料支援を行っています。

食べることは、生きることの基本です。飢餓の解決は平和への第一歩でもあります。すべての人が当たり前に食べられる「飢餓のない世界」を一緒につくりませんか。

この団体に関連するプロジェクトはこちら

領収書発行について

このプロジェクトでは領収書の発行をおこなっておりません。

Facebookコメントで寄付先への応援をお願いします

記入された応援のコメントは、寄付先団体およびYahoo!ネット募金の広報・宣伝活動(記者会見やプレスリリースでのご紹介等を含む)に 使用させていただく場合がございます。
ご了承の上、コメントを記載いただきますようお願いいたします。(2020年9月23日追記)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

メルマガの配信登録/解除はこちら

注目のプロジェクト