紛争や災害により厳しい生活を余儀なくされている人々の「生きる力を支えていく」支援を届けます。

寄付受付開始日:2018/08/23

  • 領収書なし
[紛争や災害により厳しい生活を余儀なくされている人々の「生きる力を支えていく」支援を届けます。]の画像
食糧配布時の様子(2022年)

特定非営利活動法人ジェン

プロジェクト概要

更新日:2022/08/15

JENの活動を支えてください

JENは平和な国際社会を目指し世界各地で紛争や自然災害により厳しい状況にある人々へ「生きる力、を支えていく」をモットーに、緊急から復興の各段階できめ細やかな支援活動を行う国際NGOです。
これまで25の国と地域で活動し、2022年現在、4つの国(アフガニスタン・パキスタン・トルコ(シリア難民)・日本(東北))で活動しています。

アフガニスタンでは井戸建設や衛生教育などの水衛生事業や学校の建設・改修、教育の重要性を啓発する教育支援事業を行っています。2021年8月のタリバンによる全土掌握以降は、経済制裁、厳しい干ばつ、地震などの自然災害、新型コロナウイルスの感染拡大による経済的な影響などにより貧困が深刻化しています。もともと、長引く紛争の影響で厳しい状況でしたが、現在は国民の半数以上が深刻な飢餓に直面するとも言われる、最悪の人道危機です。

ジェンではこの緊急事態を受け、今までの支援に加えて食糧配布や、紛争や自然災害で最も影響を受ける子どもたちに、学校で栄養価の高いパンを配給する支援を行っています。

JENの活動は1994年旧ユーゴスラビアのクロアチアとセルビアから始まりました。平和な国際社会を目指して支援活動を続けて来ましたが、それを実現するための支援が現実にはまだまだ足りません。それでも現実から目をそむけず、1つ1つの課題に向き合い、一人でも多く、明日につながる気持ちがもてる人を増やしたい、その気持ちを大切に現在も活動しています。

■アオバキル村の井戸管理委員会のリーダー、ラバルズさん(アフガニスタン)
この地域では、水の確保は常に課題でした。手洗いの水はおろか、飲むための水を確保するにも、毎日遠くの小川や浅井戸まで何度も往復しなければいけなかったのです。JENが井戸と給水所を建設したことで、家の近くで安全な水が手に入るようになり、女性や子どもたちは長時間の水くみから解放されました。JENスタッフの実施した衛生教育を受けたことで、きちんと手を洗うようになり健康も保てるようになりました。

手を洗うラバルズさん(アフガニスタン)

■衛生教育を受講した子どもたち(アフガニスタン)
この地域では石けんで手を洗う習慣がありませんでした。JENは衛生教育を実施するとともに学校に手洗いの設備を設置いたしました。子どもたちの衛生意識が向上し、それまで多かった下痢症状が激減し、子どもたちの学校の出席率も上がりました。手洗い場が設置されてうれしい、と子どもたちは語りました。

衛生教育を受講した子どもたち(アフガニスタン)

■アフガニスタン 水・衛生環境改善支援
アフガニスタンでは、水・衛生環境の改善が喫緊の課題とされており、この地域の住民の45%が衛生的な水を十分に確保することができないといわれています。住民への聞き取り調査でも、近くの小川や浅井戸の必ずしも安全ではない水を飲料水にしているため、子どもたちはよくおなかを壊しています。

また私たちの実施した調査では、3km以上も離れたモスクの井戸まで毎日7回も通っている子どもたちがいることも明らかになりました。一日のほとんどが水くみで終わってしまい、学校に通えない状況です。

これらの問題解決には、生活基盤の改善が大切であり、そのためにはまず井戸の建設とその管理体制の構築、衛生知識を広めることが重要とジェンは考えました。そこで村の人々と話し合い、一緒にこの事業を進めることができています。この井戸の建設により、「子どもたちが学校に通えるようになった、子どもの下痢が減り、そのための治療費が減った。そのお金で鶏を購入して、卵の販売ができるようになった。」といった声が届きました。

写真はチャパルハル地区で完成した井戸と貯水槽です。ジェンはこの事業を継続して行っています。

完成した井戸と貯水槽(アフガニスタン)

自らの力と地域の力を最大限に生かして、精神的にも経済的にも自立した生活を取り戻すための「自立支援」に、ぜひお力添えください。

JENは1994年から厳しい状況の人々に寄り添い、生きる力を支え続けています。わたしたちの活動をご理解いただけましたら、ぜひ継続ご寄付もご検討ください。月々1,000円から始められるJENサポーターになって、私たちとともに支えてください。

JENサポーターになって、私たちとともに支えてください。

・ニュースレターはこちらからご覧ください。

寄付金の使いみち

みなさまからいただいたご寄付は、世界各地の現地の人々の力を生かした「緊急期から自立支援」など、今後のJENの活動全般に活用させていただきます。

・活動報告

・年次報告書

※当募金ページに記載の内容については、プロジェクトオーナーが責任を負っており、LINEヤフー株式会社が責任を負うものではありません。詳しくは免責事項をご覧ください。
※本ページの「プロジェクト概要」「活動情報」「寄付金の使いみち」に掲載のリンクは、外部サイトに移動します。

寄付総額
273,153
寄付人数
1,138
現在の継続寄付人数:1
毎月の継続的な応援が大きな支えになります。

※寄付をするには Yahoo! JAPAN IDの取得(無料)が必要です。

  • Vポイント
    Vポイントを使って1ポイントから寄付できます。
Yahoo!ウォレット
クレジットカードで100円から寄付できます。

プロジェクトオーナー

[特定非営利活動法人ジェン]の画像
特定非営利活動法人ジェン

平和な国際社会を目指し世界各地で紛争や自然災害により厳しい状況にある人々へ「生きる力、を支えていく」をモットーに、緊急から復興の各段階できめ細やかな支援活動を行う国際NGO。

1994年設立より一貫して、現地の人々の力を生かした「緊急期から自立支援」を実施しています。

この団体に関連するプロジェクトはこちら

領収書発行について

このプロジェクトでは領収書の発行をおこなっておりません。

Facebookコメントで寄付先への応援をお願いします

記入された応援のコメントは、寄付先団体およびYahoo!ネット募金の広報・宣伝活動(記者会見やプレスリリースでのご紹介等を含む)に 使用させていただく場合がございます。
ご了承の上、コメントを記載いただきますようお願いいたします。(2020年9月23日追記)

※本コメント機能はMeta Platforms Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してLINEヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  • Facebookでシェアする
  • X(旧Twitter)でシェアする

注目のプロジェクト