• 識字教室の様子。参加者の出席率は9割以上であり、熱心に講義に耳を傾けている。

  • 概要
  • 活動情報 2016年8月15日 更新

当会が過去5年間にわたって支援を実施した、同国西部のヘラート州とゴール州の女性教育に関して、2001年時点では、アフガニスタン全体の女性基礎教育就学率はわずか3%でしたが、2012年にはヘラート州で61.0%、ゴール州で32.1%にまで改善しました。
しかし、依然としてアフガニスタン人女性の5人に1人が非識字者であり、農村部には都市部の3倍の非識字者が存在すると言われています。

農業に携わる女性

また、アフガニスタン労働組合によると、2014年のアフガニスタン全体の失業率は60%に達しようとしており、この状況が今年度中に改善する目途は立っていないとのことです。
加えて、伝統的なイスラムの文化の中には、女性の家事や家内労働以外の就業に対するタブーが存在しており、失業率がほぼ6割に近いという事実に鑑みると、都市部においてさえも、女性の就業を取り巻く環境は非常に厳しいと言わざるを得ません。

女子学生を対象とした英語教室の様子。生徒たちの上達は非常に速い。

「文字が読めるようになった!」識字・ビジネススキル(英語・IT)教室を実施中です。

私たちは、アフガニスタン西部のヘラート州において、女性を対象とした識字教室やビジネススキル(英語・IT)教室を実施しています。
識字教室では、女性たちが暮らす各地区のコミュニティーや、アフガニスタン教育省識字局の協力のもと、可能な限り参加する女性の負担を減らしながら、授業を実施しています。

今年度は、12地区240名の女性を対象として、識字教室を展開しており、さまざまな理由により教育を受けることができなかった女性が、日々一生懸命に読み書きを勉強しています。

識字教室の様子(ヘラート州・シャマン村)

この識字教室に参加したある女性は、「これまでは何をするにも、周りの男性に助けてもらわなければなりませんでした。でも、文字が読めるようになって、一人で子どもの薬を買いに行けるようになったんです。家族のために、今まで以上の役割を果たすことができるようになりました。」と、喜びの声を届けてくれました。

識字教室の様子(ヘラート州・ノヴィンソフラ村)

また、ヘラート市内では、若い女性を対象として、ビジネススキル(英語・IT)教室を運営しています。アフガニスタンでは徐々に女性の社会進出が進んでいますが、依然として就職における男女格差は非常に大きく、大学を卒業しても多くの女性が希望する職業に就くことができません。
今年度は、就職を希望している女性15名が、それぞれ英語とITの授業を受けています。企業や政府機関などが重視する技能の取得を通して、希望する職業への就職を目指しています。

IT教室の様子(ヘラート州・ヘラート市内)

寄付金の使いみち

お預かりしたご寄付は、アフガニスタンにおける人道支援の活動資金として、大切に活用させていただきます。

◯持続可能な村落開発
2011年3月から2016年2月まで当会が教育・女性・農業の支援事業を実施した地域における、モニタリングとフォローアップ研修。
現地NGOの協力を得て、現地の女性たちが活動を続けていく体制を強化するためのサポートを行います。

◯女性のエンパワーメント
女性の基礎教育やビジネス・スキル(英語・IT技能)の獲得を目指した、識字教室と職業訓練センターを運営します。

募金の使途の詳細はホームページでもご覧いただけます