From3.11 岩手×北欧で若者が希望を持てる地域づくりを(SET)

寄付受付開始日:2023/02/20

  • 領収書あり
[From3.11 岩手×北欧で若者が希望を持てる地域づくりを(SET)]の画像
都心に住む若者が、地域に根付いた活動や生活を行い、地域の人とのあたたかなつながりや、仲間との絆を得て帰っていきます。

特定非営利活動法人SET

プロジェクト概要

更新日:2024/05/10

【定住率40%】若者がつながりと自信を取り戻し、希望を持って生きられるようになる地域づくりをご支援ください。

陸前高田から始まった私たちの活動は、岩手県各地域に広がり始めています。全ての活動に共通するのは、「若者が人とのつながりの大切さや自分らしさに気づき、自信を持って生きるようになること」です。
震災後10年以上たった現在、私たちは県内外の仲間とともに、「若者が、若者自らの手によってより良い未来をつくる活動」を行っています。

都市部の若者、地域住民、福祉先進国デンマークの若者の3者がともに暮らす

そして、その若者の活動のために欠かせないのが地域との関係性です。暮らしや活動を行う若者は、地域の方々と継続的な関係を築いています。

このような若者と地域の関係性は、これからさらにニーズが高まっていると言えます。

それは、現在日本の若者は、諸外国に比べ自己肯定感が低い現状から考えることができます。
この背景の一つとしてあげられるのが、かつて存在していた地域コミュニティの希薄化です。かつての日本の若者たちには、家族と社会の間に位置する地域社会で、さまざまな世代との人間関係を学び、社会性を育む機会がありました。

しかし、現在人口の大都市集中により、地域コミュニティが衰退していきました。結果として若者たちは、他者への信頼を寄せる体験や自分を認めてもらう体験が欠如したまま、社会の一員であることを求められるようになっています。

このような現状でありながら、行政と連携した若者支援では、就労につながった数などが成果として見られ、結果的に若者自身に成果を求めてしまう構造になりかねません。若者が自信を取り戻すには、時間をかけて見守る環境や期間が必要です。しかしこれは成果としては見えづらいものでもあります。そのため、共感していただいた皆さんにご寄付をお願いするに至りました。

若者政策の専門家の皆さんとディスカッションをさせてもらった際のムービーです。

※類似した取り組みとして、デンマークにある成人教育機関フォルケホイスコーレ(以下、FHS)があり、現在正式に連携をして運営をしています。FHSはデンマーク国内に70校あり、運営費は個人負担だけでなく、法律で制定されている補助金などを用いながら運営が行われています。

北欧の若者施策であるユースセンター。私たちも岩手町にユースセンターを立ち上げ、地元の中高生のサードプレイスをつくっています。

■領収書の発行について
1回3,000円以上のクレジットカードによるご寄付で、領収書の発行を希望して寄付された方に、領収書を発行いたします。

※寄付金控除について:当法人は認定NPO法人などの寄付金控除団体ではありませんので、寄付金控除の対象外です。ご注意ください。
※手続き完了後の発行や再発行はできません。
※当法人からの領収書発行時期:毎年2月頃に、前年1年分(1月1日~12月31日)を発行いたします。
※領収書の日付は、お客様の寄付手続き日ではなく、当法人への入金が完了した日(原則として寄付手続き日の翌月末日頃)です。
※Vポイントによるご寄付の場合は、領収書発行の対象外ですのでご留意ください。

詳しくはヘルプページをご参照ください。

領収書に関するお問い合わせは、下記までご連絡ください。

<お問い合わせ先>
特定非営利活動法人SET
電話:0192-47-5747
メールアドレス:set.forjapan@nposet.com
お問い合わせフォーム

寄付金の使いみち

皆さまからのご寄付は、当法人の以下のような事業・活動に大切に活用させていただきます。

1.経済的に参加が難しい方への奨学金制度の整備や体験プログラムの開発にかかる費用
2.より多くの対象者に、確かな客観的なデータを元にアプローチできるための広報施策と調査のための費用
3.現場運営の職員がより現場業務に集中できるためのバックオフィス運営体制構築の費用

「2022年度活動報告書」(PDF)

"#2023.311"

活動情報

更新日:2024/05/10

【プロジェクト実績】
・2023年4月:第8期実施 4名参加
・2022年4月:第7期実施 10名参加
・2021年4月:第6期実施 5名参加
・2020年10月:第5期実施 7名参加
・2020年4月:第4期実施 12名参加
・2019年4月:第3期実施 11名参加
・2018年4月:第2期実施 5名参加
・2018年4月:第2期実施 5名参加
・2017年10月:第1期実施 4名参加
累計58名参加
※うち、33名がその後1年以上の滞在。21名が定住。

【課題の認知拡大に関する実績】
・2023年10月
「若者の権利と若者政策」出版(編集:宮本みち子氏)

・2023年6月
岩手朝日テレビにて特集

・2022年10月
共著「フォルケホイスコーレのすすめ」出版

・2022年9月
岩手朝日テレビにて特集

・2022年6月
日本NPO学会 第24回研究大会にて投稿
「成人期への移行における人生再考の場〜陸前高田市での日本型フォルケホイスコーレ活動を事例に〜 」(PDF)
※38ページが該当

※当募金ページに記載の内容については、プロジェクトオーナーが責任を負っており、LINEヤフー株式会社が責任を負うものではありません。詳しくは免責事項をご覧ください。
※本ページの「プロジェクト概要」「活動情報」「寄付金の使いみち」に掲載のリンクは、外部サイトに移動します。

寄付総額
134,080
寄付人数
393
毎月の継続的な応援が大きな支えになります。

※寄付をするには Yahoo! JAPAN IDの取得(無料)が必要です。

  • Vポイント
    Vポイントを使って1ポイントから寄付できます。
Yahoo!ウォレット
クレジットカードで100円から寄付できます。

プロジェクトオーナー

[特定非営利活動法人SET]の画像
特定非営利活動法人SET

東日本大震災を機に、2011年3月13日より活動を始めました。
陸前高田市広田町を拠点に、都市部の若者と地域住民の交流を生み、両者をエンパワメントする町づくりを開始しました。具体的には、1週間の地域づくりインターンシップや、地元中高生向けキャリア教育事業、修学旅行民泊の誘致をこれまで行ってきました。人口3,000人の町で、約800人の地域の方に関わっていただいています。

現在は、当該プロジェクトであるデンマークと連携した若者のための学び舎事業に加え、岩手県の他自治体(岩手町、葛巻町)にも拠点を置き、ユースセンター事業や関係人口創出事業、自治体職員研修なども各自治体と協力しながら行っています。

この団体に関連するプロジェクトはこちら

領収書発行について

このプロジェクトでは1回3,000円以上の寄付から領収書の発行が可能です。
※クレジットカードでの寄付に限ります。詳しくはヘルプページをご参照ください。

団体のプライバシーポリシー

特定非営利活動法人SETのプライバシーポリシーは、https://set-hirota.com/privacy_policy/をご覧ください。
 
なお、Yahoo!ネット募金に関し、LINEヤフー株式会社より提供を受けた個人情報については、次の目的の範囲においてのみ利用します。
・ 寄付金に関する領収書の送付(当団体がYahoo!ネット募金での寄付者に対して領収書発行を行う場合)
以上

Facebookコメントで寄付先への応援をお願いします

記入された応援のコメントは、寄付先団体およびYahoo!ネット募金の広報・宣伝活動(記者会見やプレスリリースでのご紹介等を含む)に 使用させていただく場合がございます。
ご了承の上、コメントを記載いただきますようお願いいたします。(2020年9月23日追記)

※本コメント機能はMeta Platforms Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してLINEヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  • Facebookでシェアする
  • X(旧Twitter)でシェアする

注目のプロジェクト