福島から、どんな高校生も幸せが感じられる居場所をつくる
(未来の準備室)

寄付受付開始日:2023/02/17

  • 領収書あり
[福島から、どんな高校生も幸せが感じられる居場所をつくる (未来の準備室)]の画像
"高校生びいきの古民家カフェ"EMANONから、福島の高校生に居場所と機会、つながりを届ける仕組みづくりに挑戦しています

一般社団法人未来の準備室

プロジェクト概要

更新日:2024/05/10

地方高校生のキャリアの可能性も、地域の課題解決も諦めない。わたしたちのビジョンは「わたしと、わたしの大切な人の幸せが実現する未来」です。

東日本大震災で大きな被害を受けた福島県。その復興は、震災前の課題を解決する創造的なものにしたいと考えました。

活動拠点である東北の玄関口・白河市には大学がありません。生まれ育った地域を進学とともに離れる高校生。地域に暮らす最後の3年間である高校時代に、お金を気にせずに自由に滞在でき、人生のロールモデルとなる世代と出会い、自分自身の興味や関心で地域と関わることができる、そんな居場所を目指して立ち上げたのが「コミュニティ・カフェ EMANON」です。

年齢の近いスタッフ:ユースワーカーが、親でも教員でもない第3の大人として高校生と関わります

2016年3月の正式オープンから、これまでにのべ2,500人超の学生がこの居場所を利用。自分が大切にしたいものに気づき、地域での経験を進学や就職に生かして卒業していった若者たちがいます。

いまでは大学生や若手社会人のロールモデルとして、現役の高校生を支える存在になる、そんな循環も生まれています。座席数30程度、地域にある小さな古民家カフェでの取り組みですが、いまでは福島県内の公立高校にも地域での活動の重要性が認められ、協働しながら「総合的な探究の時間」の授業づくりに取り組んでもいます。

地域を舞台に、さまざまな高校生のプロジェクトが生まれています。写真は白河駅ジオラマ展示の様子です。

それでも、白河市や福島県すべての高校生に、「自分が地域に居ても良い」「わたしも誰かの役に立てる」と実感してもらうには至っていません。わたしの幸せってなんだろう? わたしが大切にしたい人はどんな人だろう? カフェの利用が可能な高校生だけではなく、あらゆるバックグラウンドを持った高校生がアクセスできる仕組み・プラットフォームを作りたいと考えています。

現在新たに構築している、ユース世代のためのボランティアセンター【うずうず】では、「やりたいことをやってみようと言われても戸惑ってしまう……」そんな高校生でも、地域の中で誰かの役に立つことができる! と実感できるボランティアプログラムを提供することを目標にしています。

どんな高校生にも、地域で自分の居場所を実感できる仕組みづくりに取り組みます

■領収書の発行について
1回3,000円以上のクレジットカードによるご寄付で、領収書の発行を希望して寄付された方に、領収書を発行いたします。

※寄付金控除について:当法人は寄付金控除団体ではありませんので、寄付金控除の対象外です。ご注意ください。
※手続き完了後の発行や再発行はできません。
※当法人からの領収書発行時期:当法人への入金が完了した日(原則として寄付手続き日の翌月末日頃)の翌月末頃に発行いたします。
※領収書の日付は、お客様の寄付手続き日ではなく、当法人への入金が完了した日(原則として寄付手続き日の翌月末日頃)です。
※Vポイントによるご寄付の場合は、領収書発行の対象外ですのでご留意ください。

詳しくはヘルプページをご参照ください。

領収書に関するお問い合わせは、下記までご連絡ください。

<お問い合わせ先>
一般社団法人未来の準備室
電話:0248-57-4067
メールアドレス:staff@junbishitsu.jp

寄付金の使いみち

皆さまからのご寄付は、高校生と地域が出会うボランティアのマッチングプラットフォーム「うずうず」設立に向けた実証実験・制度設計に掛かる費用および運営資金として、大切に活用させていただきます。

プラットフォームの運営のためには、
●地域団体・地域企業のニーズ把握に動くコーディネーター
●高校生に向けた効果的な情報発信や、高校教員や保護者との意見交換、高校生の学びを最大化するための振り返りの設計などを担うユースワーカー
●高校生の活動の実態やその意義を発信する広報担当
など、高校生の経験と学びを支える専門職の人件費が必要です。

上記人件費と、マッチングと情報発信の基盤となるウェブサイトの運営を継続する管理運営費などに、寄付金を活用させていただきたいと考えています。

高校生と地域のマッチングプラットフォーム「うずうず」公式サイト

"#2023.311"

活動情報

更新日:2024/05/10

高校生と地域をつなぐ、マッチングプラットフォーム「うずうず」のウェブサイトを公開しました!(2023年3月9日更新)

何かやってみたいという「うずうず」した気持ちが高校生の中に生まれる瞬間は、なんといっても手触り感のある地域社会のリアルな現場にあります。
まず地域に飛び込んでみて、やってみる。そうして、自分自身の気持ちに気がつく。

地域と高校生の幸せな出会いを仕組みにするプラットフォームが、これから動き出します!

現在、開設した仕組みを高校生・地域の方・学校教員に周知するべく、シンポジウムやSNSでの告知を予定しています。
地域の方には「力を貸してほしい」の声を、高校生には「やってみたい」の声を出してもらうことが、このプラットフォーム「うずうず」の始動には必要不可欠です。

ぜひ、寄付者のみなさまにも「うずうず」のことをシェアいただけたら嬉しいです。

「うずうず」では、地域と高校生の声を集めつつ、実際に行ったボランティアのレポートなども掲載していく予定です。
高校生の活動から見えてくる白河地域の魅力と課題も、お知らせできればと思います。

ユースボランティアセンター「うずうず」設立までの実証実験・制度設計に取り組んでいます(2023年2月17日更新)

「うずうず」はウェブサイトを通じて、ボランティアしてみたい高校生と、高校生の力を借りたい地域をつなぐプラットフォームです。

実際に地域での活動がどのように高校生の学びにつながり、地域の課題解決につながるのか、約1年間をかけて実証実験をおこなっています。

ユニバーサルスポーツ親子体験の支援ボランティア
まちなかのボルダリングジムの清掃のボランティア

大学のない地域では、20歳代でボランティアを余暇活動にする人口が少ないため、高校生ボランティアが活躍する場面は多岐にわたります。教育や子育てといった対人分野から、農業やまちづくりといった身体性を伴うものまでさまざまです。

マッチングシステムについての意見交換ワークショップ

高校生にとってアクセスしやすく、意欲につながるウェブサイトのデザインを実現するために、デザイナーとのワークショップもおこなっています。ボランティア経験に取り組んだ動機や、実際に体験してみて学んだ内容などを振り返りながら、次の高校生が参加しやすくなる仕組みについて、当事者の高校生と意見交換を繰り返しています。

※当募金ページに記載の内容については、プロジェクトオーナーが責任を負っており、LINEヤフー株式会社が責任を負うものではありません。詳しくは免責事項をご覧ください。
※本ページの「プロジェクト概要」「活動情報」「寄付金の使いみち」に掲載のリンクは、外部サイトに移動します。

寄付総額
115,416
寄付人数
412
現在の継続寄付人数:1
毎月の継続的な応援が大きな支えになります。

※寄付をするには Yahoo! JAPAN IDの取得(無料)が必要です。

  • Vポイント
    Vポイントを使って1ポイントから寄付できます。
Yahoo!ウォレット
クレジットカードで100円から寄付できます。

プロジェクトオーナー

[一般社団法人未来の準備室]の画像
一般社団法人未来の準備室

福島県白河市を拠点に活動する一般社団法人。
2015年に事業を開始した"高校生びいきの古民家カフェ"こと、「コミュニティ・カフェ EMANON」での実践を核に、キャリア教育やまちづくり、地方創生の分野で事業を行っています。高校生世代が抱える課題と、首都圏の周縁地域である福島県が抱える課題、少子化の進む白河市の旧市街や農村地域の課題。一人一人のウェルビーイングの実現も、地域全体の課題もどちらの解決も目指すコミュニティーづくりに取り組んでいます。高校生に向けた独自の教育プログラムの提供のほか、自治体や県立高校との協働事業を行っています。

この団体に関連するプロジェクトはこちら

領収書発行について

このプロジェクトでは1回3,000円以上の寄付から領収書の発行が可能です。
※クレジットカードでの寄付に限ります。詳しくはヘルプページをご参照ください。

団体のプライバシーポリシー

一般社団法人未来の準備室(以下、当法人と称する)は、個人情報の重要性を認識し、個人情報に関する法規制等の精神に則り、当法人の社会的責任として、下記の方針に従って適切な取り組みを行ってまいります。
 
1.個人情報のご提供
当法人では、ご入会、ご寄付、セミナーやボランティア活動にご参加いただく際、また資料請求、お問い合わせをいただく際に、ご本人の同意に基づき、公正な手段を用い、目的の達成に必要な範囲内で皆様から個人情報をご提供いただきます。 
 
2.個人情報の定義、個人情報の収集
「個人情報」とは、個人に関する情報のうち、氏名、生年月日、電話番号、住所などの当該個人を特定することができる情報(当該情報だけでは個人が特定できなくても他の情報と容易に照合することで特定できるものを含みます)を言います。
当法人は、利用者の皆様から個人情報を収集する際は、あらかじめその目的、利用内容をお知らせしたうえで、個人情報の収集をいたしております。
 
3.個人情報の利用
ご提供いただいた個人情報は当法人のミッションに基づき、以下の目的のために使用します。
 
寄付金に関する領収書の送付
 
4.個人情報の第三者への開示
当法人では、ユーザーの皆様の個人情報に関して、ご本人の同意を事前に得た場合を除いて、原則として第三者への開示はいたしません。ただし、以下の場合は除きます。
 
利用者本人が事前に開示に同意した場合
法令に基づき開示の要請がある場合
人の生命、身体または財産の保護のために開示の必要があり、本人の同意を得ることが困難である場合
その他、「3.個人情報の利用」を実施するにあたり、当法人が必要と判断した場合 なお、第三者への提供を行う場合、該当第三者に対しては、該当個人情報の適切かつ厳重な管理を求めてまいります。
 
5.法令の遵守
当法人は、関連する各種法令又は規範を遵守し、皆様の個人情報の管理運用体制を適宜見直し、改善していくよう努めます。なお、この個人情報保護方針に関して変更が生じた場合には、当サイトにて公表いたします。

Facebookコメントで寄付先への応援をお願いします

記入された応援のコメントは、寄付先団体およびYahoo!ネット募金の広報・宣伝活動(記者会見やプレスリリースでのご紹介等を含む)に 使用させていただく場合がございます。
ご了承の上、コメントを記載いただきますようお願いいたします。(2020年9月23日追記)

※本コメント機能はMeta Platforms Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してLINEヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  • Facebookでシェアする
  • X(旧Twitter)でシェアする

注目のプロジェクト