IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【緊急】BEAT THE COVID-19 食糧配布支援活動 in Ghana
(認定特定非営利活動法人Doooooooo)

寄付受付開始日:2020/09/25

  • 領収書あり
[【緊急】BEAT THE COVID-19 食糧配布支援活動 in Ghana (認定特定非営利活動法人Doooooooo)]の画像
配布した食糧の入った紙袋を頭に乗せ、お家に向かうお母さんたち

特定非営利活動法人DO

プロジェクト概要

更新日:2021/01/28

【目標10万人】生き抜くための食糧と衛生管理物資をアフリカへ

世界中へと感染が広がった新型コロナウイルス(COVID-19)。アフリカ大陸においても感染者数が2020年8月に100万人を突破、中でもガーナはアフリカで最も感染が深刻な国の一つとなり、ロックダウン(都市封鎖)も実施されました。経済活動も制限され、生活に困窮した彼らの"今"を救うため、私たちは毎週貧困地域に出向いて食糧配布支援を行っています。

各家庭ごとに主食となるお米、パスタやトマト缶などを詰め合わせ
一つ一つ心のこもった支援を手渡しで現地スタッフが配布しています

ガーナではインフォーマルセクターと呼ばれる日銭を稼いで生活している人々が人口の8割を占めます。今回の新型コロナウイルス感染拡大により、人と物の移動が制限され経済は悪化。今日食べるご飯がない。過酷な現状が存在します。

ご飯もない、マスクも消毒液もない、過酷な環境で必死に生き抜いている彼らの力に少しでもなりたい。今を生き抜くために、何ができるのか。

私たちは"今"できることを現地のメンバーと話し合い、彼らの今を守るため、2020年5月に食糧および衛生管理物資の配布支援を現地の貧困地域にて行うBEAT THE COVID-19 PROJECTを立ち上げました。毎週1週間分の食糧を100家庭分配布しています。これまで15回以上、4万人を超えるガーナ の人々に支援物資を配布してきました。

しかし、まだまだ現地はたくさんの命をつなぐために支援が必要な状況です。

配布時に衛生管理教育も実施、自分自身を守る術を指導しています

あふれる笑顔、感謝の言葉、この笑顔の連鎖を未来へ

この途方もない戦いに打ち勝つために、私たちが出来ること。ほんの小さな気持ちでも現地の人たちを救うためのアクションを続けることだと思っております。

私たちは10万人への支援を目標にしています。あふれる笑顔、感謝の言葉、この笑顔の連鎖を今後も毎週、新型コロナウイルスが収束を迎えるまで私たちは活動を続けていきます。

皆様のお力が必要です。

私たちは彼らに寄り添い、ともに未来を変えていきたいと思っています
この活動を現地スタッフも誇りに思って取り組んでくれています
支援活動を通じて出会う現地の子どもたちの笑顔

■領収書の発行について
2020年10月16日(金)10時以降のご寄付分より、領収書の発行が可能です。
1回3,000円以上のクレジットカードによるご寄付で、領収書の発行を希望して寄付された方に、領収書を発行いたします。
手続き完了後の発行や再発行はできません。
領収書の日付は、お客様の寄付手続き日ではなく、ヤフー株式会社から当団体への入金が完了した日(原則として寄付手続き日の翌月末日頃)です。
詳しくはヘルプページをご参照ください。
領収書に関するお問い合わせは、下記までご連絡ください。

<お問い合わせ先>
認定特定非営利活動法人Doooooooo・Yahoo!ネット募金係
メールアドレス: info@doooooooo.org

寄付金の使いみち

食糧、消毒液、マスクの無償配布を行います。毎週木曜日に1週間分の食糧および衛星管理支援物資を100家族、1,000人以上に、一つ一つ手渡しで届けています。寄付金額によって現地で可能となる支援内容については、以下をご覧ください。

【寄付金額によって可能となる支援内容】
1,000円:
3名に対して 消毒液250ml、マスク2枚を届けることができます
3,000円:
10名に対して 肉、魚、お米がセットになったランチボックス+水を届けることができます
10,000円:
5名に対して お米5キロ、1リットルのオイル、トマト缶2缶、魚の缶詰5缶、消毒液250ml、マスク5枚を届けることができます
50,000円:
25名に対して お米5キロ、1リットルのオイル、トマト缶2缶、魚の缶詰5缶、消毒液250ml、マスク5枚を届けることができます
100,000円:
50名に対して お米5キロ、1リットルのオイル、トマト缶2缶、魚の缶詰5缶、消毒液250ml、マスク5枚を届けることができます

#新型コロナウイルス緊急支援
#新型コロナウイルス支援_海外

活動情報

更新日:2021/01/28

BEAT THE COVID-19 PROJECT 活動のご報告

これまでYahoo!ネット募金の当プロジェクトを通し、800名を超える皆様にご参加いただき、誠にありがとうございます。

新型コロナが引き続き猛威をふるう中、われわれの日本の現地との行き来も以前よりしづらい状況となっています。しかし、その中でも現地チームの頑張りもあり、おかげ様で継続して支援を届け続けさせていただいております。

当プロジェクトでは10万人を支援する目標を掲げておりますが、現時点で26回、7万人以上への支援を実施させていただきました。

皆様に現地で支援を受け取られた方々の笑顔や、現地の様子をお届けしたく、2020年9月に実施した配布活動のご報告、動画を製作させていただきましたので、ご覧いただけますと幸いです。

【第16回 食糧支援配布活動報告】
2020年9月、ガーナ・首都アクラのNima地区にてBEAT THE COVID-19 食糧支援活動を実施いたしました。

新型コロナウイルス感染の影響でガーナへの入国ができないまま半年が過ぎ、9月から国境が開くとの報告を受け、半年ぶりのガーナへ。
現地メンバーだけでスタートした食糧配布支援。
日本から遠隔で指示していたので現地での状況を勝手に分かった気になっていた自分が情けなくなるほどに、現場は壮絶でした。

食糧支援を安全かつ無事に実施するために2週間前から幾度となく繰り返される打ち合わせ。
当日も1人ずつに手渡しで何時間もかけて配布を行います。
われわれが訪れたNima地区はイスラムの人たちが多く住み、その生活環境は本当に壮絶なものでした。

しかしみんなが手を取り合い、助け合い生きていく姿。
そして厳しい状況下でも笑顔を忘れずに、大きく手を広げたハグでわれわれを受け入れてくれ、心からここに支援に来れてよかった。と、日本で支援してくださっている皆様に心から感謝いたしました。

最新の活動のご報告はFacebook、Instagram、Twitterなど、各種SNSでもご覧いただけます。
以下リンク集よりご覧くださいませ。

【NPO Doooooooo リンク集】

引き続きご支援の程、よろしくお願いいたします。

2020年9月にNima地区にて実施した配布活動の様子

BEAT THE COVID-19 PROJECT 活動のご報告(2020/12/11更新)

世界的に新型コロナによる危機が長期化していますが、途上国では医療インフラが整っていないエリアも多いことから、なかなか実態を把握することも難しく、国による支援も行き届きづらい状況が続いています。

今月、国連貿易開発会議(UNCTAD)は後発途上国の貧困は過去30年で最も深刻な状況であり、1日1.9ドル(約198円)未満の極貧状態で生活する極貧率は32.5%から35.7%以上に上昇する見通しを発表しました。その約2/3はアフリカ諸国が占めています。

われわれが支援活動を行っているガーナも貧困問題がより深刻化しており、ロックダウン解除後も経済がなかなか回復しないことから、職を失い、飢餓により失われる命があとを断ちません。

この状況を受け、私たちは引き続きBEAT THE COVID-19 PROJECTを通じて食糧・衛生物資の配布を継続させていただいております。

2020年11月にクマシで実施した食糧・衛生管理物資配布支援活動の様子

先日はガーナのクマシという地域で配布活動を実施いたしました。
クマシにはスケートサッカーという障害者スポーツのチームがあります。
スケートボードのような道具に乗ってサッカーをするスポーツで、プレーヤーの多くが脚に障害を持っています。
アフリカでは盛んなスポーツで、プロとなって生計を立てることを夢見て多くのプレーヤーが練習に励んでいます。
しかし、われわれが交流を持つこのクマシのチームは企業から提供されていた練習場が新型コロナの影響を受け無くなってしまいました。練習もできず、9.5割のメンバーが物乞いをして生きています。

この途方もない戦いに打ち勝つために、私たちが出来ること。ほんの小さな気持ちでも現地の人たちを救うためのアクションを続けることだと思っております。
当プロジェクトでは10万人への支援を目指しており、これまで約5万人への配布を実施させていただきました。

活動のご報告はFacebook、Instagramでもご覧いただけます。

Facebook
Instagram


引き続きご支援の程、よろしくお願いいたします。

配布した食糧を受け取ったスケートサッカーチームのみなさん
2020年5月にアクラのスケートサッカーチームに支援を行った際の様子

この途方もない戦いに打ち勝つために、私たちが出来ること。ほんの小さな気持ちでも現地の人たちを救うためのアクションを続けることだと思っております。
当プロジェクトでは10万人への支援を目指しており、これまで約5万人への配布を実施させていただきました。

活動のご報告はFacebook、Instagramでもご覧いただけます。

Facebook: https://www.facebook.com/NPODoooooooo
Instagram: https://www.instagram.com/npo_doooooooo/?hl=ja

引き続きご支援の程、よろしくお願いいたします。

メディア出演のお知らせ

2020年10月1日(木)14:40~15:00放送のEテレ・NHK高校講座 家庭総合「自分の消費で社会を変える」にてNPO DooooooooおよびCLOUDYについてご紹介いただきます。代表の銅冶も出演いたしますので、ぜひご覧くださいませ。

支援活動を通じて出会ったクマシの子どもたち
認定NPO法人 Doooooooo 代表理事 / 株式会社DOYA 代表取締役社長 銅冶勇人

NHK高校講座 番組ホームページ

NPO DooooooooはアパレルブランドCLOUDYと連携し、持続可能な支援の仕組みづくりに取り組んでいます。CLOUDYの売上の一部はNPO Dooooooooを通じて現地の教育・雇用・健康支援のための資金として現地に還元されます。

CLOUDY 公式ホームページ

当プロジェクト(BEAT THE COVID-19食糧配布支援活動)との関連では、現地の自社工場で生産したマスクを日本で販売、その売上の全額をNPO Dooooooooを通じて活動資金に充てさせていただいております。

CLOUDY Instagram

CLOUDYで販売のマスクの売上収益は全額支援資金に

番組を通じてより当法人の活動について知っていただけますと幸いです。

#NHK高校講座 #Doooooooo #cloudytokyo

※当募金ページに記載の内容については、プロジェクトオーナーが責任を負っており、ヤフー株式会社が責任を負うものではありません。詳しくは免責事項をご覧ください。
※本ページの「プロジェクト概要」「活動情報」「寄付金の使いみち」に掲載のリンクは、外部サイトに移動します。

寄付総額
669,870
残り日数
あと22
2021/03/25 18:00 まで
寄付人数
879

※寄付をするには Yahoo! JAPAN IDの取得(無料)が必要です。

  • T-point
    Tポイントを使って1ポイントから寄付できます。
Yahoo!ウォレット
クレジットカードで100円から寄付できます。

プロジェクトオーナー

特定非営利活動法人DO

認定特定非営利活動法人Doooooooo

Dooooooooは2010年に設立された認定特定非営利活動法人です。ケニアのスラムに住む子どもたちの教育支援から始まり、現在ではガーナに学校を建設し教育機会の創出を、工場を建設し雇用機会の創出を、給食提供や性教育を通して健康の増進をしています。
「動こう」をスローガンに、教育・雇用・健康を軸にアフリカへのアクションをつづけています。

この団体に関連するプロジェクトはこちら

領収書発行について

このプロジェクトでは1回3,000円以上の寄付から領収書の発行が可能です。
※クレジットカードでの寄付に限ります。詳しくはヘルプページをご参照ください。

団体のプライバシーポリシー

特定非営利活動法人DOのプライバシーポリシーは、http://npo-doooooooo.org/privacy/をご覧ください。
なお、Yahoo!ネット募金に関し、ヤフー株式会社より提供を受けた個人情報については、次の目的の範囲においてのみ利用します。
・寄付金に関する領収書の送付(当団体がYahoo!ネット募金での寄付者に対して領収書発行を行う場合)
以上

Facebookコメントで寄付先への応援をお願いします

記入された応援のコメントは、寄付先団体およびYahoo!ネット募金の広報・宣伝活動(記者会見やプレスリリースでのご紹介等を含む)に 使用させていただく場合がございます。
ご了承の上、コメントを記載いただきますようお願いいたします。(2020年9月23日追記)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

メルマガの配信登録/解除はこちら

注目のプロジェクト