IDでもっと便利に新規取得

ログイン

寄付の受付は終了しました。
合計で1,727,925円のご支援をいただきました。多くのご支援、ありがとうございました。

肥薩おれんじ鉄道
大雨災害復旧応援募金

寄付受付開始日:2020/08/19

  • 領収書なし
[肥薩おれんじ鉄道 大雨災害復旧応援募金]の画像

肥薩おれんじ鉄道株式会社

プロジェクト概要

更新日:2021/07/09

1日も早い復旧に力をお貸しください

令和2年7月4日の豪雨により被災されました多くの皆様方に心よりお見舞い申し上げます。

弊社におきましても、線路への土砂流入や土砂崩れなどにより甚大な被害が発生し、八代~佐敷間は、当分の間、運休せざるを得ない状況となっております。
復旧作業の進捗(しんちょく)状況に応じまして、順次、運行区間を拡大してまいる予定ではおりますが、復旧にかかる費用は国や自治体からの助成を除いても、かなりの金額になることが予想されます。

私たち地域の鉄道を守るものとして、身を奮い立たせてこの難局を乗り切る決意で、日々の業務に取り組んでおります。
ご利用のお客様のためにも1日も早く復旧させるため、皆様のお力添えをいただけましたら幸甚です。

寄付金の使いみち

皆様にいただきましたご寄付は、令和2年7月大雨災害による災害復旧に関わる費用として活用させていただきます。
また、復旧後の誘客に関わる弊社PR活動に充てさせていただきます。

#令和2年7月大雨災害

活動情報

更新日:2021/07/09

ご支援をいただいた皆様へ

令和2年7月の豪雨では線路など92ヵ所で土砂の流入、レールや枕木の流出、電気設備までも被災し、一部区間においては運行の見通しが立たない状況でした。
多くの皆様からの貴重なご支援、温かい励ましと関係機関のご協力により約4か月後の令和2年11月1日に全線での運行再開を果たすことができました。本当にありがとうございました。

一部区間においては、現在も復旧工事を継続しており、完全復旧に向けて工事も順調に進んでいます。

令和2年11月1日全線運行再開イベントでの出発式
佐敷トンネル付近の被災直後
佐敷トンネル付近の現在の様子
球磨川橋りょうの被災直後
球磨川橋りょうの現在の様子

新型コロナ感染症拡大の影響により、依然として観光・旅行等を取り巻く環境は厳しい状況にありますが、新型コロナを克服する日がやってきたその暁には、八代海と東シナ海の美しい海岸線と夕日を眺めに、ぜひ肥薩おれんじ鉄道をご利用ください。社員一同、お待ち申し上げております。

天気が良い日は素晴らしいオレンジ色の夕日も見られます

※当募金ページに記載の内容については、プロジェクトオーナーが責任を負っており、ヤフー株式会社が責任を負うものではありません。詳しくは免責事項をご覧ください。
※本ページの「プロジェクト概要」「活動情報」「寄付金の使いみち」に掲載のリンクは、外部サイトに移動します。

寄付総額
1,727,925
寄付人数
2,737

※寄付をするには Yahoo! JAPAN IDの取得(無料)が必要です。

  • T-point
    Tポイントを使って1ポイントから寄付できます。
Yahoo!ウォレット
クレジットカードで100円から寄付できます。

プロジェクトオーナー

肥薩おれんじ鉄道株式会社

熊本県と鹿児島県、そして沿線の10市町など(当時)が出資し、第三セクター鉄道会社として平成16年3月13日に運行を開始いたしました。
名前の「肥薩おれんじ鉄道」は、今も故郷への愛着を込めて呼ばれている旧国名肥後と薩摩の頭文字と、風光明媚(ふうこうめいび)な海岸線が連なる甘夏みかんなど柑橘(かんきつ)類の産地を走る鉄道をイメージして名付けられました。
肥薩おれんじ鉄道は、熊本県と鹿児島県両地域の人々のふれ合いや愛を結ぶための、安全で安定した輸送手段として、また、地域に密着した観光や産業の活性化の役割を担い続ける鉄道として運行しております。

この団体に関連するプロジェクトはこちら

領収書発行について

このプロジェクトでは領収書の発行をおこなっておりません。

Facebookコメントで寄付先への応援をお願いします

記入された応援のコメントは、寄付先団体およびYahoo!ネット募金の広報・宣伝活動(記者会見やプレスリリースでのご紹介等を含む)に 使用させていただく場合がございます。
ご了承の上、コメントを記載いただきますようお願いいたします。(2020年9月23日追記)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

メルマガの配信登録/解除はこちら

注目のプロジェクト