IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【寄付が2倍】#創発マザー募金
新型コロナと戦う医療現場や地域コミュニティーの方々へ資金的支援を

寄付受付開始日:2020/05/18

  • 寄付額2倍
  • 領収書あり
[【寄付が2倍】#創発マザー募金 新型コロナと戦う医療現場や地域コミュニティーの方々へ資金的支援を]の画像
新型コロナ対応の医療現場は過酷な環境であり、また、商店街は訪れる人もまばらで存続の危機にさらされています

一般財団法人創発プラットフォーム

プロジェクト概要

更新日:2020/05/21

みなさまのご支援を「(一財)村上財団」が2倍に

このプロジェクトは、皆さまの寄付と同額を「村上財団」が寄付する、マッチング寄付が適用されます。村上財団からの寄付金上限は、本プロジェクトと、READYFOR株式会社で実施中のクラウドファンディングと合わせて、3,000万円です。
※本ページ上の寄付総額にはマッチング寄付分は含まれておりません。

創発マザー募金は、過酷な環境で医療に従事する方々や、急激なビジネス環境悪化に立ち向かおうとしている方々、育児や高齢者ケアをしたいけれど十分できない方々など、さまざまな分野で戦っている方々を資金的に支援するための募金です

【コロナ禍には政府や自治体だけでは立ち向かえません】

新型コロナウイルスは、当初の予想以上に広くまんえんし、人々の命だけでなく経済活動や生活を脅かしています。
こうした時に、政府や自治体の対策と支援が重要であることは論を待ちませんが、他方、私たち、民間の個人や組織が「何ができるか、何をすれば、この困難を乗り切れるか」を、できる範囲で考え、実行することも同じくらい重要な筈だと考えてこのプロジェクトを立ち上げました。

このプロジェクトは、皆様からいただいた寄付を「マザー募金」として、以下の「重点分野」で、自分たちでプロジェクトを立ち上げて、コロナと戦っている方々に資金的な支援を行います。

【重点分野-1】医療現場での危険業務従事者への支援
医療現場で、コロナと戦う方々を支援するようなプロジェクトを応援します。
危険手当の支給、医療用品の不足解消、食事や休憩の支援などのプロジェクトを想定しています。

医療現場は、危険と隣り合わせ。精神的にも疲弊し、物資等も不足しています

【重点分野-2】疲弊した商店街や飲食店の支援
コロナ禍が去ったとしても、経済が疲弊から回復するには時間がかかります。
こうしたビジネス環境に負けないために、従来の枠組を越えて商店街や飲食店、あるいは住民の方々が団結してコミュニティーを活性化させようとするプロジェクトを応援します。

今や、日本各地の商店街や飲食店が崩壊の危機にひんしていますが、これを乗り越えようと頑張っている人たちもたくさんいます

【重点分野-3】コミュニティーの子供ケアや高齢者ケア
在宅を余儀なくされたり、さまざまな大会・イベントが中止されてうっくつをかかえる子供たちや高齢者が少なくありません。
こうした人々を、IT技術などを用いて、Cheer Upするようなプロジェクトを応援します。

【重点分野-4】文化・芸術など支援
演芸や興行の自粛。中止で、生活苦に陥っているアーティストや演芸関係者を応援するようなプロジェクトを支援します。

家に閉じこもらざるを得ない子供や高齢者にとって、ネットの新しいツールを提供することで世界が開ける可能性があります

支援までの流れ
この「創発マザー募金」は、私どもが受け取った寄付と村上財団からのマッチング資金を原資として、コロナ禍に対抗するために自主的に立ち上げておられる地域の商店街・飲食店等のコミュニティー再生プロジェクトや、医療現場の支援プロジェクト、苦闘する芸能やスポーツ支援のプロジェクトなどに対して、皆さんが自ら集めた寄付金額に応じて原資を按分していく予定です。

(1)全体で5~10のプロジェクトに支援する予定です。
(2)支援を希望するプロジェクトは(財)創発プラットフォームが用意する申請フォームから登録を行っていただきます。
申請フォームはこちら
(3)登録に当たっては、プロジェクト概要に記載した、医療従事者支援、商店街・飲食店などコミュニティー支援、子供・高齢者のケアなどのプロジェクトが優先されます。
(4)登録申請された月の翌月初2週間以内に、採択の可否について創発プラットフォームからご連絡します。
(5)登録プロジェクトが自力で集めた支援金を踏まえて、当方から支援を実行します。(支援額は、1000万円程度が上限となる予定です)

寄付金の使いみち

寄付金はプロジェクト概要に揚げた、医療現場や地域コミュニティー等、さまざまな分野で活動をしているプロジェクトへの支援金として使用します。

詳しい使途は、決定次第この募金ページのほか、当団体のホームページ等にてご報告いたします。

#新型コロナウイルス緊急支援

※当募金ページに記載の内容については、プロジェクトオーナーが責任を負っており、ヤフー株式会社が責任を負うものではありません。詳しくは免責事項をご覧ください。
※本ページの「プロジェクト概要」「活動情報」「寄付金の使いみち」に掲載のリンクは、外部サイトに移動します。

寄付総額
625,999
目標金額
15,000,000
達成率4%
残り日数
あと220
寄付人数
440

※寄付をするには Yahoo! JAPAN IDの取得(無料)が必要です。

  • T-point
    Tポイントを使って1ポイントから寄付できます。
Yahoo!ウォレット アクセプタンスマーク

プロジェクトオーナー

一般財団法人創発プラットフォーム

一般財団法人創発プラットフォームがプロジェクトを実行します(代表理事 安延 申)

当財団は、産学官で実績を残してきた人々が設立し、国際問題から政治経済、歴史・文化、環境、企業経営、科学・技術など多岐にわたる分野での調査研究やプロジェクトを手掛けています。
今回のコロナ禍への対応は、若干、当財団の守備範囲よりも広いものですが、この国難の時に、官でも民でもない当財団の立ち位置を活かして必要な支援を行おうというものです。
当財団については、下記のURLからのリンク先をご参照ください。

この団体に関連するプロジェクトはこちら

領収書発行について

このプロジェクトでは1回3,000円以上の寄付から領収書の発行が可能です。
※クレジットカードでの寄付に限ります。詳しくはヘルプページをご参照ください。

団体のプライバシーポリシー

一般財団法人創発プラットフォームのプライバシーポリシーは、http://www.sohatsu.or.jp/?page_id=3をご覧ください。
なお、Yahoo!ネット募金に関し、ヤフー株式会社より提供を受けた個人情報については、次の目的の範囲においてのみ利用します。
・寄付金に関する領収書の送付(当団体がYahoo!ネット募金での寄付者に対して領収書発行を行う場合)
以上

Facebookコメントで寄付先への応援をお願いします

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

注目のプロジェクト