花と緑の力で石巻市雄勝町の復興に挑戦!(雄勝花物語)

寄付受付開始日:2020/02/25

  • 領収書あり
[花と緑の力で石巻市雄勝町の復興に挑戦!(雄勝花物語)]の画像
“花と緑の力で”、癒しの空間を提供するために

一般社団法人雄勝花物語

プロジェクト概要

更新日:2022/12/23

石巻市雄勝町中心部を花と緑で復興するために

雄勝花物語とは、2011年3月11日の巨大津波で壊滅した石巻市雄勝町を復興するために、“花と緑の力で”を合言葉に、私たち被災住民が立ち上げた復興プロジェクトです。

雄勝花物語の活動紹介(これまでの歩みと今後の展望)
2011年3月 津波で壊滅した雄勝町中心部(徳水利枝の実家跡地)

活動拠点は石巻市雄勝町中心部に造った雄勝ローズファクトリーガ―デンです。被災者が亡くなった人とつながる慰霊の場として、また被災者と支援者が交流する癒やしの場としてガーデンを運営するとともに、震災の教訓を伝える防災教育・語り部、写真掲示などの震災伝承活動も行っています。

2022年現在の雄勝ローズファクトリーガーデン

さらに災害危険区域に指定された中心部低平地を利活用するための石巻市が立案した官民連携事業「雄勝ガーデンパーク事業」を担う中心団体として活動しています。この活動では年間1,000人の企業社員研修などのボランティアのご支援の下、ガーデンとその周辺に花の植栽を行うとともに、「北限のオリーブ」の栽培を行っています。

ガーデンの植栽ボランティア作業風景です。

私たちの活動の目的は、花と緑の力で来訪者をあたたかく迎える癒やしの空間づくり、ならびに若者の雇用を生み出して600年の歴史を持つ雄勝町を後世に残すための持続可能なまちづくりです。オリーブ栽培では六次化によって若者の雇用創出を目指しています。

経営方針は、1.地域復興に貢献する会社経営と後継者の育成、2.地域課題の解決を自社の利益とするソーシャルビジネスを目指す、です。平たく言えば未来を担う子どもたちに食べていける仕事を提供し、持続可能な雄勝をつくることを目指しています。合言葉は“人とつながり希望を紡ぐ”です。雄勝の海と山の豊かな自然を生かした地域づくりの物語を紡ぐ仲間として、あなたもぜひ活動にご参加ください。

雄勝ローズファクトリーガーデン 〜人とつながり希望を紡ぐ〜 雄勝花物語
花と緑の力で笑顔になるために

寄付金の使いみち

寄付金は無料開放のガーデンの植栽・管理費として使わせていただきます。花木苗の購入費、肥料代、用土代などに活用します。

"#311企画これからもできること"
”#311いまわたしができること地域を応援”
”#311いまわたしができること防災災害復旧支援”
”#311寄付はチカラになる”

活動情報

更新日:2022/12/23

コロナ禍の下ではありましたが、Yahoo!ネット募金の皆様のご寄付とボランティアの皆様の協力によって、2022年度も支援活動を継続することができました。(2022年12月23日更新)

1 ガーデンの無料開放といやしの場の提供
Yahoo!ネット募金の皆様のご寄付とボランティアのご支援で維持管理を行っているガーデンは、2021年度も無料で開放してきました。

また茨城県ひたちなか市在住の松前孝志・美紀ご夫妻(蒙日音楽ユニット竹馬)による尺八・篠笛(しのぶえ)、二胡(にこ)・馬頭琴による被災者支援コンサートを春と秋に2回開催しました。
多くの来園者から花の色と香りとすてきな音楽によって、心身が癒やされるという感謝の声をいただきました。

震災遺構の大川小学校校舎から車で5分の距離にある本ガーデンは、大川小学校ご遺族の方々にも来園をいただいており、被災者の交流の場にもなっております。

以上のように、Yahoo!ネット募金の皆様のご寄付を活用させていただきながら、ガーデンを無料開放することができました。本当にありがとうございました。

松前夫妻コンサート(2022年10月22日)
演奏に聞き入る被災者の皆さん

2 「雄勝薬草園プロジェクト」の継続
2022年度は「薬草園プロジェクト」を継続しております。
このプロジェクトの目的は、西洋ハーブと和のハーブである薬草の見本園を造り、来園者に視覚・聴覚・嗅覚・触覚・味覚の五感を通して、ハーブと薬草に親しんでいただくためのものです。

面積約1,600平方メートルの薬草園の造成は、3か年計画で完成に至るプロジェクトです。ガーデン同様に無料開放とします。完成後はハーブや薬草を活用した健康茶や薬膳料理、摘み草料理、ダイエット用健康食材などの提供を見据えております。

さらに現在、若者をサポートする団体からの依頼を受けて、月1回の割合で生きづらさを抱えた若者たちの就労体験を受け入れています。真面目に働く若者たちと接していると、どうにかして常用雇用が可能となるように、「農福連携事業」にまで発展させていきたいと願っております。

このような目標を目指して、現在、「雄勝薬草園プロジェクト」に取り組んでいるところであります。下記のイラストで説明しますと、2022年度は「薬草(ハーブ)種類見本エリア」の造成作業をボランティアの皆さんと行いました。

ところで、この「雄勝薬草園プロジェクト」は、Yahoo!ネット募金の皆様のご寄付も活用させていただいて実施して参ります。
今後ともご支援のほどよろしくお願いいたします。

薬草園の造成(MDRTひまわり分会の皆様)
龍谷大学のボランティア活動の皆さん(2022年8月31日)

3 北限のオリーブの収穫
「北限のオリーブ」は、2017年から本格的に栽培を始めた自主事業です。このオリーブの栽培では、2022年度も多くのボランティアの皆さんに除草や堆肥入れ作業のご協力をいただきました。

2022年度はオリーブの実280kgの収穫がありました。そのうち250kgから15ℓのオイルを搾ることができました。100㎖瓶で150本のオイルを完売できました。採算性のある事業にするためには4倍の収量が必要です。若者が食べていける事業にまで育てて、若者に後継者になってもらうことを目指しています。

雄勝町に新しい生業をつくるまで、老体に鞭(むち)打って励んでいくつもりです。今後ともご支援よろしくお願いいたします。

オリーブの収穫(2022年10月30日)
収穫したオリーブの実

※当募金ページに記載の内容については、プロジェクトオーナーが責任を負っており、LINEヤフー株式会社が責任を負うものではありません。詳しくは免責事項をご覧ください。
※本ページの「プロジェクト概要」「活動情報」「寄付金の使いみち」に掲載のリンクは、外部サイトに移動します。

寄付総額
538,992
寄付人数
1,094
現在の継続寄付人数:2
毎月の継続的な応援が大きな支えになります。

※寄付をするには Yahoo! JAPAN IDの取得(無料)が必要です。

  • Vポイント
    Vポイントを使って1ポイントから寄付できます。
Yahoo!ウォレット
クレジットカードで100円から寄付できます。

プロジェクトオーナー

[一般社団法人雄勝花物語]の画像
一般社団法人雄勝花物語

代表:徳水博志&徳水利枝
雄勝花物語は、東日本大震災で母を亡くした徳水利枝が供養のために母が亡くなった実家跡地に花を一輪植えたことが始まりです。
2012年には瓦礫(がれき)の中に被災者を癒やす花畑を造り、2013年は専門家やボランティアの皆さんのご支援でローズガーデンを造りました。2017年にはNHK「明日につなげよう」という番組で、【奇跡のガーデン・雄勝花物語】として放映され、ご支援をいただいた全国の皆さんにご報告ができました。これからも無料ガーデンを維持していきます。ご支援をお願いいたします。
2016年グッド減災賞優秀賞
2017年緑の環境プラン大賞
2018年トルコ日本の光大賞特別賞
2019年復興大臣表彰
2020年環境省 みどり香るまちづくり入賞
2021年日本造園学会賞「事業・マネジメント部門」授賞
2021年復興デザイン会議主催「第3回復興政策賞」授賞

この団体に関連するプロジェクトはこちら

領収書発行について

このプロジェクトでは1回3,000円以上の寄付から領収書の発行が可能です。
※クレジットカードでの寄付に限ります。詳しくはヘルプページをご参照ください。

団体のプライバシーポリシー

一般社団法人雄勝花物語(以下、当法人と称する)は、個人情報の重要性を認識し、個人情報に関する法規制等の精神に則り、当法人の社会的責任として、下記の方針に従って適切な取り組みを行ってまいります。

1.個人情報のご提供
当法人では、ご入会、ご寄付、セミナーやボランティア活動にご参加いただく際、また資料請求、お問い合わせをいただく際に、ご本人の同意に基づき、公正な手段を用い、目的の達成に必要な範囲内で皆様から個人情報をご提供いただきます。 

2.個人情報の定義、個人情報の収集
「個人情報」とは、個人に関する情報のうち、氏名、生年月日、電話番号、住所などの当該個人を特定することができる情報(当該情報だけでは個人が特定できなくても他の情報と容易に照合することで特定できるものを含みます)を言います。
当法人は、利用者の皆様から個人情報を収集する際は、あらかじめその目的、利用内容をお知らせしたうえで、個人情報の収集をいたしております。

3.個人情報の利用
ご提供いただいた個人情報は当法人のミッションに基づき、以下の目的のために使用します。

・寄付金に関する領収書の送付(当団体がYahoo!ネット募金での寄付者に対して領収書発行を行う場合)

4.個人情報の第三者への開示
当法人では、ユーザーの皆様の個人情報に関して、ご本人の同意を事前に得た場合を除いて、原則として第三者への開示はいたしません。ただし、以下の場合は除きます。

利用者本人が事前に開示に同意した場合
法令に基づき開示の要請がある場合
人の生命、身体または財産の保護のために開示の必要があり、本人の同意を得ることが困難である場合
その他、「3.個人情報の利用」を実施するにあたり、当法人が必要と判断した場合 なお、第三者への提供を行う場合、該当第三者に対しては、該当個人情報の適切かつ厳重な管理を求めてまいります。

5.法令の遵守
当法人は、関連する各種法令又は規範を遵守し、皆様の個人情報の管理運用体制を適宜見直し、改善していくよう努めます。なお、この個人情報保護方針に関して変更が生じた場合には、当サイトにて公表いたします。

Facebookコメントで寄付先への応援をお願いします

記入された応援のコメントは、寄付先団体およびYahoo!ネット募金の広報・宣伝活動(記者会見やプレスリリースでのご紹介等を含む)に 使用させていただく場合がございます。
ご了承の上、コメントを記載いただきますようお願いいたします。(2020年9月23日追記)

※本コメント機能はMeta Platforms Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してLINEヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  • Facebookでシェアする
  • X(旧Twitter)でシェアする

注目のプロジェクト