IDでもっと便利に新規取得

ログイン

6月21日は「世界ALSデー」
難病ALSを治療可能な病気にするために
宇宙兄弟ALSプロジェクト「せりか基金」をご支援ください

寄付受付開始日:2020/02/04

  • 領収書あり
[6月21日は「世界ALSデー」 難病ALSを治療可能な病気にするために 宇宙兄弟ALSプロジェクト「せりか基金」をご支援ください]の画像

一般社団法人せりか基金

プロジェクト概要

更新日:2020/08/04

『宇宙兄弟』はALSを決して、忘れません。

「せりか基金」は、漫画『宇宙兄弟』から始まった難病ALSの治療方法を見つけるための研究開発費を集める活動です。

ALS(筋萎縮性側索硬化症)とは、難病として指定されている、運動神経系が少しずつ障害をうけて使えなくなっていく病気であり、病状が進行すると、体の感覚が保たれたまま、手、足、呼吸器に至るまで次第に自分の意思で動いていた体が言うことをきかなくなり、自分で意思を伝えることが難しくなります。

漫画『宇宙兄弟』でも、ALSは主人公の南波六太・日々人兄弟に大きな影響を与えたシャロン、ヒロインであるせりかのお父さんが患って亡くなった病気として描かれ、重要なテーマの1つとなっています。

(c)小山宙哉/講談社
(c)小山宙哉/講談社

日本には約9000人のALS患者がいます。
謎が多く、確固たる治療法も、いまだに見つかっていません。

いまだに確固たる治療法も解明されず、徐々に体の運動機能を失っていく恐怖や、知力、痛み、かゆみ、寒さなどの体の感覚が保たれたまま 意志を伝えることができなくなる恐怖、自分の命の意味と闘うALS患者の方の、希望をかなえる支援をしたいという思いから、宇宙兄弟は「せりか基金」を立ち上げました。

せりか基金公式サイト

せりか基金チャリティーグッズページ

『宇宙兄弟』の作中で、せりかはALSを治すという夢を持って、宇宙飛行士になりました。そしてさまざまな困難と闘い続け、宇宙での実験を成功させ、ALSの治療薬の発見に向けた一歩を踏み出しました。

せりかが作品の中で成し遂げたように、現実でもALSを治療可能な病気とするために、チャレンジを続けていきます。

(c)小山宙哉/講談社

寄付金の使いみち

頂いた寄付金は、毎年末に開催される「せりか基金」賞授賞式にて、ALS治療の研究費として研究者にお渡しします。

「個人の願いが集まって…"みんなの夢"って呼べるようになったら それはきっと叶うわ」シャロンが言ったこの言葉の通り、皆で力を合わせて、ALSという難病に立ち向かっていきたいと思っています。

せりか基金に、どうか力をお貸しください。

活動情報

更新日:2020/08/04

<「せりか基金」チャリティーオークション開催!>

『宇宙兄弟』にまつわる小山宙哉さんの私物を出品!
小山宙哉さんが実際に使っていたペンケースや壁掛け時計など、『宇宙兄弟』にまつわるアイテムを出品中。いますぐオークション会場をチェック!
開催期間:8月3日(月)から8月9日(日)まで

※当募金ページに記載の内容については、プロジェクトオーナーが責任を負っており、ヤフー株式会社が責任を負うものではありません。詳しくは免責事項をご覧ください。
※本ページの「プロジェクト概要」「活動情報」「寄付金の使いみち」に掲載のリンクは、外部サイトに移動します。

寄付総額
648,526
寄付人数
1,205
現在の継続寄付人数:25
毎月の継続的な応援が大きな支えになります。

※寄付をするには Yahoo! JAPAN IDの取得(無料)が必要です。

  • T-point
    Tポイントを使って1ポイントから寄付できます。
Yahoo!ウォレット アクセプタンスマーク

プロジェクトオーナー

一般社団法人せりか基金

「せりか基金」は、漫画『宇宙兄弟』からスタートした、ALSの治療方法を見つけるための研究開発費をあつめる活動です。 ALSの治療方法を見つけるための研究開発費をあつめる活動です。

この団体に関連するプロジェクトはこちら

領収書発行について

このプロジェクトでは1回3,000円以上の寄付から領収書の発行が可能です。
※クレジットカードでの寄付に限ります。詳しくはヘルプページをご参照ください。

団体のプライバシーポリシー

一般社団法人せりか基金のプライバシーポリシーは、https://serikafund.stores.jp/privacy_policyをご覧ください。
なお、Yahoo!ネット募金に関し、ヤフー株式会社より提供を受けた個人情報については、次の目的の範囲においてのみ利用します。
・寄付金に関する領収書の送付(当団体がYahoo!ネット募金での寄付者に対して領収書発行を行う場合)
以上

Facebookコメントで寄付先への応援をお願いします

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

注目のプロジェクト