IDでもっと便利に新規取得

ログイン

令和元年10月台風19号一人ひとりに寄り添った支援活動へのご協力をお願いします
(被災地NGO協働センター)

寄付受付開始日:2019/10/24

  • 領収書あり
[令和元年10月台風19号一人ひとりに寄り添った支援活動へのご協力をお願いします (被災地NGO協働センター)]の画像
生活再建のための説明会実施の様子

被災地NGO恊働センター

プロジェクト概要

更新日:2019/10/24

台風19号の被災者支援活動にご協力よろしくお願いします!

令和元年10月に発生した台風19号は各地に甚大な被害をもたらしました。
被災地NGO恊働センターでは、10月15日より被害が甚大であった長野県に先遣隊を派遣し、現地の調査、避難所の環境改善、足湯ボランティアなどを実施しています。

避難所の様子
避難所でスタッフが地元ボランティアに足湯の講習を実施

今後は、緊急対応支援としてボランティア・バスの運行や避難所の支援などを各地の支援団体と協力して実施しながら、被災者一人ひとりに寄り添った息の長い支援活動を展開していきたいと考えています。
ご支援・ご協力をどうぞよろしくお願いします。

最新の支援情報はブログでご確認ください。

被災地の様子

#令和元年台風19号

寄付金の使いみち

令和元年10月に発生した台風19号の被災地での支援活動に使用させていただきます。支援活動は、さまざまな支援団体と連携し、被災者一人ひとりの状況にあわせ、生活再建に向けた支援を実施します。

主に長野県やそのほか台風19号の被災地にて、下記の内容の支援活動に使用します。
【1】お互いさまボランティアバス
近隣の地域から被災地に駆けつけるボランティアバスの運行
【2】避難所の生活環境改善
避難生活を送られている皆さまの環境改善や足湯ボランティア等のホッとする場づくり支援
【3】支援制度、建築士などの専門職による相談会
過去の被災地支援の経験を生かし、各種専門家と連携した相談会や勉強会の実施
【4】その他、必要な支援活動
中長期的な復興に向けた支援を実施

※本ページの「プロジェクト概要」「活動情報」「寄付金の使いみち」に掲載のリンクは、外部サイトに移動します。

寄付総額
402,330
残り日数
あと138
寄付人数
905
現在の継続寄付人数:5
毎月の継続的な応援が大きな支えになります。

※寄付をするには Yahoo! JAPAN IDの取得(無料)が必要です。

  • T-point
    Tポイントを使って1ポイントから寄付できます。
Yahoo!ウォレット アクセプタンスマーク

プロジェクトオーナー

被災地NGO恊働センター

被災地NGO恊働センターは、阪神・淡路大震災以来、災害に即座に反応し、被災地の支援を行って参りました。特に災害直後だけでなく息の長い復興支援を行うことを大切にし、「最後の一人まで」をモットーに活動を展開しています。生きがい・仕事づくりとして「まけないぞう事業」や被災者の生の声を拾う「足湯ボランティア」も行っています。

この団体に関連するプロジェクトはこちら

領収書発行について

このプロジェクトでは1回3,000円以上の寄付から領収書の発行が可能です。
※クレジットカードでの寄付に限ります。詳しくはヘルプページをご参照ください。

団体のプライバシーポリシー

被災地NGO恊働センター(以下、当団体と称する)は、個人情報の重要性を認識し、個人情報に関する法規制等の精神に則り、当団体の社会的責任として、下記の方針に従って適切な取り組みを行ってまいります。

1.個人情報のご提供
当団体では、ご入会、ご寄付、セミナーやボランティア活動にご参加いただく際、また資料請求、お問い合わせをいただく際に、ご本人の同意に基づき、公正な手段を用い、目的の達成に必要な範囲内で皆様から個人情報をご提供いただきます。 

2.個人情報の定義、個人情報の収集
「個人情報」とは、個人に関する情報のうち、氏名、生年月日、電話番号、住所などの当該個人を特定することができる情報(当該情報だけでは個人が特定できなくても他の情報と容易に照合することで特定できるものを含みます)を言います。
当団体は、利用者の皆様から個人情報を収集する際は、あらかじめその目的、利用内容をお知らせしたうえで、個人情報の収集をいたしております。

3.個人情報の利用
ご提供いただいた個人情報は当団体のミッションに基づき、以下の目的のために使用します。

寄付金に関する領収書の送付

4.個人情報の第三者への開示
当団体では、ユーザーの皆様の個人情報に関して、ご本人の同意を事前に得た場合を除いて、原則として第三者への開示はいたしません。ただし、以下の場合は除きます。

利用者本人が事前に開示に同意した場合
法令に基づき開示の要請がある場合
人の生命、身体または財産の保護のために開示の必要があり、本人の同意を得ることが困難である場合
その他、「3.個人情報の利用」を実施するにあたり、当団体が必要と判断した場合 なお、第三者への提供を行う場合、該当第三者に対しては、該当個人情報の適切かつ厳重な管理を求めてまいります。

5.法令の遵守
当団体は、関連する各種法令又は規範を遵守し、皆様の個人情報の管理運用体制を適宜見直し、改善していくよう努めます。なお、この個人情報保護方針に関して変更が生じた場合には、当サイトにて公表いたします。

Facebookコメントで寄付先への応援をお願いします

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

注目のプロジェクト