• 概要
  • 活動情報 2019年5月08日 更新

10代のチャレンジの場を支えてください

学校から飛び出して、年齢も考え方も違う仲間とチームを組んで、100日で「音楽イベント」を実際に開催する、とてもリアルな体験がブラストビートのプログラムです。過去にプログラムに参加した先輩参加者や、ビジネスの第一線で働く社会人がメンターとして、高校生・大学生をサポートするのも大きな特徴です。

高校生から大学院生までの混成チームを編成します。各チームに社会人メンターも伴走、幅広い世代間交流の場でもあります。
キックオフミーティングから100日間のチャレンジのスタート。学校も学年も違う仲間とのチャレンジがはじまります。

■プログラムは100日間、こんな風に進みます
STEP 1
学生たちが「ミニ音楽会社」を設立
会社名やロゴ、会社理念、役職(社長、営業など)を決める
STEP 2
音楽ライブイベントをプロデュース
コンセプトを考え、アーティストと交渉、広報や販売も自分たちで挑戦
STEP 3
イベント開催! 利益の25%以上を寄付
企画を実現、利益を出して、自分たちが寄付したいNPOや活動に貢献する

どんなライブになるかはメンバーの感性しだい。どんな場所で、どんな音楽を楽しみたいのか。学生たちだけで意思決定します。
OB,OGや社会人サポーターとの意見交換会も。先輩たちがつなぐ経験のバトンが、学びをサポートします。
ライブ当日! お客様に全力で「自分たちのエンタメ」を届けます。ビジネスの本質に触れるチャレンジのクライマックスです。

ビジネスやイベントの企画をプランするだけではなく、実際にイベントを開催するのが特徴です。その過程では、リサーチと企画、出演交渉、会場の確保、広報、集客、販売、そして当日の運営と、実社会との接点が数多くあります。音楽のパワーを生かしながら、リアルなビジネス体験ができ、その利益を自分たちが選んだ団体・活動に寄付することで社会貢献を体感できる、とてもリアルな教育プログラムです。
このチャレンジの機会を、高校生・大学生に無料で提供するため、ご支援をお願いします。

■活動の歩み
2009年の活動開始から、北は宮城県から南は沖縄まで、約150校の高校、専門学校、大学、大学院から、合計500人を超える参加実績があります。
ブラストビートのこれまでの歩みはこちら

■参加者のいる学校一覧
これまでの参加者の所属学校一覧はこちら

■参加者募集の詳しい情報は募集サイトをご覧ください。
現在は年2回、6月から9月ごろと、11月から2月ごろに、高校生・大学生世代が無料で参加できるプログラムを実施しています。
ブラストビート高校生・大学生参加者募集サイト

寄付金の使いみち

ブラストビートのプログラムは、高校生や大学生などを対象に、チャレンジしたい気持ちさえあれば誰でも参加できるように、無料で提供しています。
また、高校生の場合、週1回の定例ミーティングに参加する交通費を出すのが厳しいことも多く、交通費を補助しています。大学生は原則、交通費は自己負担としていますが、遠方からでも参加したい学生がいる場合など、補助したケースもありました。
運営は、熱心なボランティアが担っているため、多額の経費が必要な活動ではありませんが、学生向けの説明会や報告イベントなどの会場費、広報やウェブサイト運営など、一定の経費は必要です。

皆さまからの寄付は、高校生への交通費補助や、実際にプログラムを運営するために使わせていただきますので、ご支援、よろしくお願い致します。

毎年の収支報告