• 東京レインボープライド

「特定非営利活動法人 東京レインボープライド」について

「らしく、たのしく、ほこらしく」をモットーに、性的指向および性自認(SOGI = Sexual Orientation, Gender Idenity)のいかんにかかわらず、すべての人が、より自分らしく誇りを持って、前向きに楽しく生きていくことができる社会の実現を目指しています。2015年8月10日に設立。

上2枚:「プライドパレード」の様子、下2枚:「プライドフェスティバル」会場の様子

「プライドフェスティバル」の開催

年に1度、セクシュアルマイノリティー(LGBTQ)当事者と、それに連帯する非当事者の仲間たち(ストレート・アライ/アライ)が一堂に会する、パレードをメインイベントして開催される「プライドフェスティバル」を通して、「"性"と"生"の多様性」を祝福する場を提供しています。

上:「LGBTと東京五輪2020」のテーマでのシンポジウム、下2枚:「プライドフェスティバルアフターパーティー」の様子

「プライドウィーク」キャンペーンの実施

「プライドフェスティバル」の前後の期間に、「プライドウィーク」と称したキャンペーンを実施し、この期間に日本国内で開催されるセクシュアルマイノリティーに関連する各種イベントを取りまとめ、その情報の発信やサポートを行っています。

上2枚:「ソウル・クイア・カルチャーフェスティバル」に参加、下2枚:「台湾同士遊行」に参加

海外諸団体との連帯

アジアをはじめとする世界各都市において、プライドパレードの運営を担っている団体を中心に、セクシュアルマイノリティー関連の活動団体と連帯・連携し、性的指向・性自認のいかんにかかわらず、世界のあらゆる人々が、差別や偏見にさらされることのない社会の実現を目指しています。

TRP機関誌「BEYOND」の発行

情報発信

紙媒体やインターネットなどを通じて、当団体の活動や、セクシュアルマイノリティーに関連する情報を広く発信しています。

寄付金の使いみち

東京レインボープライドはボランティアによって運営しているため、運営資金は、LGBTQフレンドリーである企業様からの助成金並びに協賛金が8割を占めております。
「プライドフェスティバル」には年々ご来場者が増え、イベントの継続開催のため、運営費として使用させて頂きます。