IDでもっと便利に新規取得

ログイン

被害総額550億円以上。
熊本県内で最大の被害をうけた人吉市にご支援を
(一般社団法人RCF)

寄付受付開始日:2020/08/31

  • 領収書なし
[被害総額550億円以上。 熊本県内で最大の被害をうけた人吉市にご支援を (一般社団法人RCF)]の画像

一般社団法人RCF

プロジェクト概要

更新日:2020/09/09

復興に携わる人たちに長期的な支援の手を届けたい

ページをご覧いただきありがとうございます。一般社団法人RCFです。

九州の小京都、熊本県人吉市
熊本県人吉市は、県の最南部、九州山地に囲まれた人吉盆地に位置し、小京都とも呼ばれる人口3万人ほどの市です。隣の球磨村とともに人吉球磨地域として、2015年には文化庁より57件の文化財が日本遺産に認定された他、熊本県における国・県指定文化財のうち神社仏閣の約80%が人吉球磨地域に存在しています。

人吉市と球磨川

市内を流れる球磨(くま)川は日本の三急流の1つでラフティングが盛んに行われ、また温泉施設も約30あり、名産品として球磨焼酎があることなどが特徴です。

動画出典:人吉市役所 観光振興課

豪雨により人吉市は甚大な被害を受けました

球磨川の氾濫により損壊した家屋

今回の令和2年7月豪雨で7月4日に球磨川が氾濫し、人吉球磨地域は甚大な被害を受けました。人吉市においては死者20名、床上浸水3,775棟、床下浸水906棟の被害を受けました。(※出典:総務省消防庁災害対策本部「令和2年7月豪雨による被害及び消防機関等の対応状況(第49報)」8月24日 15:00時点より)

また、商工業においては総額279億円の深刻な損失が出ました。業種別での主な被害総額は観光関連など宿泊業が51億円、球磨焼酎など製造業が26億円、卸売・小売業が48億円、飲食・サービス業が50億円と試算されています。また、宿泊施設の中には被害額が10億円以上と報告した施設が複数あった他、橋の流失などの被害を受けた、くま川鉄道は15億円としています。(※出典:日本経済新聞 7月31日

濁流により流されてしまった橋

新型コロナウイルスの影響で、ボランティアも不足し復旧にも遅れが見られ、中長期的には被災者の方々にもより大きな心身の負担がかかってきてしまいます。なかなか現地に行くことが難しい状況が続く中で、人吉市のためにできることはないかと思い、本プロジェクトを立ち上げました。

私たちは、東日本大震災時に発足した団体で、熊本地震、西日本豪雨、台風災害とこれまでさまざまな災害において、発災から緊急期、復旧期を経た(へた)後の復興期の支援を実施してきました。今回の災害においてもそのノウハウを活用し、人吉市の復興を支援していきたいと考えています。

市内ではそこかしこで復旧作業が行われている

災害は風化してしまう
これまでの経験上、災害は発災直後~緊急期がもっとも注目が集まりやすく、発災から日がたつほど人々の記憶が薄れていってしまいます。

しかしながら、被災地では長期間にわたって復興にむけた取り組みが続きます。本基金で皆様からいただいたご寄付は、中長期的な復興支援の活動に使用させていただきたいと考えております。
また、本ページの「活動報告」を通じて人吉市の今を、皆様にお伝えしていきたいと思います。

皆様からのご支援をよろしくお願いいたします。

お祭り時にはたくさんの人でにぎわう。このにぎわいを取り戻したい

人吉市役所からのメッセージ
熊本県人吉球磨地域では、令和2年7月豪雨により、球磨(くま)川およびその支流の多くが氾濫し、多くの生命、財産が失われました。

全市的にも、今回の災害で全世帯の3分の1にあたる市民が居住する地域が浸水をしており、家屋、事業所をはじめ各種施設や橋梁(きょうりょう)などが被災する中で、市民生活全般への多大な影響が懸念されますし、観光業、商工業、農林業など全ての産業が、熊本地震、新型コロナウイルス感染症対策、そして今回の大水害と、度重なる災禍によって疲弊し、今後の地域経営に大きな危機感を抱いております。

新型コロナウイルス感染症の影響下における大水害の発生は、我が国がはじめて経験をする複合災害でありますので、多くの皆様の息の長いご支援により、復旧・復興へ取り組みたいと思います。

寄付金の使いみち

集まった募金は、今後人吉市内にて長期的な復興支援活動に活用させていただきます。復興に取り組む団体への支援や復興に貢献する活動での使用を想定しており、具体的には、被災された方々のつながりの場づくりや、復興にむけた応援イベントの実施などを検討しています。

その時々の被災地域の状況に応えられるよう人吉市役所と相談をし、使い道を確定いたします。実際の活用方針については秋ごろに決定をし、用途については随時「活動情報ページ」にて報告させていただきます。

#令和2年7月大雨災害

活動情報

更新日:2020/09/09

募金開始から1週間、100万円突破!

こんにちは、一般社団法人RCFです。

募金開始から1週間以上がたち、ありがたいことに募金の金額が100万円を突破、支援者数は2,300人を超えました。
ご支援いただき誠にありがとうございます。

先日台風10号が九州に上陸し、私たちも人吉市の状況について心配しておりましたが、人吉市役所さんによると一部栗や梨、水稲などの農作物が被害を受けたほか、至る所で倒木が見られたとのことでした。

幸い甚大な被害はなかったということですが、台風のシーズンは今しばらく続きます。令和2年7月豪雨の被災から復興の歩みを進めて行く人吉市がこれ以上被災しないことを祈るばかりです。

今後私たちは人吉市役所と連携しながら募金の使用使途について検討を進め、中長期的な復興支援を行っていきます。

引き続き皆様からのご支援を賜りますようお願い申し上げます。

平時の青井阿蘇神社の蓮池

※当募金ページに記載の内容については、プロジェクトオーナーが責任を負っており、ヤフー株式会社が責任を負うものではありません。詳しくは免責事項をご覧ください。
※本ページの「プロジェクト概要」「活動情報」「寄付金の使いみち」に掲載のリンクは、外部サイトに移動します。

寄付総額
1,425,309
寄付人数
3,008
現在の継続寄付人数:4
毎月の継続的な応援が大きな支えになります。

※寄付をするには Yahoo! JAPAN IDの取得(無料)が必要です。

  • T-point
    Tポイントを使って1ポイントから寄付できます。
Yahoo!ウォレット アクセプタンスマーク

プロジェクトオーナー

一般社団法人RCF

2011年、東日本大震災を機に「RCF復興支援チーム」として設立。
復興や社会課題解決事業の立案・関係者間の調整を担う「社会事業コーディネーター」として30以上の被災市町村、10社以上の企業とともに、40以上の社会事業に従事。東北で培ったプロジェクト伴走推進・座組形成ノウハウや、多様な企業・行政・NPOなどとのネットワークを強みとする。

※公式サイトは「人吉市公式ウェブサイト」になります。

この団体に関連するプロジェクトはこちら

領収書発行について

このプロジェクトでは領収書の発行をおこなっておりません。

Facebookコメントで寄付先への応援をお願いします

記入された応援のコメントは、寄付先団体およびYahoo!ネット募金の広報・宣伝活動(記者会見やプレスリリースでのご紹介等を含む)に 使用させていただく場合がございます。
ご了承の上、コメントを記載いただきますようお願いいたします。(2020年9月23日追記)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

メルマガの配信登録/解除はこちら

注目のプロジェクト