• 東日本大震災時に0歳だった赤ちゃんが無事にハタチを迎えるその日まで

ハタチ基金~東日本大震災時に0歳だった赤ちゃんが無事にハタチを迎えるその日まで~

ハタチ基金は、東日本大震災の被災地の子どもたちに寄り添い、20年間継続的に支援を行う基金です。震災直後の2011年4月、被災地の子どもたちに学び・自立の機会を継続的に届けるために創設いたしました(2014年10月公益法人認定取得)。

復興状況や現地のニーズに合わせ、子どもたちに必要なサポートを届けている団体に助成を行い、直接被害を受けた子どもたちはもちろん、震災に起因する子どもたちの課題解決に取り組んでいます。

勉強する場を奪われた子どもたちに、学べる場を
被災地の親子に寄り添う保育園としての「保育ソーシャルワーク」

東日本大震災から7年が経過し、ハード面の復興が完了に向かっていますが、震災は子どもたちから多くの大切なものを奪い、今もなお多くの試練が子どもたちを取り巻いています。

世界が経験したことがない放射線被害への不安、避難指示や保証の有無などによる見えない対立、ままならない生活再建、家族別々の生活、知り合いのいない土地での孤立。心の痛みを抱えながら、こうした不安定な環境を一人で乗り越えていくことは、とても大変なことです。

しかし、長期にわたり「君は一人じゃない」と励まし、子どもたちにやさしさを届け続ける存在がいたら。きっと試練を乗り越えるための原動力の一つになれるのではないでしょうか。そして、きっと乗り越えた試練の分だけ強さと優しさをもった大人となり、社会の中で起こる次なる試練の解決にも取り組める人となるはずです。

苦しくつらい経験をした子どもは、誰よりもつよくやさしくなれる。被災地の子どもたちの成長はこの国の新たな希望です

そのような思いでハタチ基金は、子どもたちの可能性を最大限信じて、活動を続けてまいります。東北の子どもたちへの応援、ひいてはこの国の未来を創っていく道のりをぜひ応援ください。

【ハタチ基金~創設の想い~】東日本大震災における被災地の子どもたちに必要な支援を

寄付金の使いみち

皆さまからの善意は、被災地の子どもたちを支援する団体の活動に助成いたします。

●支援事業例
【みなみそうまラーニングセンター】(福島県南相馬市)
震災および原発事故後に困難な環境におかれている発達や学習に課題を抱える子どもたちの居場所作りや学習・生活支援を実施しています。

【スタディクーポン提供事業】(事務所:宮城県仙台市)
塾・予備校・習い事などの教育サービスに利用できる"スタディクーポン"を被災した子どもたちに無償で提供しています。

【おうち保育園】(宮城県仙台市)
生活再建をしながらの子育てを支えるため、親子を支えるセーフティーネットとなる「保育ソーシャルワーク」の機能をもつ保育園を仙台市で運営しています。

【コラボ・スクール】(宮城県女川町、岩手県大槌町、福島県広野町)
震災の被害が大きく学習環境の悪化が深刻であった地域に、子どもたちに学習支援をする放課後の学校を現地の元塾講師や教育委員会など地域の皆さんと作り上げ、学習支援と子どもたちの心のケアを行っています。

●活動報告(ハタチ基金公式ページ)
●助成実績(ハタチ基金公式ページ)