2024年ブラジル豪雨
壊滅的な被害を受けている方々に寄り添う支援を(ADRA Japan)

寄付受付開始日:2024/05/14

  • 領収書あり
[2024年ブラジル豪雨 壊滅的な被害を受けている方々に寄り添う支援を(ADRA Japan)]の画像
ブラジル南部で湖が氾濫し各地で大洪水が発生(リオグランデ・ド・スル州 2024年5月 Ricardo Gusti氏撮影)

特定非営利活動法人 ADRA Japan

プロジェクト概要

更新日:2024/06/18

ブラジルでは降り続く大雨の影響により洪水や土砂崩れが多発。多くの方の命と生活が奪われています

ブラジルのリオグランデ・ド・スル州では、豪雨による壊滅的な洪水で143人以上の命が失われ、危機は悪化の一途をたどっています。現在も125人以上が行方不明で、容赦ない雨のために地滑りやインフラの崩壊など、広範囲で被害が発生しており、23万人以上の住民が家を追われました。影響を受けている人の数は200万人を超えました。

ADRAはこの緊急事態に対応するため、ボランティア4カ所の仮設避難所の運営支援を開始しています。また、食料、衣類、衛生必需品など、必要なものを必要な方のもとに届けられるよう、緊急支援トレーラーも出動し、支援活動にあたっています。

大雨はまだ続くと予想されており、被害の拡大が心配されています。
皆さまの温かいご支援をよろしくお願いいたします。

ノボ・ハンブルゴのADRAセンターで支援物資の仕分け(リオグランデ・ド・スル州 2024年5月撮影)

■領収書の発行について
ADRA Japanは、東京都の認定を受けた「認定NPO法人」です。そのため、当団体へのご寄付は、税制上の優遇措置(寄付控除)の対象です。

1回3,000円以上のクレジットカードによるご寄付で、領収書の発行を希望して寄付された方に、領収書を発行いたします。

※お手続きの際に「領収書を希望する」のチェックボックスにチェックを入れてください。お手続きが完了した後での発行希望(再発行含む)への対応はできませんのでご注意ください。
※当団体からの領収書発行時期:毎年1月下旬~2月頃に、前年1年分(1月1日~12月31日)の領収書を発行いたします。
※領収書の日付は、お客様の寄付手続き日ではなく、当団体への入金が完了した日(原則として寄付手続き日の翌月末日頃)です。

詳しくはヘルプページをご参照ください。

領収書に関するお問い合わせは、下記までご連絡ください。

<お問い合わせ先>
特定非営利活動法人ADRA Japan
電話:03-5410-0045
メールアドレス: support_adra@adrajpn.org

寄付金の使いみち

こちらのプロジェクトへのご寄付は、2024年5月に発生したブラジルでの豪雨災害によって被災し、助けを必要としている方々の支援活動のために大切に使わせていただきます。

具体的には、
・現地調査、支援調整、情報発信(通信費、交通費、人件費など)
・避難所の維持に必要な資機材、人員の確保
・避難生活をされている方の生活サポート(移動手段 など)
・食料、水、生活必要物資(衛生用品、衣類など)の調達、配付
・現金給付
・心理ケア活動
・そのほか現地のニーズに応じた支援
など、現地で必要の高い活動のために大切に活用させていただきます。

現地の状況や募金の集まり具合に応じて、支援内容は追加・変更になることがあります。

なお、寄付金募集や寄付金管理、領収書発行・発送、活動報告などのため、いただいたご寄付の最大20%を管理運営費として大切に活用させていただきます。

もしも現地での必要を超えて資金が集まった場合には、今後、災害が起こってしまった場合の活動資金に大切に活用させていただきます。

活動情報

更新日:2024/06/18

今後さらに7万人に支援を届ける予定です(2024年6月18日更新)

温かいご支援をありがとうございます。

ブラジル南部に大雨と洪水をもたらした異常気象からほぼ6週間が経過しましたが、リオグランデ・ド・スル州最南部のいくつかの地域では依然として高水位が続いています。州内の60%の土地で洪水や土砂崩れがあり、首都ポルト・アレグレでは、面積の22.6%が被害を受けました。

今後も雨が続くと予想されており、復旧はさらに困難になります。
地元政府の最新情報によると、現在も572,781人が家に帰ることができず、そのうち30,400人以上が避難所で生活しています。

ADRAは、ポルト・アレグレ市内で2,000人以上が暮らす4つの避難所を管理し、洗濯や料理ができる災害対応トレーラーでサポートを続けています。

また、これまで一緒に活動してきた500名以上のボランティアとともに、衛生用品、日用品、掃除道具や、スーパーや薬局などで現金の代わりに利用できるカードの配付も行っています。

現在までに19,352人を支援し、今後数カ月でさらに71,835人を支援する予定です。

またADRAは、2024年5月29日から6月1日にかけて、南米各地から2万人が集まる青少年指導者大会と提携して寄付スタンドを設置しました。

青少年指導者大会(ブラジリア・BRBマネ・ガリンチャ・アリーナ 2024年5月30日撮影)

寄付スタンドでは、食料品、衛生用品、清掃用品など支援したいものを選べるようにし、寄付の特典として、ペンやノート、ボトルや懐中電灯などが当たるルーレットの参加権をお渡ししました。
このイベントでリオグランデ・ド・スル州の洪水被災者に配付する合計1,044個の支援キットを集めることができ、また、被災した方々を思う温かい応援をたくさん受け取りました。心より感謝申し上げます。

衛生キットの組み立て大会で優勝した、英領ギアナ出身のボランティアさん、ライアンさん(ブラジリア 2024年5月30日撮影)

ADRAは今後も、被災された方々一人ひとりのニーズに寄り添い、支援活動を続けてまいります。皆様の温かいご支援とご協力をお待ちしております。

支援物資と食料配付を進めています(2024年5月30日更新)

温かいご支援をありがとうございます。
リオグランデ・ド・スル州では、今もなお、大雨と洪水の影響が続いています。2024年5月13日から14日にかけ、同州でさらに雨が降り続いたことで被災地域が拡大し、全497のうち458、つまり同州の92%の自治体が水につかってしまいました。

被災人口は前回の報告から20万人以上増え、228万を超えています。現在開設されている避難所は875カ所あり、約78,000人が身を寄せています。
リオグランデ・ド・スル州は雨の影響で、河川の水位が下がっていないため、現地の人々は基本的なサービスを受けることができず、通常の生活を取り戻すのが困難となっています。そのうえ、州全体の気温が著しく低下しているため、防寒服を持っていない被災者にとっても、救助隊やボランティアにとっても状況は苦しくなっています。

また、湿度が高く洪水が続いているため、細菌病であるレプトスピラ症に感染した人々がおり、今後も増加する可能性があります。

大勢のボランティアと物資の配付を進めています。(リオグランデ・ド・スル州 2024年5月15日頃撮影)

寄付のおかげで、基本的な品物は届きましたが、女性用衛生用品、子供用おむつ、老人介護用品など、特定の品物がまだ必要とされています。そしてレプトスピラ症に感染した場合、菌の存在を十分に確認できる検査が乏しく、治療が難しくなっています。また、寒さのために毛布やコートの需要が増え、在庫が大不足しています。飲料水へのアクセスに問題があるため、人々はボトル水だけを消費する日々です。スーパーマーケットでは食料品やその他の重要な商品の供給が困難になっています。

避難者向けに食事の準備をすすめています。(リオグランデ・ド・スル州 2024年5月15日頃撮影)

ADRAは、チームの人数を増やし、今回の緊急事態に対処しています。地元政府がユニセフと連携して避難所の調査を進めており、これまでに712の避難所を訪問しました。避難所のうち、飲料水を定期的に利用できるのはわずか58%、清掃用品を必要とするのは50%、衛生用品、特におむつや生理用品を必要とするのは43%です。ADRAは、キッチンや洗濯機を備えた災害対応トレーラーを出して、温かい食事の提供や、清潔な衣類の確保などのサポートをしています。

また、210名のボランティアと共に、水や食料、おむつや生理用品などの衛生用品、衣類、寝具類、掃除道具、子どものおもちゃなどを、被災した方々に配付しています。
ADRAは今後も、被災された一人ひとりに寄り添った活動を続けてまいります。

引き続き皆さまの温かいご支援をお願いします。

家が水に飲み込まれてしまった方々に温かい食事を提供しています

温かいご支援をありがとうございます。

大勢のボランティアを動員し支援にあたっています

ブラジルのリオグランデ・ド・スル州を襲った豪雨、そしてグアイバ湖の氾濫が要因となり、壊滅的な洪水が起こっています。145人の命が奪われ、130を超える人が、今も行方不明となっています。446の自治体に被害をおよぼし、53万8,284人が自宅からの避難を余儀なくされました。同州は2024年5月2日に非常事態宣言を出しました。

地元メディアによると2024年5月2日の午後、市街地に湖水が流入し始めました。人口約140万人のポルト・アレグレと、その近郊を合わせ、約200万人が被災しています。降り続く雨により、53万人以上の住民が、危険を回避するべく自身の住居を離れました。地滑りやインフラの崩壊など、被害は広範囲にわたっています。電気や通信などの基本的なサービスも寸断され、80万人以上がきれいな水を得られず、苦しみに耐える状況です。

今後も雨が続けば、さらなる被害が見込まれます。同州都にあるポルト・アレグレ空港は、敷地の大半が水没してしまいました。あるADRA Japanスタッフは、当地の方から「街が水の中にあるような状態です。哀しみしかありません」というメッセージを受け取りました。

2024年5月3日には、コティポラとベント・ゴンサルベスの水力発電ダムが決壊してさらなる洪水を引き起こし、30人以上が死亡しました。

ADRA、およびボランティアチームは、この緊急事態に対応しようと精力的に取り組んでいます。食料、衣類、衛生必需品を配付している4カ所の一時避難所の運営をサポート中です。発災後、これまでに7,540食の温かい食事、2,541リットルの水、4,408の食料キット、3,241個の衛生キット、6,890枚の亜麻布、2,566足の靴、7,240キロの消毒済衣類、152個のおもちゃ、214キロのドッグフードなどをお届けしました。

引き続きADRAは、現地のニーズに基づいた活動を続けます。どうか、皆様の温かいご支援をお願いいたします。

※当募金ページに記載の内容については、プロジェクトオーナーが責任を負っており、LINEヤフー株式会社が責任を負うものではありません。詳しくは免責事項をご覧ください。
※本ページの「プロジェクト概要」「活動情報」「寄付金の使いみち」に掲載のリンクは、外部サイトに移動します。

寄付総額
494,172
残り日数
あと 143
2024/11/14 18:00 まで
寄付人数
782

※寄付をするには Yahoo! JAPAN IDの取得(無料)が必要です。

  • Vポイント
    Vポイントを使って1ポイントから寄付できます。
Yahoo!ウォレット
クレジットカードで100円から寄付できます。

プロジェクトオーナー

[特定非営利活動法人 ADRA Japan]の画像
特定非営利活動法人 ADRA Japan

ADRA(アドラ)は、世界約120国に支部を持つ世界最大規模の国際NGOです。紛争・災害被災地や途上国において、人種・宗教・政治の区別なく、一人ひとりに寄り添った支援活動に取り組んでいます。

この団体に関連するプロジェクトはこちら

領収書発行について

このプロジェクトでは1回3,000円以上の寄付から領収書の発行が可能です。
※クレジットカードでの寄付に限ります。詳しくはヘルプページをご参照ください。

団体のプライバシーポリシー

特定非営利活動法人ADRA Japanのプライバシーポリシーは、
https://www.adrajpn.org/A_ProtectionPersonalInfo.htmlをご覧ください。

なお、Yahoo!ネット募金に関し、LINEヤフー株式会社より提供を受けた個人情報については、次の目的の範囲においてのみ利用します。

・寄付金に関する領収書の送付(当団体がYahoo!ネット募金での寄付者に対して領収書発行を行う場合)

Facebookコメントで寄付先への応援をお願いします

記入された応援のコメントは、寄付先団体およびYahoo!ネット募金の広報・宣伝活動(記者会見やプレスリリースでのご紹介等を含む)に 使用させていただく場合がございます。
ご了承の上、コメントを記載いただきますようお願いいたします。(2020年9月23日追記)

※本コメント機能はMeta Platforms Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してLINEヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  • Facebookでシェアする
  • X(旧Twitter)でシェアする

注目のプロジェクト