2024年台湾地震 被災された方々に寄り添う支援を(ADRA Japan)

寄付受付開始日:2024/04/30

  • 領収書あり
[2024年台湾地震 被災された方々に寄り添う支援を(ADRA Japan)]の画像
地震から3週間。日常に戻る人も多い中、取り残されてしまう人が出ないよう活動を続けます。(撮影:2024年4月23日 台湾花蓮)

特定非営利活動法人 ADRA Japan

プロジェクト概要

更新日:2024/05/08

2024年4月3日に起きたM7.2の地震以降、2024年4月23日にもM6.0、M6.3の地震が続けて発生しています。がれき撤去は進むも、家を失った人々の生活は厳しいままです。

日本時間2024年4月3日午前8時58分ごろに、台湾東部海域を震源とするマグニチュード7.2の地震が発生しました。2024年4月23日未明にもM6を超える地震が2回起こっています。

震源地に近い花蓮県では13名の死者、1,146名の負傷者が報告され、1,247の建物が使用に関して危険と判断されています。

赤紙が貼られている建物。続く余震で被害が広がっている(撮影:2024年4月19日 台湾花蓮)

2024年4月18日から台湾に入り、現地で調査と支援活動の調整に動いているスタッフは言います。

「花蓮に到着したときは、本当に大きな地震があったのかと思うほど、人々は普通に生活していました。地震で斜めに倒壊したビルも、今では更地になるなど、見た目はどんどん復興していっているようでした。
ですが、表面上のこのような状況によって、社会的弱者である障がい者や高齢者などの顔が見えなくなっているのではないかという危機感を覚えました。

パートナー団体が運営している避難所では住む場所を奪われた人が、今も約30人身を寄せ合っています。他に行くあてがないのです。
観光業で成り立っている花蓮では、500人以上が職を失いました。震災直後、80%の人が花蓮での観光をキャンセルしたからです。

問題がなさそうな家でも、地震の揺れで屋根に取り付けてあった水タンクや、リビングにあるテレビが落ちて壊れるなど、外からでは見えない被害があります。

社会的弱者にとって、この地震の余波はじわじわと未来が見えない不安と恐れを覚えさせ、彼らの精神と肉体を苦しめています。」

(撮影:2024年4月3日 台湾花蓮)
(撮影:2024年4月19日 台湾花蓮)

1週間の現地調査を終え、今、私たちのもとに集まっている募金では活動資金が足りないことがわかりました。少なくともあと3~4カ月は一人ひとりに寄り添った支援が必要です。

台湾の皆さまからは2011年の東日本大震災や、今年の能登半島地震でも、最初のころにADRAに届いたご寄付の半数以上が台湾の方からでした。今こそ、台湾の皆さまに恩返しをしたいと思います。

今回の地震を乗り越えようと、台湾で耐えている方々のためにお力をお貸しください。応援をお願いいたします。

家が壊れてしまった人々に提供している部屋の内部(撮影:2024年4月19日 台湾花蓮)

■領収書の発行について
ADRA Japanは、東京都の認定を受けた「認定NPO法人」です。そのため、当団体へのご寄付は、税制上の優遇措置(寄付控除)の対象です。

1回3,000円以上のクレジットカードによるご寄付で、領収書の発行を希望して寄付された方に、領収書を発行いたします。

※お手続きの際に「領収書を希望する」のチェックボックスにチェックを入れてください。お手続きが完了した後での発行希望(再発行含む)への対応はできませんのでご注意ください。
※当団体からの領収書発行時期:毎年1月下旬~2月頃に、前年1年分(1月1日~12月31日)の領収書を発行いたします。
※領収書の日付は、お客様の寄付手続き日ではなく、当団体への入金が完了した日(原則として寄付手続き日の翌月末日頃)です。

詳しくはヘルプページをご参照ください。

領収書に関するお問い合わせは、下記までご連絡ください。

<お問い合わせ先>
特定非営利活動法人ADRA Japan
電話:03-5410-0045
メールアドレス: support_adra@adrajpn.org

寄付金の使いみち

こちらのプロジェクトへのご寄付は、2024年4月3日に発生した台湾地震とそれに関連する地震で被災し、助けを必要としている方々の支援活動のために大切に使わせていただきます。

具体的には、
・現地調査、支援調整、情報発信(通信費、交通費、人件費など)
・避難所の維持に必要な資機材、人員の確保
・避難生活をされている方の生活サポート(移動手段 など)
・食料、水、生活必要物資(衛生用品、衣類など)の調達、配付
・現金給付
・心理ケア活動
・そのほか現地のニーズに応じた支援

なお、活動を支える事務所の管理運営費などのため、最大20%を運営費として大切に活用させていただきます。

【緊急】台湾地震|被災された方に寄り添う支援を

活動情報

更新日:2024/05/08

花蓮の状況をさらに詳しくお伝えします

2024年4月3日、台湾を襲ったマグニチュード7.2(台湾気象当局発表)の地震は、多くの家屋やマンション、ビル、ホテルなどに被害をもたらし1,247の棟が、使用に関して危険の疑いがある、と認定されました。
その1,247の建物のすべては、専門家によって調査されます。

2024年5月2日時点での花蓮県政府の発表によると、赤紙が貼られた67棟が主要構造部や基礎の損傷で、取り壊す必要があると判断されています。
黄色紙が貼られた64棟は、しっかりと補強修繕が実施され、専門家による調査で問題がなければ使用許可とされますが、それまでは住むことができません。こうした影響で1,921世帯が住む場所を失っています。

2024年4月18日から26日まで台湾に入り、現地で調査と支援活動の調整に動いていたスタッフは、次のように語りました。

「18日の午後8時ごろに花蓮駅に到着したのですが、駅を出て驚きました。倒壊しているビルはなく、ホテルやビルの明かりがあちこちから見え、車やバイクを運転する人、お店を開いて商いをする人、屋台を開いて食事を提供する人など、何事もなかったかのように生活している人々の姿が目に入ったからです。本当にあの大きな地震があったのかと思いました」

花蓮駅(撮影:2024年4月21日 台湾花蓮)
花蓮駅を背に町を望む風景。古そうなビルもあるが、問題はなさそうだった(撮影:2024年4月21日 台湾花蓮)

「到着した次の日には、最初の地震で建物が傾いたことで、テレビや新聞で有名になった天王星ビルまで足を運びました。現場は作業の終盤を迎えており、ショベルカーやトラックを使ったがれきの撤去作業が行われていました。それが2日後には独特なオイルの臭いと共に、新しいアスファルトで舗装された更地になっていました」

倒壊した天王星ビル(撮影:2024年4月3日 台湾花蓮)
倒壊した天王星ビルの跡地。ビルから出たがれきは跡形もなく片付けられ、更地になった(撮影:2024年4月21日 台湾花蓮)
跡地には、中国語の横断幕で「災害救援の英雄たちが頑張ってくれました。花蓮の友よ、頑張れ! 平和があらんことを!」という文字が(撮影:2024年4月21日 台湾花蓮)

一呼吸置くと、彼は深刻な面持ちで続けました。

「それは、天王星ビルなど存在せず『地震はなかったんだよ』と思わせてしまうかのような風景でした。目の前の光景は、支援を必要としている人たちが、もういないかのように錯覚を起こさせ、被災者のなかでも特に弱い立場の人の顔が見えなくなっているのではないかという危機感を覚えました。

実物ではなく、テレビや写真、インターネットで動画や写真を見た人が、『こんなに復興が早いのなら、もう大丈夫だろう』と、浅はかな考えをしてしまう危険があります。現に、日本でも台湾地震のニュースはほとんど聞かれなくなりました」

災害が起こると、いつも子どもたちや寡婦の方、障がいを持っている方、安定した職に就けていない方、高齢者など、社会的弱者が置き去りにされてしまいます。

ADRAでは、弱い立場にある方々が置き去りにされないよう、一人ひとりに寄り添い、必要な支援を届けていきます。
皆さまのご支援を、どうぞよろしくお願いいたします。

※当募金ページに記載の内容については、プロジェクトオーナーが責任を負っており、LINEヤフー株式会社が責任を負うものではありません。詳しくは免責事項をご覧ください。
※本ページの「プロジェクト概要」「活動情報」「寄付金の使いみち」に掲載のリンクは、外部サイトに移動します。

寄付総額
978,929
残り日数
あと 37
2024/07/31 18:00 まで
寄付人数
1,081

※寄付をするには Yahoo! JAPAN IDの取得(無料)が必要です。

  • Vポイント
    Vポイントを使って1ポイントから寄付できます。
Yahoo!ウォレット
クレジットカードで100円から寄付できます。

プロジェクトオーナー

[特定非営利活動法人 ADRA Japan]の画像
特定非営利活動法人 ADRA Japan

ADRA(アドラ)は、世界約120国に支部を持つ世界最大規模の国際NGOです。紛争・災害被災地や途上国において、人種・宗教・政治の区別なく、一人ひとりに寄り添った支援活動に取り組んでいます。

この団体に関連するプロジェクトはこちら

領収書発行について

このプロジェクトでは1回3,000円以上の寄付から領収書の発行が可能です。
※クレジットカードでの寄付に限ります。詳しくはヘルプページをご参照ください。

団体のプライバシーポリシー

特定非営利活動法人ADRA Japanのプライバシーポリシーは、
https://www.adrajpn.org/A_ProtectionPersonalInfo.htmlをご覧ください。

なお、Yahoo!ネット募金に関し、LINEヤフー株式会社より提供を受けた個人情報については、次の目的の範囲においてのみ利用します。

・寄付金に関する領収書の送付(当団体がYahoo!ネット募金での寄付者に対して領収書発行を行う場合)

Facebookコメントで寄付先への応援をお願いします

記入された応援のコメントは、寄付先団体およびYahoo!ネット募金の広報・宣伝活動(記者会見やプレスリリースでのご紹介等を含む)に 使用させていただく場合がございます。
ご了承の上、コメントを記載いただきますようお願いいたします。(2020年9月23日追記)

※本コメント機能はMeta Platforms Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してLINEヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

  • Facebookでシェアする
  • X(旧Twitter)でシェアする

注目のプロジェクト