IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【アフガニスタン地震】
食料危機に重ねて地震被害。命をつなぐ支援を届けます
(ADRA Japan)

寄付受付開始日:2022/06/23

  • 領収書あり
[【アフガニスタン地震】 食料危機に重ねて地震被害。命をつなぐ支援を届けます (ADRA Japan)]の画像
(アフガニスタン・バーミヤン州 2021年10月撮影)

特定非営利活動法人 ADRA Japan

プロジェクト概要

更新日:2022/06/29

食料不足が深刻なアフガニスタンで地震発生。支援を必要としています。

アフガニスタンでは、経済の停滞と干ばつの影響により、深刻な飢餓、栄養失調、飢饉のリスクに直面している方が多く発生しており、アフガニスタンの半数以上にあたる約2,440万人が人道危機に直面している状態です(※1) 。

加えて、2022年6月22日に発生した地震により、アフガニスタン東部の地域で2,500人以上の死傷者が出ており、多くの家屋が倒壊していると見られています。(※2)

アドラは、緊急食糧支援を今月6月からスタートできるよう準備を進めて来ましたが、食糧配付に加えて、地震の被害状況の調査をおこない、人々に寄り添った必要とされる緊急支援を届けるため、皆さまの支援を必要としています。


アドラは、2002年よりアフガニスタンでの活動を開始し、これまで、家を失ってしまった方への食糧やシェルター支援のほか、寒い冬を乗り切るための越冬支援、子どもたち、特に女子の教育環境を整える学校建設や啓発活動等に取り組んできました。2021年8月以降も、刻々と変わる現地の状況に対応しながら、現地での活動を継続しています。


また、人々が十分な食料を得られているかどうかを5段階(フェーズ)で示す総合的食料安全保障レベル分類(IPC)によると、アフガニスタンの状況は、命の危険がある第4フェーズに該当しており、一部の地域ではすでに約2万人が一番深刻な状態である第5フェーズに突入しています(※3)。

ユニセフのレポートによると、もし今のまま何の支援も届かないと毎日112人の子どもが命を落としてしまいます(※4)。


アドラは、現地にいるチームを中心に現在の人々の状況を把握し、アフガニスタンの方々の命をつなぐために必要なあらゆる支援を届けます。


今後、必要になると考えられる活動は以下の通りです。

・地震被災地調査や支援の調整
・飢餓の危機に直面している方の調査や支援の調整
・水や食糧の調達、配付
・衛生用品や生活必需品の配付
・現金または必要物資と交換できるバウチャーの配付
・避難所やシェルター支援
・移動が必要な方への支援
・医療支援
・冬が近づく前の越冬支援

<過去の活動事例>

2018年 アフガニスタンでの食糧支援の様子(1)
2018年 アフガニスタンでの食糧支援の様子(2)
2018年 アフガニスタンでの食糧支援の様子(3)

飢餓の危機と地震被害に見舞われているアフガニスタンの方々に
皆さまの温かいご支援をお願いいたします。

寄付金の使いみち

こちらのプロジェクトへのご寄付は、アフガニスタンで支援を必要としている方々の支援活動のために大切に使わせていただきます。

・現地調査、支援調整、情報発信
 (通信費、交通費、人件費など)
・水、食糧、衣類や生活必需品、衛生用品、防寒用具などの
 緊急支援物資の購入、輸送、配付
・シェルターや避難場所の確保
そのほか、アフガニスタンで命をつなぐのが困難な方が
必要としているあらゆる支援

※現地の状況によって支援する内容や活動が変更・追加となる場合があります。
 また情勢によっては、アフガニスタン国外からの支援に切り替える場合もあります。

なお、活動を支える事務所の管理運営費などのため、最大20%を運営費として大切に活用させていただきます。

#afghanistan_earthquake

活動情報

更新日:2022/06/29

現地調査をおこなっています。

アドラは地震発生直後から、現地で支援活動をおこなうための調査を急いでいます。

(2022年6月23~25日 パクティカ県ガヤン州・バーマル州現地調査より)

地震による甚大な被害がでているアフガニスタンでは余震も続き、人々は飢えと恐怖を抱えています。アドラは、今必要な支援を迅速に届けるため、被災地にスタッフを送り現状を調査しています。

(2022年6月23~25日 パクティカ県ガヤン州・バーマル州現地調査より)
(2022年6月23~25日 パクティカ県ガヤン州・バーマル州現地調査より)

被災地では、家々は崩れ落ち、家族や大切な我が家を失った悲しみとこれからの生活への不安があふれています。残っている建物にも大きな亀裂が入り、余震による崩落を避け、人々は布をテント上に張ったシェルターに身を寄せています。

(2022年6月23~25日 パクティカ県ガヤン州・バーマル州現地調査より)
(2022年6月23~25日 パクティカ県ガヤン州・バーマル州現地調査より)

アフガニスタン国内の情報はなかなか得ることができない状況ですが、余震もあり、不安の中、家に戻ることができない方も多く出ています。

地震の前から深刻化していた食糧危機に重ね、アフガニスタンの方々は命に関わる困難に直面しています。命をつなぐ支援を届けるため、支援を集めています。ご協力をお願いいたします。

※当募金ページに記載の内容については、プロジェクトオーナーが責任を負っており、ヤフー株式会社が責任を負うものではありません。詳しくは免責事項をご覧ください。
※本ページの「プロジェクト概要」「活動情報」「寄付金の使いみち」に掲載のリンクは、外部サイトに移動します。

寄付総額
1,236,632
残り日数
あと133
2022/12/23 18:00 まで
寄付人数
1,494

※寄付をするには Yahoo! JAPAN IDの取得(無料)が必要です。

  • T-point
    Tポイントを使って1ポイントから寄付できます。
Yahoo!ウォレット
クレジットカードで100円から寄付できます。

プロジェクトオーナー

特定非営利活動法人 ADRA Japan

ADRAは、世界約120国に支部を持つ世界最大規模の国際NGOです。ADRA Japanはその日本支部として1985年に設立され、途上国や災害被災地において、人種・宗教・政治の区別なく、自然災害や紛争の被災者、医療を必要としている人々、教育を受けられない女性や子どもたちなどに寄り添い、自立を助ける支援や緊急支援を届けています。

この団体に関連するプロジェクトはこちら

領収書発行について

このプロジェクトでは1回3,000円以上の寄付から領収書の発行が可能です。
※クレジットカードでの寄付に限ります。詳しくはヘルプページをご参照ください。

団体のプライバシーポリシー

特定非営利活動法人ADRA Japanのプライバシーポリシーは、
https://www.adrajpn.org/A_ProtectionPersonalInfo.htmlをご覧ください。

なお、Yahoo!ネット募金に関し、ヤフー株式会社より提供を受けた個人情報については、次の目的の範囲においてのみ利用します。

・ 寄付金に関する領収書の送付(当団体がYahoo!ネット募金での寄付者に対して領収書発行を行う場合)

Facebookコメントで寄付先への応援をお願いします

記入された応援のコメントは、寄付先団体およびYahoo!ネット募金の広報・宣伝活動(記者会見やプレスリリースでのご紹介等を含む)に 使用させていただく場合がございます。
ご了承の上、コメントを記載いただきますようお願いいたします。(2020年9月23日追記)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

メルマガの配信登録/解除はこちら

注目のプロジェクト