全国のみなさま。いつも24時間テレビへのご寄付ありがとうございます。

昨年の8月26日~27日に放送されました「24時間テレビ40『愛は地球を救う』」を中心として、この1年間で集まった寄付金の総額は、6億9,915万3,512円となりました。これらの寄付をもとに、全国に180台の福祉車両の贈呈、バドミントン用車いすの贈呈、小児筋電義手の贈呈など、さまざまな福祉支援を行ってきました。

また、全国35カ所の水辺、山辺の清掃活動・環境保全活動や東日本大震災をはじめ、熊本地震、台風等で大きな被害を受けた地域で、地元に密着した復興支援事業を進めています。7月に発生した西日本豪雨においても、被災した広島・愛媛・岡山・京都・兵庫の5府県に対し義援金を贈呈しました。

みなさまからお預かりした寄付金は、クレジットカードなど各種決済手数料を除き、経費を差し引くことなく、すべて支援活動に活用させていただきます。
引き続き、本年もご寄付のほどよろしくお願いいたします。

24時間テレビチャリティー委員会について

「24時間テレビチャリティー委員会」は、全国からお預かりした寄付金の管理および適切な執行を目的として「24時間テレビ」を放送する全国31社の放送事業者によって組織され、「福祉」「環境」「災害復興」など、公益性の高い支援を全国的に展開してきました。

そして、2013年12月1日に「公益社団法人24時間テレビチャリティー委員会」が発足しました。
「福祉車両贈呈」「環境保護活動支援」「災害復興」に加え、「難病患者支援」「視覚障害者支援(障害者情報保障支援)」「障害者スポーツ支援」など、今後も寄付金の適正な執行に努めてまいります。

寄付金の使いみち

「24時間テレビ」では「愛は地球を救う」をテーマに、【福祉】、【環境】、【災害復興】の3つの分野を支援しています。
みなさまからお預かりした寄付金は、クレジットカードなど各種決済手数料を除き、経費を差し引くことなく、すべて支援活動に活用させていただきます。
詳しくは下記ウェブサイトをご覧ください。

【福祉】
・福祉車両贈呈
・障害者情報保障支援
・難病患者支援
・障害者スポーツ支援
・身体障害者補助犬普及支援

【環境】
・環境保護活動支援

【災害復興】
・自然災害被災地復興支援