IDでもっと便利に新規取得

ログイン

令和3年大雨災害への対応
災害に、最速に、最適に動く。災害復興支援特別基金(日本財団)

寄付受付開始日:2018/03/05

  • 領収書なし
[令和3年大雨災害への対応  災害に、最速に、最適に動く。災害復興支援特別基金(日本財団)]の画像
静岡県熱海市伊豆山地区

公益財団法人日本財団

プロジェクト概要

更新日:2021/08/18

令和3年大雨災害への対応を含めた寄付金を募っています。

被害にあわれた皆さまならびにご家族の皆さまに心よりお見舞いを申し上げます。

7月初旬の大雨によって、土石流の被害を受けた静岡県熱海市をはじめ、鳥取県、島根県、九州地方など全国各地で被害が発生しました。

8月11日から続く大雨でも、全国各地で大規模な被害が報告されています。

日本財団では、連携先からの情報を得ながら、支援ニーズの把握に努めています。また、被災地支援に活用するべく、寄付金を募らせていただきます。

被害状況および支援状況により、皆さまからお預かりしたご寄付のすべてを活用できない場合、今後発生する災害において、速やかに被災地で支援活動を行う際の支援金として活用させていただきます。
皆様のあたたかいご支援をどうかよろしくお願いいたします。(2021年8月17日更新)

大規模な災害が発生した際に、被災地のリアルな状況をいち早くつかみ、必要な支援を、必要なところへ迅速に届けます

「災害復興支援特別基金」は、いつ、どこで発生するか分からない災害に備え、いざ災害が発生した際に、民の立場で迅速な緊急支援を実施することを目的としています。

東日本大震災における支援活動の様子

災害に、最速で、最適に動く。

東日本大震災の最大の教訓は、災害対策は起きてからでは遅いということ。
大災害が起きたとき、真っ先に動くための「支援金」を蓄えておく仕組みが「災害復興支援特別基金」です。

「災害復興支援特別基金」は平時より備え、大規模な災害が発生した際に民間の立場で迅速な緊急支援を行います。

床下からかき出した泥を集めるボランティアたち

被災者に寄り添った支援を

被災地では行政によるインフラの復旧などの活動と同時に、NPO団体等、民間の視点による被災者に寄り添ったきめの細かい支援活動も欠かせません。

日本財団は、阪神淡路大震災以降50回以上、災害支援に出動し、NPOやボランティア団体とともに被災者に寄り添った支援を行っています。

炊き出しの様子

「支援金」と「義援金」の違い

「支援金」とは、被災者の方に直接送られる「義援金」とは違い、被災地でさまざまな支援活動を行う団体が被災者を助けるために活用されるものです。

【日本財団 活動紹介動画】災害復興支援事業
日本財団の災害支援と寄付金による支援事例

※プロジェクトのタイトルを変更しました。(2021年7月)

寄付金の使いみち

皆さまからいただいたご寄付は全額を現地の支援に活用させていただきます。皆さまからの温かなご寄付をどうぞよろしくお願いいたします。

【主な使いみち】
1.ボランティア団体、NPOが行う支援活動への助成
 ・ボランティア派遣、ボランティアコーディネートを行う活動
 ・瓦礫(がれき)撤去、泥出し、片付け活動
 ・要支援者(障がい者、高齢者、妊産婦、乳幼児など)支援活動
 
2.その他必要な支援


#311寄付はチカラになる
#令和3年7月豪雨災害
#令和3年8月豪雨災害
"#emergencyrelief"

活動情報

更新日:2021/08/18

災害復興支援特別基金 支援実績

日本財団は、被災された皆さまに対し、下記の支援策を緊急実施。
募金を開始し、幅広い協力を呼びかけました。

■令和2年7月豪雨被害への支援
<令和2年7月豪雨被災地支援 日本財団公式ページ>

■令和元年東日本台風(台風19号)被害への支援
<令和元年東日本台風(台風19号)被災地支援 日本財団公式ページ>

■令和元年房総半島台風(台風15号)被害への支援
<令和元年房総半島台風(台風15号)被災地支援 日本財団公式ページ>

■令和元年九州北部豪雨への支援
<令和元年九州北部豪雨 被災地支援 日本財団公式ページ>

■平成30年北海道胆振東部地震被災地支援
・15団体15事業に対し緊急支援を実施
<平成30年北海道胆振東部地震被災地支援 日本財団公式ページ>
【支援総額:14,460,000円】

■平成30年7月豪雨災害
・79事業に対し緊急支援を実施
<平成30年7月豪雨被災地支援 日本財団公式ページ>
【支援総額:147,305,500円】(2019.3.30現在)

■平成30年6月大阪府北部地震
・4団体4事業に対し緊急支援を実施
<大阪北部地震への支援 日本財団公式ページ>
【支援総額:6,870,000円】(2019.3.30現在)

■平成29年7月九州北部豪雨(2017年)
・27団体27事業に対し緊急支援を実施
<九州北部豪雨災害への支援 日本財団公式ページ>
【支援総額:23,880,000円】

■平成28年熊本地震
・318団体347事業に対し緊急支援を実施
<平成28年熊本地震への支援 日本財団公式ページ>
【支援総額:316,610,022円】

令和2年7月豪雨被害 被災地の状況
令和元年台風19号 被災地の状況
重機による住宅内の土砂撤去作業
被災地への学生ボランティアの派遣

※当募金ページに記載の内容については、プロジェクトオーナーが責任を負っており、ヤフー株式会社が責任を負うものではありません。詳しくは免責事項をご覧ください。
※本ページの「プロジェクト概要」「活動情報」「寄付金の使いみち」に掲載のリンクは、外部サイトに移動します。

寄付総額
4,192,031
寄付人数
12,144
現在の継続寄付人数:24
毎月の継続的な応援が大きな支えになります。

※寄付をするには Yahoo! JAPAN IDの取得(無料)が必要です。

  • T-point
    Tポイントを使って1ポイントから寄付できます。
Yahoo!ウォレット
クレジットカードで100円から寄付できます。

プロジェクトオーナー

公益財団法人日本財団

日本財団は50年以上の歴史と、6万件以上の社会貢献活動を実施・支援してきた日本最大規模の公益財団法人です。

世の中の社会問題を解決し人々の住み良い暮らしを実現するため、社会福祉・教育・文化、海洋や船舶、海外での人道活動や人材育成の分野を中心に事業を推進しています。

この団体に関連するプロジェクトはこちら

領収書発行について

このプロジェクトでは領収書の発行をおこなっておりません。

Facebookコメントで寄付先への応援をお願いします

記入された応援のコメントは、寄付先団体およびYahoo!ネット募金の広報・宣伝活動(記者会見やプレスリリースでのご紹介等を含む)に 使用させていただく場合がございます。
ご了承の上、コメントを記載いただきますようお願いいたします。(2020年9月23日追記)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

メルマガの配信登録/解除はこちら

注目のプロジェクト