• 冠水した地区(2018年7月8日)

  • 概要
  • 活動情報 2018年8月29日 更新

HuMAの被災地での活動は8月末をもって終了いたします。

地元の医療機関とのつながり、訪問看護ステーションや地元の人たち、外部からのボランティアなど、みんなの力で徐々に復興が進んできています。もちろんまだまだ元通りの生活には遠いですが、医療の面では地元の力で被災者を支えることが可能となってきました。
皆様にご支援いただいたおかげでここまで医療支援活動を継続することができました。本当にありがとうございました。(追記 8/29)

ご寄付のうち約15%をHuMAの運営費として(東京サポートオフィスの管理運営費、事務に関わる諸費用、調査・提言のための費用など)、使用させていただきます。
また、今回の活動が終了した後は、今後の被災者緊急支援の準備資金として使用させていただく場合があります。(追記 7/30)

西日本豪雨被害にあわれた方へ医療支援活動を開始します。

7月5日から7日にかけて、西日本各地で前例のない豪雨が降り、甚大な水害、土砂崩れが起こりました。水害、土砂崩れによる直接的な被害を受けた方に加え、避難所などに避難している被災者の方がたくさんいます。水害で自宅が住める状態でなくなってしまった方々は、避難所生活が長期化する可能性があります。避難所での生活は大きなストレスがかかり、体調を崩す方もおられます。

HuMAは東日本大震災をはじめ熊本地震や九州北部豪雨、海外での災害支援の経験から、避難所をまわり、医療ニーズの調査を行い、必要とされている医療支援活動を行います。

被災地に到着したHuMA隊員
避難所を訪れるHuMA隊員

【7月30日更新】
健康相談を行っています。血圧が高い、疲れやすい、便秘など気軽にご相談いただければと思います。
30日からは薗小学校の保健室で行います。

健康相談

【7月23日更新】
HuMAはピースウィンズジャパン、アジアパシフィックアライアンス、シビックフォースジャパンのご協力で用意していただいたトレーラーハウスを使って診療活動をしています。
これまでは避難者の方に昼間は場所をあけてもらっての活動でした。被災者の方に負担をかけない、被災者中心の支援を行っています。

トレーラーハウス
片付けで怪我をした人が多い
2診体制で夜診もしています

【7月17日更新】
HuMAはピースウィンズ・ジャパンと協働して、本日から夜診を開始します。昼間は片付けなど作業をしておられ、夜に避難所に戻ってきたときにケガや体調不良を訴える方がおられることから、避難者さんや学校関係者の方々からの要望があり、開始することになりました。
他職種、他チームと連携して、少しでも避難者の方の負担を減らすように心がけています。


1年1組での診療
粉塵が目に入り結膜炎症状を訴える方が多い
他職種での連携

【7月14日更新】
HuMAは真備町の避難所で巡回診療をしています。この暑さで避難所で体調を崩してしまう方や、片付けで怪我をする人、お薬が流されてしまった方、たくさんの人が受診されます。
みなさんぎりぎりまで我慢しての受診になりがちなので、思わぬ重症の方もいらっしゃいます。

教室での診療活動
縫合などの処置が必要な人もいる
他チームとの連携

寄付金の使いみち

寄付金は西日本豪雨で被災した方の支援に使わせていただきます。
最新の活動については以下からご覧ください。
HuMAの活動 - 災害支援活動