IDでもっと便利に新規取得

ログイン

がんになっても笑顔で育つ!

寄付受付開始日:2018/01/17

  • 領収書なし
[がんになっても笑顔で育つ!]の画像
がんになっても笑顔で育つ

公益財団法人チャイルド・ケモ・サポート基金

プロジェクト概要

更新日:2018/01/17

チャイルド・ケモ・ハウスは、小児がんをはじめとした医療的ケアが必要な子どもと家族のための施設です。

チャイルド・ケモ・ハウスは、病院と家の中間的施設です。
病院よりもアットホームですが、医療者がすぐ近くにいる安心感があります。
施設内には、大きな天窓から太陽の光が入ってくる広いスペースや、家のようなお部屋があります。きょうだいなど家族も一緒に過ごせます。
体力が低下している子ども達も安心して過ごせる空間です。
医師・看護師・臨床心理士・ボランティアなどのスタッフがお待ちしています。

小児がんになると子どもも付き添い家族もこのような環境で数カ月から1年以上過ごさなければなりません。
チャイルド・ケモ・ハウスでは家のような環境で療養する事ができます。付き添い家族のためのスペースも十分あります。
安全に遊ぶことができる共有スペースです。大きな天窓からは太陽の光を感じることができます。
共有スペースを使って、たくさんのイベントを開催しています。

寄付金の使いみち

(1)小児がん等の難治性小児疾患の患児とその家族が滞在できる施設の設置・運営
(2)小児がん等の難治性小児疾患の患児とその家族を支援する団体等に対する助成
(3)小児がん等の難治性小児疾患の患児とその家族を対象とした診療所の経営
(4)その他この法人の目的を達成するために必要な事業

活動情報

更新日:2018/01/17

小児がんなどの難治性小児疾患の子どもと家族の支援として、日本で初めての家族と一緒に療養できる家族滞在型診療所「チャイルド・ケモ・ハウス」を運営しています。

2013年より以下の活動をしています。
・小児がん患児の入院治療(常時)
・小児がん患児の訪問診療、訪問看護(常時)
・小児がんなどの難治性小児疾患を抱えた子どもの家族の相談支援
・療養支援(常時)
・小児がん患児やその家族のためのイベント開催(年10回程度)
・小児がんに対する啓発活動(年1回チャイケモウォークという神戸の街を歩くウォークイベントを開催)

 
チャイルド・ケモ・ハウス内でのクリスマスイベント
神戸の街を歩くチャイケモウォーク(小児がん啓発活動)
チャイルド・ケモ・ハウス内でのイベント

※本ページの「プロジェクト概要」「活動情報」「寄付金の使いみち」に掲載のリンクは、外部サイトに移動します。

寄付総額
1,986,639
寄付人数
8,875
現在の継続寄付人数:29
毎月の継続的な応援が大きな支えになります。

※寄付をするには Yahoo! JAPAN IDの取得(無料)が必要です。

  • T-point
    Tポイントを使って1ポイントから寄付できます。
Yahoo!ウォレット アクセプタンスマーク

プロジェクトオーナー

公益財団法人チャイルド・ケモ・サポート基金
公益財団チャイルド・ケモ・サポート基金は、内閣府より公益性の高い団体と認められ2011年8月1日に公益財団と認定されました。これにより、当法人へのご寄付は税制優遇を受けることが可能になりました。


<目的>

この法人は、小児がん等の難治性小児疾患の患児及びその家族を支援する環境を改善し、また必要な整備を講じるため、安価で滞在できる施設を設置、運営することによって小児医療や家庭の福祉に貢献し、また小児がん等の難治性小児疾患の患児及びその家族またはその家族等を支援する団体等への助成を行うことにより、わが国における小児がん等の難治性小児疾患の患児への支援体制の確立に寄与することを目的とする。


<事業>

(1)小児がん等の難治性小児疾患の患児とその家族が滞在できる施設の設置・運営

(2)小児がん等の難治性小児疾患の患児とその家族を支援する団体等に対する助成

(3)小児がん等の難治性小児疾患の患児とその家族を対象とした診療所の経営

(4)その他この法人の目的を達成するために必要な事業
この団体に関連するプロジェクトはこちら

領収書発行について

このプロジェクトでは領収書の発行をおこなっておりません。

Facebookコメントで寄付先への応援をお願いします

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

注目のプロジェクト