くじ付き募金実施中

寄付いただいた方の中から抽選で1名さまに、選手会役員の直筆サイン入りサッカーボールをプレゼントします。

一般社団法人日本プロサッカー選手会「J100年基金」

一般社団法人日本プロサッカー選手会が、2011年5月30日に、東日本大震災被災地の支援や今後起こり得る自然災害に備えるために設立した基金です。選手会所属選手からの義援金やチャリティーオークションの売り上げを原資とし、被災地でのサッカー教室などを実施し、現在も継続した活動を行っています。

「チャリティーサッカー2016 ふれあい活動“グリーティングDAY” in 福島」 2016年12月11日(日)、福島県いわき市で開催しました。
「チャリティーサッカー2016 ふれあい活動“グリーティングDAY” in 宮城」 2016年12月18日(日)、宮城県登米市で開催しました。
「チャリティーサッカー2016 ふれあい活動“グリーティングDAY” in 岩手」 2016年12月23日(祝・金)、岩手県山田町で開催しました。
「チャリティーサッカー2016 ふれあい活動“グリーティングDAY” in 熊本」 2016年12月27日(火)、熊本県益城町で開催しました。
2017年6月14日(水)に鳥取県庁におきまして鳥取県中部地震に対する義援金贈呈式を行いました。

寄付金の使いみち

2017年12月~2018年1月に岩手県、宮城県、福島県、熊本県で開催する「チャリティーサッカー2017 ふれあい活動“グリーティングDAY”」の活動原資となるほか、「J100年基金」にまとめられ、被災された地域や避難された子どもたちが、これまで通り、誰もがいつでもサッカーを楽しむことができる活動資金に活用いたします。