• バングラデシュの難民キャンプ

ロヒンギャ難民緊急支援

アジア6カ国が加盟するA-PADでは、現在バングラデシュの難民キャンプで緊急医療活動を続けるA-PADバングラデシュをサポートしています。

ミャンマーで迫害を受けた少数民族「ロヒンギャ」の難民は50万人以上。バングラデシュの国境沿いに押し寄せ、その数は毎日5000人規模で増え続けています。劣悪な環境の難民キャンプでは、衛生状況が悪く、乳幼児が命の危機にさらされています。また、食糧や日薬品なども不足しています。

A-PADは、現地の医療関係者とともに難民キャンプに病院を立ち上げ、子どもや妊産婦への栄養剤の投与、食糧の配布や救命処置・診療などの活動を続けています。
この人道危機を乗り越えるために、皆様の応援をよろしくお願いします。

難民キャンプに診療所を開設し、子どもたちを診療
診療所に並ぶたくさんの親子。A-PADは医薬品や食糧配布の活動も行っています。
妊産婦への医療支援活動を続けるA-PADバングラデシュの医師
長い列をつくって食糧配給を待つ難民たち

寄付金の使いみち

皆様からのご寄付は、バングラデシュ難民キャンプでの医療支援活動や食糧配布などの活動のために活用いたします。

●活動報告はこちらをご覧ください。
A-PADからのニュース