IDでもっと便利に新規取得

ログイン

重い病気の子どもとその家族を、
私たちと一緒に支えていただけませんか

寄付受付開始日:2017/09/01

  • 領収書なし
[重い病気の子どもとその家族を、 私たちと一緒に支えていただけませんか]の画像

公益社団法人こどものホスピスプロジェクト

プロジェクト概要

更新日:2019/10/25

友のように寄り添って、その子の生きるを支える
「あそび創造広場TSURUMIこどもホスピス」

日本には、15万人いると言われる難病の子どものうち、生命を脅かされる病気を伴う子どもの数は2万人と言われています。
TSURUMIこどもホスピス(TCH)は、難病により生命を脅かされた子どもの学び、遊び、ふれあい、やってみたいと思うことをかなえ、その子の成長を支える場所。
きょうだいや家族がつらいときや悲しいときに支えが得られ、自由に休める場所。たとえ、どんな病気になっても、同世代の子どもたちと同じ経験を生きる時間を大切にしたい。
「BesideYou」TCHは病気の子どもの大事なひとときに、そっとそばに寄り添う、そんなもう一つのおうちです。

個別性に応じた細やかなTCHの活動を支えるため、民間の慈善寄付によって運営をしています。日本初のコミュニティー型の子どもホスピスを運営するためには、皆さまからのご支援が必要です。

「Tポイントで寄付」なら1ポイントから募金いただくことができます。
Yahoo!ショッピングなどを通じて入手した、有効期限間近の期間固定ポイントがございましたら、私たちと一緒に、重い病気の子どもとその家族を支えていただけませんでしょうか。

寄付金の使いみち

「TSURUMI こどもホスピス(TCH)」が支えようとするLTC の子どもたちに必要なのは、その子らしく生きることができる時間と機会です。
皆様のご寄付により、子どもと家族の願いを実現したり、彼らの時間をそっと見守れる環境を創っていきたいと考えています。病院ではない、第2の我が家であるコミュニティー型の子どもホスピス。
あなたができる「寄り添い」を、ご一緒に。TCH へのご支援をよろしくお願いいたします。

●活動レポート:http://www.childrenshospice.jp/topics/?topics_cat=report

※当募金ページに記載の内容については、プロジェクトオーナーが責任を負っており、ヤフー株式会社が責任を負うものではありません。詳しくは免責事項をご覧ください。
※本ページの「プロジェクト概要」「活動情報」「寄付金の使いみち」に掲載のリンクは、外部サイトに移動します。

寄付総額
2,106,268
寄付人数
6,871
現在の継続寄付人数:7
毎月の継続的な応援が大きな支えになります。

※寄付をするには Yahoo! JAPAN IDの取得(無料)が必要です。

  • T-point
    Tポイントを使って1ポイントから寄付できます。
Yahoo!ウォレット アクセプタンスマーク

プロジェクトオーナー

公益社団法人こどものホスピスプロジェクト

公益社団法人こどものホスピスプロジェクトは、日本ではなじみの薄かった「子どもホスピス」の必要性を訴えた有志が結集し、2010年12月に法人設立された団体です。その後、多くの皆さまのご支援と地道な活動の積み上げにより、2016年4月、念願であった「TSURUMI こどもホスピス(TCH)」を大阪の鶴見緑地公園に開設することができました。

名誉会長にご就任いただいた喜谷昌代さんは法人設立当時こうおっしゃられました。「一つの国がその社会に生きる弱者をいかにケアするのか、または、どの位のケアをしているのかは、その国の社会の良し悪しのバロメーターになると言われております」と。

私たちは、子どもホスピスという存在を日本社会に根付かせたいとの思いを実現するため、以下のようなTSURUMIこどもホスピス(TCH)のビジョンとミッションを掲げ、活動を進めてまいります。

この団体に関連するプロジェクトはこちら

領収書発行について

このプロジェクトでは領収書の発行をおこなっておりません。

Facebookコメントで寄付先への応援をお願いします

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

注目のプロジェクト