IDでもっと便利に新規取得

ログイン

北海道地震 緊急支援
(アジアパシフィックアライアンス・ジャパン)

寄付受付開始日:2018/09/06

  • 領収書なし
[北海道地震 緊急支援 (アジアパシフィックアライアンス・ジャパン)]の画像
専用航空機で被災地へ向かう「空飛ぶ医師団」の医師らレスキューチーム

特定非営利活動法人アジアパシフィックアライアンス・ジャパン

プロジェクト概要

更新日:2018/09/06

北海道地震 緊急支援

9月6日3時8分頃、北海道胆振地方中東部を震源地とするマグニチュード6.7の地震を受け、A-PADジャパン(佐賀)は、6日朝、医師2名を含むレスキューチームを佐賀空港から専用航空機で北海道へ派遣しました。被災地では、緊急支援を専門とする公益社団法人Civic Forceやピースウィンズ・ジャパンとともに、土砂災害警報や避難指示などが出ている厚真町などで、救命活動と行方不明者の捜索などを開始する予定です。

被災地へ向かった佐賀大学医学部付属病院高度救命救急センターの医師
救助犬「夢之丞」も被災地へ

A-PADジャパンは、国内外で相次ぐ自然災害やアジア地域の情勢変化に対応するべく、2017年8月に、新しい民間のレスキューチーム「空飛ぶ医師団/Flying Emergency Team with Doctors」を設立。東日本大震災、熊本地震、ネパール地震、西日本豪雨をはじめ国内外の災害の現場で緊急支援にあたってきた経験を生かし、より多くの人の命を救うため、専用航空機を導入し医療関係者との連携を強化しました。

拠点は佐賀。佐賀県や佐賀大学医学部付属病院高度救命救急センターの協力により、佐賀空港を拠点とした出動体制が可能となりました。国内外の災害で一人でもたくさんの命を救えるよう、さらに多くの志ある皆さんと幅広くつながり、協力体制を整えています。

「空飛ぶ医師団」の活動は佐賀県と佐賀空港の協力を得て実施しています

寄付金の使いみち

皆様からのご寄付は、被災地における上空からの調査や医師・看護師による救命活動、行方不明者の捜索活動などに活用させていただきます。

■活動報告
A-PADジャパン 最新ニュース

活動情報

更新日:2018/09/06

これまで日本国内では
・平成28年熊本地震
・平成29年7月九州北部豪雨
・平成30年大阪北部地震
・平成30年7月豪雨(西日本豪雨)
などの被災地で緊急支援活動を展開しました。

※本ページの「プロジェクト概要」「活動情報」「寄付金の使いみち」に掲載のリンクは、外部サイトに移動します。

寄付総額
1,132,581
目標金額
20,000,000
達成率5%
寄付人数
2,279
現在の継続寄付人数:5
毎月の継続的な応援が大きな支えになります。

※寄付をするには Yahoo! JAPAN IDの取得(無料)が必要です。

  • T-point
    Tポイントを使って1ポイントから寄付できます。
Yahoo!ウォレット アクセプタンスマーク

プロジェクトオーナー

特定非営利活動法人アジアパシフィックアライアンス・ジャパン
■アジアパシフィックアライアンス・ジャパン(A-PADジャパン)は、アジア太平洋地域で災害が起きたとき、NGO・企業・政府などが国境を超えて相互に協力する国際機関「A-PAD」の日本法人として、2015年11月に設立されました。



■災害が起きた時、一刻も早く一人でも多くを救うため、日々トレーニングを積んだ災害救助犬・レスキューチームが、医療従事者やパイロットなどと協力し「空飛ぶ医師団」の活動を展開します。
この団体に関連するプロジェクトはこちら

領収書発行について

このプロジェクトでは領収書の発行をおこなっておりません。

Facebookコメントで寄付先への応援をお願いします

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

注目のプロジェクト