IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「空飛ぶ捜索医療団"ARROWS"」 
〜より早く、もっと多くの命を救うために〜

寄付受付開始日:2017/08/23

  • 領収書なし
[「空飛ぶ捜索医療団"ARROWS"」  〜より早く、もっと多くの命を救うために〜]の画像
一刻も早く被災地へ駆けつけます

特定非営利活動法人アジアパシフィックアライアンス・ジャパン

プロジェクト概要

更新日:2020/03/04

「出動を繰り返せば、救命例は必ず増える」

「救急医療は砂浜で宝石を探すような仕事。24時間365日いつでも出動できる体制を整え、患者の命を救うのは既存の仕組みだけでは難しい。だからこそ、医療従事者を現場へ迅速に投入する活動はとても重要」。

こう話すのは、「空飛ぶ捜索医療団"ARROWSアローズ"(旧・空飛ぶ医師団)」のアドバイザリーボードメンバーである阪本雄一郎医師。
年間約7,000件の救急患者と、年間500件のドクターヘリの要請を受け入れる佐賀大学医学部附属病院高度救命救急センター長として数々の人命を救い、ドクターヘリについて描いたドラマ『コードブルー』のモデルとしても知られています。
「アローズへの参加を通じて、常時の救急医療に加え災害時の医療現場に出向く準備を整えます。出動を繰り返せば、必ず劇的な救命例が増えると確信しています」(阪本センター長)

一刻も早く、一人でも多くの命を救うために

国内外で相次ぐ自然災害やアジア地域の情勢変化に対応するべく、A-PADジャパンは、2017年8月、新しい民間のレスキューチーム「空飛ぶ医師団/Flying Emergency Team with Doctors」の設立に参画。2019年12月には、東京や広島にある災害支援専門のNPOとともに、医療を軸とする緊急支援体制を強化し、「空飛ぶ捜索医療団"ARROWS"」に名称変更しました。
東日本大震災、熊本地震、ネパール地震、西日本豪雨、九州北部豪雨、台風19号など国内外の災害現場で緊急支援にあたってきた経験を生かし、より多くの人の命を救うため、ARROWSは専用航空機を導入し医療関係者との連携を強化しました。

ARROWSは、被災地や紛争後の地域で救命活動を行うプロフェッショナルチームです。

国内外の災害で一人でもたくさんの命を救えるよう、さらに多くの志ある皆さんと幅広くつながり、協力体制を整えていきます。

救助訓練に励むレスキュー隊員

寄付金の使いみち

みなさまから寄せられたご支援は、下記の活動などに使わせていただきます。
その他さまざまな危機に迅速に対応するための訓練や準備体制構築に活用いたします。
・災害時にいち早く被災地へ駆けつける航空機やヘリの運航経費
・常時訓練に励んでいるレスキュー隊の運営・派遣
・医療チームによる現場での緊急医療対応・資機材の活用

活動情報

更新日:2020/03/04

「空飛ぶ医師団」改め「空飛ぶ捜索医療団"ARROWS”」へ


災害が頻発する昨今、大規模災害の被災地にいち早く駆けつけ、より多くの救助・救命活動を行うため、このたび医療を軸とした災害緊急支援プロジェクト「空飛ぶ捜索医療団”ARROWS”」が発足しました。ヘリコプターなどの航空機を活用し、医師などの医療従事者や災害救助犬などの救助チームが被災地に赴くことから、「Airborne Rescue & Relief Operations With Search」の頭文字をとって、ARROWS(アローズ)と名付けました。

メンバーは、佐賀県を拠点とするA-PADジャパンのほか、国内外で豊富な災害支援の実績を持つNPO法人ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)、官民連携の災害時プラットフォーム機能をもつ公益社団法人Civic Forceなど多くの組織が力を合わせます。また、経済・政治・医療など各界のリーダーがアドバイザリーボードメンバーとして参画し、活動を支えます。現場では自治体、病院、NPO、さらに米軍などとも連携を図り、医療・レスキューから物資配布や避難所運営まで必要な支援を最適な形で届けます。災害時の緊急支援だけでなく、平時の防災・減災の活動にも力を入れ、医師や災害支援経験豊富なスタッフが企業や団体、子どもたちに向けて、災害時の初期対応や自分で命を守る方法などを伝えていきます。

新型コロナウイルスと闘う医療従事者向けに防護服などを輸送(2020年2月)。ARROWSは災害に限らずさまざまな危機に対応
「高齢患者を抱え戦々恐々と感染対策を行うなか、届いたマスクに元気をもらいました!」ー国内137の医療・福祉施設へマスク17万枚を配布(2020年3月)

※当募金ページに記載の内容については、プロジェクトオーナーが責任を負っており、ヤフー株式会社が責任を負うものではありません。詳しくは免責事項をご覧ください。
※本ページの「プロジェクト概要」「活動情報」「寄付金の使いみち」に掲載のリンクは、外部サイトに移動します。

寄付総額
1,872,821
目標金額
20,000,000
達成率9%
寄付人数
8,353
現在の継続寄付人数:6
毎月の継続的な応援が大きな支えになります。

※寄付をするには Yahoo! JAPAN IDの取得(無料)が必要です。

  • T-point
    Tポイントを使って1ポイントから寄付できます。
Yahoo!ウォレット アクセプタンスマーク

プロジェクトオーナー

特定非営利活動法人アジアパシフィックアライアンス・ジャパン

●アジアパシフィックアライアンス・ジャパン(A-PADジャパン)は、アジア太平洋地域で災害が起きたとき、NGO・企業・政府などが国境を超えて相互に協力する国際機関「A-PAD」の日本法人として、2015年11月に設立されました。


●災害が起きた時、一刻も早く一人でも多くを救うため、日々トレーニングを積んだ災害救助犬・レスキューチームが、医療従事者やパイロットなどと協力し「空飛ぶ医師団」の被災地での活動を展開します。

この団体に関連するプロジェクトはこちら

領収書発行について

このプロジェクトでは領収書の発行をおこなっておりません。

Facebookコメントで寄付先への応援をお願いします

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

注目のプロジェクト