• 人も動物も共に幸せに生きる社会を目指して

  • 概要
  • 活動情報

家族の一員から社会の一員へ!

新潟動物ネットワーク(NDN)は、人と動物が共に幸せに生きる社会を目指して2001年7月に発足した任意団体です。
身近な動物問題を解決するために1人ひとりができることから取り組んでいますが、最初はたった1匹の命も救うことはできず、保健所で寒さに震える犬猫たちに古毛布を届けることからスタートしました。

保健所に収容された犬。首に針金が巻かれていた

その後、保護活動を開始して、現在までに4,000頭以上の犬猫小動物の譲渡を行っております。

譲渡会の様子

当会はシェルターはなく、一般家庭での保護・譲渡を信条としています。理由は、家庭でこそ傷ついた動物たちの心身のリハビリ、ケアができると考えているのと、責任が取れる範囲で活動することで継続性を維持でき、結果として多くの命を救えると考えているからです。

暖かい家庭に迎えられた犬と猫

野良猫問題については蛇口を閉める対策として、平成16年から不妊去勢手術の助成金制度をスタートしており、メス1万円、オス5千円(新潟県内の会員限定で1人年間5匹まで)を補助しています。
平成28年度は433頭に助成を行うことができました。併せて地域猫活動、TNR、1人では解決できない深刻な多頭崩壊などの問題については「猫の手募金」という制度を作り取組んでいます。

捕獲器で野良猫を捕獲し(T)、手術後(N)、元の場所へリリース(R)→TNR活動
手術済みの目印に耳カットをしてリリースする。桜の花びらのようなので桜カットという。

次の世代を担う子どもたちに命の大切さを知ってもらうための訪問活動にも力を入れています。
絵本の読み聞かせやビデオ上映、人に捨てられて今は幸せになった犬猫を同伴してエピソードを語り、触れ合ってもらうことで、子どもたちに多くを感じ、学んでもらっていると思います。(写真は活動情報をご覧ください)
また、新潟県内で発生した7.13水害、中越大震災以降、ペット防災にも取組んでいます。東日本大震災では動物救済本部の一員として新潟県内に避難した飼い主さんとペットの支援に当たった他、南相馬市、大熊町では被災者がペットと暮らせる仮設住宅支援を行いました。(写真は活動情報をご覧ください)

人と動物との共生というのは、結局は人間の側の責任ある対応にかかっています。ペットは言葉を話すことも、権利を主張することもできません。(社会的弱者の存在)
私たちがペットとともに暮らす社会を望むなら、それを支える仕組みを、私たち自身が作らなくてはなりません。そのために何ができるか、何をすべきか、これからも考えて活動していきたいと考えています。

ビデオ鑑賞や絵本の読み聞かせなどで命の大切さの啓発活動をしています
学校訪問活動で子どもたちに命の大切さを伝える
東日本大震災 南相馬市内仮設住宅での飼育説明会(2011年)
保護当初のぼろぼろの姿
元気になって里親さんの元へ
新潟動物ネットワークの活動

NDNではさまざまな活動をしています。どうぞご覧ください。

・多頭飼育場改善活動
 http://ndn2001.com/improvement_activity.php

・地域猫を考えよう
 http://ndn2001.com/regional_cat.php

・NDNフェスティバル ゼロアクションNIIGATA! まもろう! 小さな命
 http://ndn2001.com/festival.php

・命の授業「特別な一ぴき」どうして、犬って捨てられちゃうと思う? 発刊のご案内
 http://ndn2001.com/special_one_animal.php

・NDNの啓発パネル
 http://ndn2001.com/pet_disaster_panel.php

寄付金の使いみち

保護動物の保護に伴う各種諸経費(医療費、保護費、消耗品費、譲渡会開催費など)、のら猫不妊去勢手術の助成金制度維持費、各種啓発活動に伴うイベント開催費、訪問活動費用などに使用させていただきます。詳しくは収支報告をご覧ください。
http://ndn2001.com/organizational_summary.php