IDでもっと便利に新規取得

ログイン

システムメンテナンスのお知らせ(11月18日)

11月18日(月)10:00 ~ 17:00頃(予定)の時間帯は、「クレジットカードおよびTポイントによる寄付」がご利用いただけません。お客様にはご不便をおかけしますが、ご理解、ご協力のほどお願いいたします。

東北と熊本の子どもたちの心のケアを

寄付受付開始日:2017/03/02

  • 領収書なし
[東北と熊本の子どもたちの心のケアを]の画像
2016年1月東北キッズアースホームワークショップ

子供地球基金

プロジェクト概要

更新日:2017/03/01

"KIDS HELPING KIDS(子どもたちが子どもたちを救う)" 子供地球基金 KIDS EARTH FUND

子供地球基金は、病気や戦争、災害などで心に傷を負った子どもたちを、物心両面から支援するNPO活動法人です。
1988年、日本で創立以来、多くの紛争地域や災害地域へ画材や絵本の寄贈などを続けています。また、子どもたちへ物やお金だけでなくぬくもりや希望を届けたいという思いから、特に力を注いでいるのがアートを用いた心のケアです。
国外では60カ国以上、そして国内では小児病棟や児童養護施設、東日本大震災・熊本地震被災地に行き、絵を描くワークショップを行っています。

2016年5月東北キッズアースホームワークショップ
2011年7月東北キッズアースホームワークショップ

東日本大震災の一週間後に第一回目の支援に入り、2011年は毎週、2012年から現在まで、月1回以上のワークショップを継続して行い、子どもたちに表現することの大切さを伝えています。
震災4カ月後に宮城県亘理郡に立ち上げたキッズアースホーム(震災によって心に傷を負った子どもたちが夢を語る家)を起点に活動しています。
2016年4月の熊本震災後、被災地に8回入り、子どもたちと絵を描くワークショップを2016年は30回開催いたしました。
5年前に地震を経験した東北の子どもたちに、熊本の子どもたちを応援する絵を描いてもらい、その絵を熊本地震の被災地に届けるなど、アートを通してぬくもりを届ける活動を続けています。

2016年6月熊本被災地ワークショップ

子どもたちのメッセージを送るため今までにフランス・ポンピドーセンターやロシア・プーシキンミュージアムなど、3000回を超える展覧会を行い、子どもたちの絵は世界各地で高い評価を受けています。また、それらの絵は本や企業カレンダー、カード、洋服などの商品のデザインとなり、その収益金を世界中の子どもたちに還元しています。
まさに "KIDS HELPING KIDS(子どもたちが子どもたちを救う)" 活動です。

熊本被災地ワークショップ
「地球」 松本 瑞生 14歳 福島県

寄付金の使いみち

皆様からお預かりいたしましたご寄付は、東北及び熊本被災地の子どもたちと行う、心のケアを目的とした絵を描くワークショップの開催費(絵の具、筆、色鉛筆、画用紙、キャンパス等の画材購入、ウェットティッシュや養生シート など、ワークショップに必要な備品の購入)に大切に活用させていただきます。



#寄付は応援になる

※本ページの「プロジェクト概要」「活動情報」「寄付金の使いみち」に掲載のリンクは、外部サイトに移動します。

寄付総額
647,856
寄付人数
2,622
現在の継続寄付人数:10
毎月の継続的な応援が大きな支えになります。

※寄付をするには Yahoo! JAPAN IDの取得(無料)が必要です。

  • T-point
    Tポイントを使って1ポイントから寄付できます。
Yahoo!ウォレット アクセプタンスマーク

プロジェクトオーナー

子供地球基金
特定非営利活動法人 子供地球基金は、1988年の創立以来 "KIDS HELPING KIDS(子どもたちが子どもたちを救う)" をスローガンに活動を行っています。世界中で行うアートワークショップで描かれた絵や子どもたちから寄贈される絵はTシャツやカレンダーなどのデザインとなり、その収益金を世界中の子どもたちへ還元しています。
この団体に関連するプロジェクトはこちら

領収書発行について

このプロジェクトでは領収書の発行をおこなっておりません。

Facebookコメントで寄付先への応援をお願いします

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

メルマガの配信登録/解除はこちら

注目のプロジェクト