IDでもっと便利に新規取得

ログイン

寄付の受付は終了しました。
合計で1,020,555円のご支援をいただきました。多くのご支援、ありがとうございました。

福島あんざい果樹園にツリーハウスをつくろう!
~東北に100のツリーハウスをつくる~

寄付受付開始日:2017/03/06

  • くじ付き
  • 領収書なし
[福島あんざい果樹園にツリーハウスをつくろう! ~東北に100のツリーハウスをつくる~]の画像

東北ツリーハウス観光協会

プロジェクト概要

更新日:2017/03/05

寄付の受付はまだまだ継続中! ご支援よろしくお願いします。

9月4日からいよいよあんざい果樹園でツリーハウス制作がスタートしました!
制作期間は9月14日までを予定。期間内のお手伝いに参加できます。

9月16日~9月18日の3日間お披露目会を開催します。気軽に遊びにおいでください。
・9月16日 15時 完成テープカット
・9月17日 自由見学 梨狩り
・9月18日 自由見学 梨狩り
午後 ツリーハウスでLIVE
出演:Sonic Tri-Underground 入場無料
※詳細はwebサイトやFB、twitterにてお知らせします。
・公式サイト http://www.tohokutreehouse.com/
・Facebook https://www.facebook.com/100treehouses/
・Twitter https://twitter.com/100treehouses
(2017年9月8日追記)

東北に100のツリーハウスをつくるとは?

東北ツリーハウス観光協会は「東北に100のツリーハウスをつくろう」を合言葉に、2013年10月に宮城県気仙沼に設立した、新しい観光をつくる法人です。これまで6つの地域に7つのツリーハウスを建設してきました。

最初に手がけた気仙沼市徳仙丈にあるツリーハウス「NO.000トムの家」

設立のきっかけの一つは東日本大震災です。たいへん大きな災害を経験しながら、「なぜ、震災復興でツリーハウスなの?」と思われることもしばしばあります。
しかし、「東北に向けられる目」が震災をピークに減少し、被災した地域はすぐにでも、東北が抱えるさまざまな課題を乗り越えていく必要があると考えていました。そのためには、きっとたくさんの人が長く東北をおとずれ、ともだちや家族のように交流することができる場所をつくることが大事だと考えたのです。
「東北に行ってみたい!」と思ってもらうポジティブな理由こそがツリーハウスです。木の上の秘密基地は、こどもも大人も憧れの象徴です。「ツリーハウスが、東北に100個ある」。そんなことを想像したら、誰もが行ってみたいとわくわくしてきませんか?

海と山が身近な気仙沼の町並み。それぞれのツリーハウスづくりに参加する仲間たち。

私たちはツリーハウスをつくるだけではありません。ツリーハウスづくりには、人も土地もお金もアイデアも必要です。だからこそツリーハウスを作る人、手伝う人、支援する人、商売をする人、遊びにくる人……、さまざまな形でツリーハウスと関わる人たちが生まれます。その人たちを「ツリーハウス部員」と呼び、コミュニケーションを通してその場所の可能性を楽しく育てます。「自分たちのツリーハウス」と呼べる特別な場所を持っていることはとてもうれしいことです。
これまで作ってきたツリーハウスは、どれもはっきりと違った個性があります。その場所と、そこに関わった人たちによって、ツリーハウスが形づくられるからです。今回、福島で制作するツリーハウスは、りんごや桃などのおいしい果物を育てている「あんざい果樹園(福島県福島市)」の土地の木で作られます。
ここにできるツリーハウスは、ここにしかない個性を持つものとなり、この果樹園がツリーハウス部員たちにとって特別な場所になっていくことでしょう。すでに完成したツリーハウスの仲間たちとの出会いや交流も生まれるはずです。

ツリーハウスで遊ぶのはもちろん、ツリークライミングの体験やバードハウスづくり、野外教室や郷土芸能など様々な企画が開催されます。

この寄付によって、あんざい果樹園に建つツリーハウス作りが支援されます。それはみなさんにとって「自分のツリーハウス」を作る方法の一つです。これをきっかけに、現地へ訪れてツリーハウス作りに参加してみるのもいいでしょう。
果樹園に花が咲くとき、実りの季節のとき、ツリーハウスの周りにみんなが集まって、収穫祭のような楽しい集いを開きましょう。東北にそんなツリーハウスを増やして、みんなの新しい経験と思い出をつくっていけたら、さらにうれしいです。
あんざい果樹園

あんざい果樹園はりんご、なし、ももなどを栽培し、人気のリンゴジュースも。敷地内にはクラフトのギャラリーもある。ツリーハウスをつくるケヤキの前で記念写真。

寄付金の使いみち

福島県福島市あんざい果樹園のツリーハウス制作費用、完成披露のイベント開催費用として使います。制作の進捗状況はホームページ、SNS、メールマガジンによってご報告をします。



#寄付は応援になる

活動情報

更新日:2017/03/05

東北ツリーハウス観光協会のあゆみ

2013年10月8日 (ー社)東北ツリーハウス観光協会 登記
2013年11月1日 気仙沼市、徳仙丈山にてツリーハウス0号、1号着工式 ここからツリーハウスの制作が本格始動
2014年1月 一関市、館ヶ森アーク牧場にて建設していたツリーハウス2号「ククノチ」が完成
2014年3月11日 「未来の思い出の木」気仙沼にて植樹式
2014年5月19日 ツリーハウス1号 建築確認完了申請
2014年6月6日 気仙沼市、徳仙丈山にてツリーハウス0号「トムの家」、1号「デキタハウス」が完成し「ほぼ日マジカル気仙沼ツアー」の来場者40人参加のワークショップを開催
2014年11月 石巻市、牡鹿半島にてツリーハウス3号「KAMEYAMA SABURO」完成お披露目会
2015年8月「100のバードハウス」オリジナルバードハウスキット「1HAJIME」を発売
2015年8月 気仙沼市、唐桑町のツリーハウス4号「つな丸」完成お披露目会
2015年10月 気仙沼市新しい体験型観光プロジェクト「ちょいのぞき気仙沼」プロジェクト発足。核となる観光コンテンツとして、ツリーハウスをつかった体験型観光商品の開発をスタート。月1回のツリーハウス関連イベントを行う。
2015年10月 気仙沼市落合のツリーハウス5号「MERRY」完成お披露目会
2016年9月 気仙沼市本吉町のツリーハウス6号「はまわらす号」完成お披露目会
これまでに宮城、岩手6カ所7つのツリーハウスが完成。制作参加者数はのべ500人、イベント参加者数は3000人を超えました。

※本ページの「プロジェクト概要」「活動情報」「寄付金の使いみち」に掲載のリンクは、外部サイトに移動します。

寄付総額
1,020,555
目標金額
2,500,000
達成率40%
寄付人数
2,933
毎月の継続的な応援が大きな支えになります。

※寄付をするには Yahoo! JAPAN IDの取得(無料)が必要です。

  • T-point
    Tポイントを使って1ポイントから寄付できます。
Yahoo!ウォレット アクセプタンスマーク

プロジェクトオーナー

東北ツリーハウス観光協会
東北ツリーハウス観光協会は、2013年10月8日に宮城県気仙沼市を拠点に設立した新しい観光をつくる協会です。東北に、みんなが来たくなるような場所、夢みたいなことを平気で言える場所をつくりたい。そんな思いから「東北に100のツリーハウスをつくろう!」という計画をスタートしました。2017年現在まで、さまざまな企業や地域団体をパートナーとし、建設地域住民、全国から集まるツリーハウス部員と一緒に、ツリーハウス作りを通して、地域の新たな魅力づくりと新しい着地型観光の企画運営を行っています。一般社団法人 東北ツリーハウス観光協会代表理事:斉藤道有 理事:糸井重里、竹内友一、小川花恵事業内容東北のゆたかな自然、文化、産業等の資源を新しい視点で活かし、クリエイティブと情報発信によって、観光客を誘致し、観光事業の振興を図るとともに、人的、物的交流の活性化をもたらすことで、東北の復興と発展に寄与することを目的とします。尚この法人は、前項の目的を達成するために次の事業をおこないます。1. ツリーハウスの企画、設置および運営に関する事業2. 観光施設の企画、開発および運営に関する事業3. イベントの企画、制作および運営に関する事業4. 観光情報の提供に関する事業5. 地方公共団体および地域団体、観光団体等との協議、連絡に関する事業6. 会員に対する会報発行に関する事業7. その他全各号に掲げる事業に付帯、関連する事業
この団体に関連するプロジェクトはこちら

領収書発行について

このプロジェクトでは領収書の発行をおこなっておりません。

パートナー

  • [アンカーコーヒー]の画像

    アンカーコーヒー

    アンカーコーヒーは「生まれ育った気仙沼に少しでも豊かな選択肢があればいいな」という、同社専務の想いからはじまった、気仙沼発、シアトルスタイルのコーヒーショップです。2005年に1号店が気仙沼にオープンしました。現在は、地元気仙沼をマザーポート(母港)として、市外にも店舗を広げ、東京・青山にも「CONNEL COFFEE by mother port coffee」という共同カフェを運営しています。

  • [斉吉商店]の画像

    斉吉商店

    斉吉商店は「美味しい食卓 豊かな生活」を大きなテーマに、忙しい毎日のなかでも、みんなで食卓を囲む楽しさを提案する食品づくりに取り組んでいます。「金のさんま」は、気仙沼の郷土料理で地元ではさんまの佃煮といわれるものです。東日本大震災を乗り越え、代々長い時間をかけて継ぎ足してきた「返したれ」の変わらぬ味をお試しください。

  • [ピースジャム]の画像

    ピースジャム

    ピースジャムは、主に育児期のお母さんの就労支援と子供を取り巻く地域コミュニティ形成活動を行っているNPO法人です。ピースジャム工房では「ジャム」や「縫製品」の製造販売を行っており、お母さんが子供連れで働けるよう、キッズルームと授乳室を工房に併設しています。

  • [盛屋水産]の画像

    盛屋水産

    盛屋水産は気仙沼市唐桑町で100年続く、牡蠣の養殖業者です。「生産者として品質の良い牡蠣をつくる。その牡蠣を通じて、唐桑を明るくしたい。」という想いから、2013年より「唐桑御殿つなかん」として民宿の営業も開始しました。唐桑に訪れる方を増やし、唐桑の牡蠣を食べてもらい、そして唐桑を好きになっていただくことを目指しています。

団体のプライバシーポリシー

  • 「東北ツリーハウス観光協会」(以下、「当団体」といいます。)では寄付者様に当団体への寄付をして頂く際に、寄付者様の氏名、住所、電話番号、e-mailアドレスなどお取引やご連絡に必要な情報(以下「個人情報」といいます。)を開示していただくことがあります。
  • li>当団体は、個人情報保護法の趣旨のもと、開示いただいた個人情報を本プライバシーポリシーに則って取り扱います。本プライバシーポリシーは、当団体が開示いただいた個人情報の取扱いに関する寄付者様と当団体との間のお約束です。
  • 1.個人情報の利用目的について
  • 当団体は個人情報を以下の目的で利用させていただきます。
  • 1)ご寄付金額の確認やその他のご寄付に関するご連絡(返礼品の発送および領収書等の送付を含みますが、これらに限られません。)のため
  • ※その際クレジットカード番号などのお支払情報を利用する場合があります。
  • 2)寄付者様に当団体の活動等のご案内をするため
  • 3)当団体へのご要望・お問い合わせに対する回答を行うため

  • 2.個人情報の管理について
  • 当団体は以下の体制で個人情報を管理します。
  • 1)個人情報保護法やガイドラインに従って必要な体制を整備するとともに、個人情報の利用を業務上必要な職員だけに制限するなど、個人情報保護のための予防措置を講じます。
  • 2)システムに保存されている個人情報については、業務上必要な職員だけが利用できるようアカウントとパスワードを用意し、アクセス権限管理を実施します。なお、アカウントとパスワードは漏えい、滅失のないよう厳重に管理します。
  • 3)サービスに支障が生じないことを前提として、個人情報の受領時から一定期間経過後、個人情報は随時削除していきます。

  • 3.個人情報の開示について
  • 当団体は、寄付者様の同意がない限り、個人情報を第三者に開示することはありません。ただし、以下の事例に該当する場合はその限りではありません。
  • 1)法令に基づき裁判所や警察等の公的機関から要請があった場合
  • 2)法令に特別の規定がある場合
  • 3)寄付者様や第三者の生命・身体・財産を損なうおそれがあり、ご本人の同意を得ることができない場合
  • 4)法令や当団体のご利用規約・注意事項に反する行動から、当団体の権利、財産またはサービスを保護または防禦する必要があり、ご本人の同意を得ることができない場合
  • 5)不正な目的を持って行われたと当団体が判断した寄付に関する情報をヤフー株式会社などの寄付プラットフォーム事業者に提供する場合

  • 4.開示のご請求について
  • 当団体は、寄付者様から個人情報の開示要求があった場合は、ご本人であることが確認できた場合に限り開示します。
  • 注:「本人確認の方法」ご本人であることが証明できるもの(免許証、保険証など)の写しを、当団体宛にご郵送してください。内容を確認させていただき、ご本人であることが明確になり次第、開示させていただきます。

    沖縄県、離島、山間部への配送について

    • 沖縄県への配送
    • 沖縄本島へのお届けについては、初夏~秋季前後に発生する台風をはじめとする天候・異常気象や天災・事故などの原因により、お届けまで日数をいただく場合がございます。
    • 離島、山間部への配送
    • 離島や山間部などごく一部お届けできない地域がございます。
    • それら地域への配送については、誠に申し訳ございませんが別途配送料金をご負担いただくか、品物の配送をお断りさせていただく場合がございます(配送をお断りさせていただいた場合も、寄付金の返金には応じかねますのであらかじめご了承ください)。
    • また、ご配送可能な場合も配送までお時間をいただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
    • 東京都:大島町/小笠原村/八丈島八丈町/三宅島三宅村/利島村/新島村/神津島村/御蔵島村/青ヶ島村
    • 静岡県:初島
    • 北海道:奥尻町/羽幌町焼尻・天売/利尻町/利尻富士町/礼文町
    • 宮城県:石巻市網地浜・鮎川浜金華山・ 田代浜・長渡浜/女川町出島・江島/気仙沼市大島/塩竈市浦戸
    • 山形県:酒田市飛島
    • 新潟県:粟島浦村・佐渡市
    • 滋賀県:沖島町沖島
    • 兵庫県:姫路市家島町/南あわじ市沼島
    • 島根県:海士町/隠岐の島町/知夫村/西ノ島町
    • 岡山県:浅口市犬島/笠岡市高島・白石島・北木島・真鍋島・小飛島・大飛島・六島/倉敷市松島・六口島・釜島/玉野市石島/備前市鹿久居島・大多府島・頭島・鴻島・鶴島・曽島
    • 広島県:大崎上島町/廿日市市宮島町/広島市南区似島町
    • 徳島県:伊島町 香川県 小豆島町/土庄町/直島町
    • 愛媛県:今治市上浦町・関前/上島町/松山市小浜・上怒和・熊田・神浦・津和地・長師・中島粟井・中島大浦・饒・ 野忽那・畑里・二神・宮野・睦月・元怒和・吉木
    • 福岡県:大島村
    • 長崎県:壱岐市/小値賀町/五島市/西海市崎戸町江島・大瀬戸町松島・崎戸町平島/佐世保市宇久町・黒島町・高島町/新上五島町/対馬市/長崎市伊王島町・池島町・高島町
    • 平戸市大島村・度島町/松浦市鷹島町・今福町飛島免・星鹿町青島免
    • 熊本県:御所浦町
    • 大分県:姫島村
    • 鹿児島県:天城町/奄美市/伊仙町/宇検村/喜界町/薩摩川内市鹿島町・上甑町・里町・下甑町/瀬戸内町/龍郷町/知名町/徳之島町/十島村/中種子町/長島町獅子島/西之表市/三島村/南種子町/屋久島町/大和村/与論町/和泊町
    • 沖縄県:粟国村/伊江村/石垣市/伊是名村/伊平屋村/伊良部町/北大東村/久米島町/座間味村/竹富町/多良間村/渡嘉敷村/渡名喜村/南大東村/宮古島市/与那国町
    • ※上記以外にも離島、山間部への配送に該当する場合がございます。
    • 追加配送料金は、品物の内容・配送エリアによって異なります。
    • 追加配送料金が必要な場合には、品物配送前にプロジェクトオーナーよりお電話にてご連絡させていただきます。
    • 追加配送料金などのご連絡は、配送予定日前後になる場合がございます。
    • 追加配送料金のお支払いの際の手数料等はお客様のご負担となります。
    • お届け日・お届け時間のご指定はお承りいたしておりません。
    • 空港、船舶港などの荷受け先等への配送はいたしかねます。

    Facebookコメントで寄付先への応援をお願いします

    ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してヤフー株式会社は一切の責任を負いません。

    メルマガの配信登録/解除はこちら

    注目のプロジェクト