• 学校図書館で行う図書整理の様子

プロジェクト結が行う「学校サポート活動」について

プロジェクト結は、2011年の東日本大震災後に発足し、子どもたちの学びと遊び、これからの創造的復興のために支援活動を行っています。具体的な活動は、宮城県石巻市で、(1)仮設住宅における子どもたちの放課後の遊び場づくり、(2)小中学校を中心とした学校サポート活動 (3)新しい保育施設の運営サポートを行っています。

今回、皆さまにご寄付をお願いするのは、(2)小中学校を中心とした学校サポート活動で、「子どもたちがたくさん利用するすてきな学校図書館づくり」への支援のお願いとなります。

たくさんの学校で継続的な活動を行っています

震災後、人口の移動などを背景に、石巻市では小中学校の統合などが進んでいます。
2011年43校あった小学校は、2016年には36校に、2011年21校あった中学校は2016年に20校になりました。それに伴って、学校図書館の統合、新旧蔵書の入れ替え、台帳のIT化など、さまざまな図書整理が必要になっています。
石巻市では2016年4月より初めて「学校司書」を配置する事業をはじめ、小中6校をモデル校に設定して学校図書館への対応を強化していますが、学校司書のいない学校はまだ40校以上あり、全体の整備にはまだまだ時間がかかります。

私たちは、過去5年以上続けてきた図書整理支援のノウハウを生かしてこの作業を助け、地域のボランティアさんたちともつながることで、子どもたちが勉強する環境の整備を学校の外から、地域ぐるみで手伝っていきたいと考えています。
地道な活動ですが、石巻の子どもたちのために、どうか皆さまのご支援をいただけますよう、お願いいたします。

Yahoo!基金は、本募金のプロジェクトを支援しています。

本募金は、Yahoo!基金2016年度助成プログラムの一環※1で開始されました。
※1 Yahoo!基金2016年度助成プログラムのテーマは「知らせる、つなげる」。Yahoo!基金は、本募金を通じて「活動団体が取り組む社会課題を広くお伝えし、その活動の支援者を増やすこと」を応援しています。

寄付金の使いみち

宮城県石巻市で「子どもたちが利用するすてきな学校図書館」を、つくる活動に活用いたします。
なお、この活動は、地域の皆さんと一緒になって行います。
実際の活動の様子は、こちらをご覧ください。